リフォームで失敗しない!まずやるべき3つの事

 

 

100%満足できるリフォームを行う手順

 

リフォーム業者に依頼する前にしっかり事前準備

↓ ↓

信頼できるリフォーム業者に依頼

 

 

あなたは、リフォームで失敗しないために、何が重要か・・あなたは、わかりますか?

 

「実績があるスキルの高い信頼できるリフォーム業者に依頼すること」との回答がありそうですが、それは当然の事です。

 

いい加減な業者に依頼したら、絶対に、満足のできるリフォームはできません。

 

 

実は、リフォーム業者に依頼する前にやるべき事項が3つあります。

 

この3つの事項を、しっかりやらないと、リフォームの失敗の確率がグッとアップします。

 

 

絶対に失敗しないために行うべきこと3つとは・・

 

(1)今の家、そこでの暮らしの何に物足りなさや不満を感じるのか、家族で話し合う。

 

(2)より快適な暮らしを送るためには、どうしたいのか、家族で話し合う。

 

(3)漠然とした(1)(2)の考えや思いを、具体的かつ明確にするために、徹底的に情報収集する。

↓   ↓

 

リフォーム業者に施工を依頼した後に・・
リフォームの流れにおいて、何をどう進めるべきか、リフォームを成功させるために、何に注意すべきか、こういった情報は本当に多いです。

 

しかし、これからお話する、それ以前にやるべき事項に関する情報は、ほとんどありません。

 

 

それでは、まずやるべき3つの事項について、解説していきます。
リフォームで絶対に失敗したくない方には、ぜひ、最後までお読みいただければと思います。

 

 

 

リフォームで絶対に失敗しないために行うべき3つの事項とは?

 

 

なぜ、やるべき3つの事項が重要なのか?

 

やるべき3つの事項について詳細をお話する前に、そもそもなぜ、重要なのかを、ここでお話しておきます。

 

リフォームを成功させるには、まず最初に、「暮らしをこうしたいから、家をこうリフォームしたい」という「理想の住まい」をイメージできるようにしておくことが重要です。

 

「理想の住まい」のイメージは、依頼主が決めるべきことであって、リフォーム業者に決めてもらうものではありません!

 

そこが曖昧なままで進めると、リフォーム業者から提案を受けるたびに、あっち行ったり、こっち行ったりと、進むべき方向がぶれてしまいます。

 

リフォーム業者の言われるがままに、進めても、まず、満足のいくリフォームはできず、失敗します。

 

リフォームを成功させるには、依頼主と、リフォーム業者が、対等の立場で、お互いに協力し合いながら進める必要があります。

 

「理想の住まい」のイメージが明確であれば、リフォーム業者ととも、全てがいい方向に進みます。

 

「理想の住まい」のイメージが曖昧だと、全くリフォームの準備ができていない中でのスタートなので、そもそも、どのリフォーム業者に依頼すべきかもわからなにので、業者選定を誤り、そうなると事態は最悪です。

 

リフォームを成功させるには、事前に、「理想の住まい」のイメージを明確にしておく必要があり、そのために、3つの事項を、まず、しっかり行います。

 

3つの事項は、リフォームを成功させるために、極めて重要なのです。

 

 

 

(1)今の家、そこでの暮らしの何に物足りなさや不満を感じるのか、家族で話し合う。

 

 

1つ目にやるべき事項ですが、ここは特に難しくありません。

 

現在の家、そこでの暮らしを振り返り、物足りない点、不満な点、気になることを、全て洗い出します。(できる限り具体的に)

 

その際に、逆に、良い点、満足している点、気に入っている点も、あわせて明確にしていくと、考えを整理しやすいと思います。

 

この部分をこう変えたいとか、新しくこれを導入してみたいとか、ここはすごく気に入っているとか。

 

あまり難しく考えずに、あれこれ、家族みなで、楽しみながら確認作業を進めるといいです。

 

 

 

(2)より快適な暮らしを送るためには、どうしたいいか、家族で話し合う。

 

 

(1)の物足りなさや不満を解決し、暮らしをより快適にするには、どうすればいいのか、どうしたいのかを、家族皆で話し合います。

 

その際、予算とか、建築基準法等の制約など・・一切、考慮せず、非現実的でも、完全なる理想でもいいので、どうしたいのかを考え協議します。

 

ただし、子供の成長、独立、老後の生活といった家族構成の変化だけは、そこを前提に、考える必要があります。

 

将来の家族構成の変化に、全く対応できない「理想の住まい」を考えても、全く意味がないですから。

 

家族の変化に、柔軟に対応できる「理想の住まい」を考えます。

 

 

 

(3)漠然とした(1)(2)の考えや思いを、具体的かつ明確にするために、徹底的に情報収集する。

 

 

次に、漠然とした(1)(2)の考えや思いを、具体的かつ明確にするために必要な情報収集の仕方について解説します。

 

「理想の住まい」をイメージするのに、効果的なのは、ズバリ!画像が重要です。

 

少しでも気になる、いいなと思った画像を、ただ集めてファイルしていくだけでも、考えを整理するには、最高の方法です。

 

そういった情報は、まず、(1)インターネットで検索し、さらに(2)リフォーム・住宅関係の雑誌を見て、そして、(3)カタログを確認し、できれば実物を見るために、(4)ショールームに見学に行きます。

 

この(1)〜(4)の方法で情報収集を行えば、あなたの「理想の住まい」のイメージを、かなり明確にできるはずです。

 

 

それでは、(1)〜(4)の情報収集について、より詳細に解説していきます。

そのまま情報収集に使えるよう、できるだけ具体的にお話しますので、ぜひ、参考になさってみてください。

 

 

 

インターネットで検索

 

気になるキーワードで検索し、気軽に、楽しみながら情報収集されるといいです。

 

特にリフォームの施工の事例を確認されると、理想の住まいのイメージがわくと思います。

 

当サイトのようなリフォームや住まいづくりのポータルサイト等を利用することで、効率よく情報収集できます。

 

リフォーム比較サイトリフォーム事業者設計事務所などのサイトを確認するのもいいです。

 

いくつかおすすめサイトをご紹介します。

 

 

リフォーム比較サイト

 

ホームプロは、リフォーム施工事例が、リフォームの場所ごとに検索できます。写真だけでなく、価格、間取り、お客の感想、リフォームの詳細説明もあり参考になります。→80,000件のリフォーム事例をカンタン検索【ホームプロ】

 

 

 

 

ハウスメーカー系の大手リフォーム事業者のサイト

 

リフォーム事業者の多くは、それ程規模が大きくないために、体系だった情報の提供サイトを持っていないことが多いです。
その点、ハウスメーカー系のリフォーム事業であれば、情報の提供も完璧です。
そこで、いくつか参考になりそうなサイトをご紹介します。

 

大手ハウスメーカーの住友林業のリフォーム専業の系列会社で、戸建、マンション等、様々なリフォームを扱っております。リフォーム実例現場の見学会というイベントを開催しており、実際のリフォーム工事の様子やリフォーム後も確認できます。→ 住友林業のリフォーム

 

こちらも大手ハウスメーカーのミサワホームの系列のリフォーム会社です。戸建て、マンションなど幅広くリフォームを行っています。リフォームのモデルルームもあり、実際に見て確認できます。→ ミサワホームリフォーム

 

各ハウスメーカーは、ご紹介した2社のように、子会社にリフォーム専業の会社を持っているケースが多いです。
この他にも多数あるので、確認されるといいです。

 

 

 

 

建築設計事務所のサイト

 

こちらのHouzz (ハウズ)には、なんと1800万枚以上の写真が掲載されています。さらに写真だけでなく、そこに携わった建築設計事務所も紹介されています。住まいのアイディア探しには、最適です。 → Houzz (ハウズ)

 

 

 

こちらのhomifyも100万枚以上の写真が登録されており、理想の住まいのアイディア探し、イメージを膨らませるには最高です。さらに、それを扱った建築設計事務所も紹介されています。 → homify

 

 

 

 

 

 

リフォーム・住宅関係の雑誌を確認

 

リフォーム・住宅関係の雑誌には、住まいに関係する写真がいっぱいです。

 

家づくりの事例、家の外観、素敵なお部屋のインテリアなどなど・・「理想の住まい」のイメージづくりに役立つ情報が満載です。

 

ご家族皆さんで、理想の暮らしをイメージしながら、楽しく、ご覧になられるといいです。

 

SUUMO リフォーム I’m home(アイムホーム) LiVES(ライヴズ)

今の家に不満がある人、より良い住まいにしたい人、リフォームに関心のある人向けの雑誌です。
リフォーム初心者向けの基礎的なこと、実例、リフォーム会社情報、設備商品情報が満載です。→ 詳細

 

「I’m home」は都市型のライフスタイルを軸に、欲しい暮らしを実現するためのアイデア満載のインテリア雑誌です。
リフォームのヒントが満載です。 → 詳細

 

家づくり、マイホーム、インテリア、部屋づくり、リノベーション、インテリアショップの情報が満載です。
自分らしい住まいを手に入れるための雑誌です。 → 詳細

 

本屋に行き、ご自分でご覧になり、気に入った雑誌をご購入されるといいです。

 

 

 

 

カタログを確認

 

 

ここで言うカタログとは、リフォームに使う建材や設備システムの各メーカーのカタログのことです。

 

どのメーカーのカタログも、最新技術を盛り込んだ建材や設備の素敵な写真がいっぱいで、その多くは、実際の暮らしでどう使われるのかイメージできるよう、生活感あふれる写真です。

 

いくつカタログ見ているだけで、本当に自分でやりたいこと、必要なこと、こだわりたいところが明らかになってきます。

 

このカタログは、ネットで申込みをし、取り寄せてもいいですし、中にはPDFで提供しているものもあるので、自宅で見てもいいと思います。

 

ぜひ、カタログも使い、あなたの理想の住まいのイメージをより明確化してみてください。

 

後程、気になる各メーカのカタログ情報もご紹介しますので、参考になさってください。

 

 

 

 

ショールームでの見学

 

 

ネット検索、雑誌、カタログを確認することで、イメージ作りに役立つ情報を得ることが可能ですが、可能であればショールームも活用されるといいです。

 

ショールームに行けば、実物を見ることも、実物に触ることも、実物を体験することも可能です。

 

写真等の映像だけでは、わからないことも、ショールームに行けば、わかります。

 

また、ショールームには、専門家もいますので、不明な点、気になる点・・何でも相談できるのも、大きなメリットです。

 

ぜひ、「理想の住まい」のイメージ作りに、ショールームも活用されるといいです。

 

後程、気になる各メーカーのショールーム情報もご紹介しますので、参考になさってください。

 

 

ショールームには、専門のスタッフがいて、様々な事を相談できます。

 

商品の内容に関する疑問点の確認・・さらには、予算、見積もりの提案であるとか、施工会社の紹介もしてくれます。

 

ここで注意すべき事項が1点あります。

 

それは、各メーカーは、自社で提携しているリフォーム業者を紹介してくれますが、私は主に2つの理由から、あまりおすすめしません。

 

■1つ目の理由は、リフォーム費用が割高になる可能性があるからです。

 

複数社のリフォーム会社から相見積もりをとり、比較検討することが重要です。

 

■2つ目の理由は、あくまでもメーカーの紹介なので、当然、そのメーカーの商品でリフォームを行います。

 

実は、もっと良い、効果的な商品が仮にあっても、それを提案されることは、まずあり得ません。

 

やはり、リフォーム比較サイトを活用し、複数(できれば3社)のリフォーム会社からプランの提案(見積もりも)を受けるべきです。

 

ショールームは、その商品の情報収集のために活用するのがベストです。

 

 

 

各メーカーの商品カタログ・ショールーム

 

 

お風呂、洗面、トイレ、キッチンの各メーカーの商品カタログ、ショールームの情報を、以下にまとめましたので、参考にしていただければと思います。

 

私も各社のカタログを見てみましたが、どれも生活感あふれる、見ているだけでワクワクしてくるような内容のものばかりです。

 

カタログの中には、実物を取り寄せなくても、気軽にPDFで見ることができるものもありますで、ぜひ、ご活用ください。

 

 

 

 

お風呂(メーカー10社)

メーカー カタログ ショールーム

TOTO

14種類のカタログ 全国にあります
LIXIL 18種類のカタログ 全国にあります
パナソニック 24種類のカタログ 全国にあります
タカラスタンダード 5種類のカタログ 全国にあります
クリナップ 3種類のカタログ 全国にあります
ノーリツ 6種類のカタログ 北海道を除くほぼ全てにあります
トクラス 5種類のカタログ 全国にあります
積水ホームテクノ 5種類のカタログ 全国の営業所で見れます
ハウステック 5種類のカタログ 全国にあります
ブリジストン 1種類のカタログ

 

 

 

 

洗面(メーカー9社)

メーカー カタログ ショールーム

TOTO

9種類のカタログ 全国にあります
LIXIL 24種類のカタログ 全国にあります
パナソニック 15種類のカタログ 全国にあります
タカラスタンダード 2種類のカタログ 全国にあります
クリナップ 1種類のカタログ 全国にあります
ノーリツ 2種類のカタログ 北海道を除くほぼ全てにあります
トクラス 1種類のカタログ 全国にあります
ハウステック 1種類のカタログ 全国にあります
ウッドワン 3種類のカタログ 全国にあります

 

 

 

 

トイレ(メーカー8社)

メーカー カタログ ショールーム
TOTO 13種類のカタログ 全国にあります
LIXIL 24種類のカタログ 全国にあります
パナソニック 15種類のカタログ 全国にあります
ジャパンコーラー 1種類のカタログ 東京と大阪にあります
ジャニス工業 1種類のカタログ 全国5か所にあります
アサヒ衛陶 4種類のカタログ
DURAVIT 8種類のカタログ
ネポン 1種類のカタログ

 

 

 

 

キッチン(メーカー19社)

メーカー カタログ ショールーム
クリナップ 7種類のカタログ 全国にあります
LIXIL 27種類のカタログ 全国にあります
パナソニック 29種類のカタログ 全国にあります
TOTO 6種類のカタログ 全国にあります
タカラスタンダード 9種類のカタログ 全国にあります
トクラス 3種類のカタログ 全国にあります
トーヨーキッチン 5種類のカタログ 全国にあります
ハウステック 4種類のカタログ 全国にあります
ノーリツ 4種類のカタログ 北海道を除くほぼ全てにあります
ナスラック 7種類のカタログ 全国12か所にあります
サンワカンパニー 3種類のカタログ 東京・大阪・仙台・名古屋・福岡にあります
ウッドワン 20種類のカタログ 全国にあります
永大産業 17種類のカタログ 全国にあります
トヨウラ 2種類のカタログ 東京・大阪・茨木にあります
長府製作所 1種類のカタログ 全国にあります
ニトリ 1種類のカタログ 各店舗で販売
亀井製作所 製品紹介 岐阜・東京・名古屋・大阪・福岡にあります
クチーナ 2種類のカタログ 東京にあります
キッチンハウス 7種類のカタログ 数か所あります

 

 

 

まとめ(これでリフォームを確実に成功させられる)

 

それでは、最後にまとめです。

リフォームで絶対失敗しない、リフォームを確実に成功させるためには、以下の手順で進めるのが、私は、ベストな方法と考えます。

 

 

 

100%満足できるリフォームを行う手順

 

リフォーム業者に依頼する前にしっかり事前準備

↓ ↓

信頼できるリフォーム業者に依頼

 

 

 

 

 

絶対に失敗しないために行うべきこと3つを、リフォーム業者に依頼する前に、確実に、自分で納得できるまで徹底的に行う。

 

(1)今の家、そこでの暮らしの何に物足りなさや不満を感じるのか、家族で話し合う。

 

(2)より快適な暮らしを送るためには、どうしたいのか、家族で話し合う。

 

(3)漠然とした(1)(2)の考えや思いを、具体的かつ明確にするために、徹底的に情報収集する。

↓   ↓

↓   ↓

リフォームの費用をできる限り安く抑えたい方へ

 

とにかく安く、そしてリフォームを確実に成功させたい方には、ぜひ、ご検討いただければと思います。私も複数回利用したことがありますが、リフォームは成功し大満足です。

 

こちらの3つの「リフォーム比較サイト」は、それぞれ、特徴があり異なりますが・・
各サービスの共通する事は、あなたが計画されるリフォームに、最も適した地元の優良リフォーム業者を複数厳選し紹介してくれることと、全て無料ということです。

 

とにく有名大手リフォーム会社との提携に強かったり、業界最大手で信頼度抜群であったり、まだ規模は小さいですが、お客様第一のポリシーが感じられたり・・いろいろです。
→ 詳しくは、こちらのページで

TOPへ