全面リフォームの費用、価格の相場を考察する前に、そもそもフルリフォーム・全面リフォームとは何かをお話します。

 

 

 

 

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

まずは、一戸建てのフルリフォーム・全面リフォームの費用、価格の相場をご覧ください。

 

(当サイトでご紹介するリフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】のデータです。)

 

 

 

フルリフォーム、全面リフォームの費用、価格の中心価格帯は、1000〜1250万円です。

 

このフルリフォーム、全面リフォームの費用、価格の目安は、250万円〜1250万円とみておけば問題ないと思われます。

 

各リフォーム会社の見積もりの比較、さらにはリフォーム会社との見積もり交渉に役立つと思います。

 

 

 

 

 

マンションの場合のフルリフォーム・全面リフォームの費用、価格の相場をご覧ください。

 

(当サイトでご紹介するリフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】のデータです。)

 

 

 

フルリフォーム、全面リフォームの費用、価格の中心価格帯は、500〜600万円です。

 

このフルリフォーム、全面リフォームの費用、価格の目安は、300万円〜700万円とみておけば問題ないと思われます。

 

各リフォーム会社の見積もりの比較、さらにはリフォーム会社との見積もり交渉に役立つと思います。

 

 

 

 

 

 

フルリフォーム、全面リフォームの費用、価格の相場はいくらかかるのか?

 

ズバリ!ざっくりですが・・

 

(相場感を養ってもらう意味で、あくまでも参考金額ですが。当然、実際のリフォーム工事の内容によって費用、価格は異なります。)

 

一戸建ての場合 → 250万円〜1250万円

 

マンションの場合 → 300万円〜700万円

 

このようにフルリフォーム、全面リフォームの費用、価格の相場は、かなり高額です。

 

なぜ、ここまで費用、価格は高いのか??

 

気になりますよね。

 

 

 

 

フルリフォーム、全面リフォームの費用、価格の相場についてお話する前に、そもそもフルリフォーム、全面リフォームがどういうリフォームなのか、特に一般的なリフォームとどう違うのかをお話します。

 

 

 

まずは、フルリフォーム、いわゆる全面リフォームの意味を確認しておきます。

 

一般的なリフォームは、一戸建てやマンションの、例えば、屋根、キッチン、洗面所・・といった建物の一部をリフォームすることです。

 

よくフルリノベーションなんて言われますが、まさにこのフルリノベション、全面リフォームのことです。

 

それに対し、フルリフォームとは、その名の通り、一戸建てやマンションを、まるごと大規模に全面リフォームすることです。

 

場合によっては、建物の間取りも変更し、いわゆる増改築を行うケースもありますので、工事を行うリフォーム業者には、かなり高度なスキルが要求されます。

 

 

 

まずは、ここをチェック!

 

 

フルリフォーム、全面リフォームは、費用、価格、その相場も高額!絶対に成功するには?

 

 

 

 

フルリフォーム、全面リフォームを成功させるには、しっかり対応できる、高度なスキルのある、信頼できる業者に依頼する必要があり、このリフォーム業者の選定は極めて重要です。

 

万一、いい加減なリフォーム業者に依頼してしまうと、建物、そのものがおかしくなり、その後の暮らしが、人生そのものにも悪影響が及ぶので、慎重に、リフォーム業者の選定を行いましょう。

 

また、フルリフォーム、全面リフォームは、リフォームの規模が大きいので、当然、一般的なリフォームと比べると、費用、価格も高く、相場も高くなってきます。

 

リフォーム工事の規模にもよりますが、1000万円を軽く超えるような高額な費用がかかり、価格も高くなるケースも多々あります。

 

特に一戸建ての場合は、マンションに比べ、かなり費用、価格は高く、相場も高いです。

 

このように、かなり高額な費用を支払うわけですから、その意味でも、絶対にリフォームで失敗はできません。

 

何度も言いますが、依頼するリフォーム業者の選定は、慎重に、行うべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に使ってみましたが、全面リフォームの費用、価格の相場がよくわかり、本当によかったですね。どこにリフォームを依頼していいか、わからない。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

そもそも、フルリフォーム・全面リフォームを行うきっかけとは?

 

 

 

よくあるのは、お子さんが独立されて、夫婦二入だけになったので、間取りも含めて大掛かりに全面リフォームするとか、逆に、お子さんと一緒に暮らすことになったので、二世帯住宅に全面リフォームするといったケースがあります。

 

ライフスタイルが大きく変わることが、きっかけで、フルリフォーム、全面リフォームを検討される方が多いです。

 

その他には、中古物件を購入したかた方が、その建物を間取りも含めて大規模に、全面リフォームするケースも、最近、増えてきています。

 

購入者が、ご自身で、そこに住むために、自分たちが暮らしやすいように、とことんこだわり、リフォームする場合もあれば、不動産会社が、フルリフォームして、建物の価値を上げ、転売するようなケースもあります。

 

いわゆるフルリノベーションですね。

 

 

気になるフルリノベーショ・全面リフォームの費用、価格の相場は?

 

ライフスタイルが大きく変わることが、きっかけで、行うフルリフォーム(全面リフォーム)。

 

一戸建てやマンションを、大規模にリフォーム工事をするわけで、これは、まさに新築物件を購入したのと同じ効果が期待でます。

 

当然、かなりのリフォーム費用がかかりますが、いったいフルリフォーム(全面リフォーム)はいくら費用、価格がかかるのか?

 

そもそも、適正な費用、価格、その相場はどれくらいなのか?気になりますよね。

 

さらには、その高額な費用、価格が妥当な金額なのか?

 

見積もり比較でわかる相場とは何か?

 

どうすれば、フルリノベーション(全面リフォーム)を成功させることができるのか?

 

気になることばかりです。

 

 

 

それでは、一戸建てのフルリフォーム(全面リフォーム)と、マンションで行う場合にわかて解説します。

 

 

 

 

 

 

 

一戸建ての場合

 

フルリフォーム(全面リフォーム)の費用は、希望のリフォーム内容(間取り等)にもよりますが、それ以上に大きく影響するのが、建物の劣化の状況です。

 

建物の劣化がひどい状況であるほど、リフォーム費用、価格、その相場は高額になります。

 

建物の築年数がかなり古く(例えば築30年以上)、劣化している場合は、建物を一旦、スケルトン(骨組)の状態にして、内装や設備も含め全てリフォームする必要があります。

 

いわゆるスケルトンリフォームですが、内装だけでなく、外装もスケルトンリフォームだと、費用、価格は一番高く、その相場も一番高くなります。

 

スケルトンリフォームは、現在の基準で工事し直されますので、耐震性、断熱性もよくなりますし、さらに間取りなども、よりダイナミックにいじることができます。

 

これに対し、そこまで建物が劣化していない場合(例えば築20年程度とか)は、水回りの設備の入れ替え、床や壁等の部分的なリフォーム、屋根、外壁のリフォームだけで済むケースもあります。

 

その場合、スケルトンリフォームに比べると、かなりリフォーム費用、価格、その相場は、安くなります。

 

内装・外装のリフォーム(スケルトンリフォームは不要)
  ↓
スケルトンリフォーム(内装のみ)
  ↓
スケルトンリフォーム(内装+外装)

 

この順番で下に行くほど、リフォーム費用、価格の相場は、高くなります。

 

 

マンションの場合

 

マンションの場合は、当然ですが、一戸建ての場合のように外装のスケルトンリフォームはできません。

 

内装を、どこまで本格的にリフォームをするか否かで、マンションの場合のフルリフォームの費用、価格、その相場は異なります。

 

マンションの場合は、通常のリフォームでは配管の位置が変更できない等の構造上の問題があって、大胆に間取りを変更することができません。

 

そこを、ダイナミックに間取りを変更したいとなると、内装について、スケルトンリフォームを行うことになります。

 

スケルトンリフォームであれば、既存の間取りにとらわれず、大胆にフルリフォームができますが、その分、費用、価格は高く、相場も高くなります。

 

 

安い: 水回りの設備交換、床や壁の張り替え
     間取り変更(配管をいじる必要ない程度)のリフォーム
      ↓
高い: 内装を、徹底的にリフォームするスケルトンリフォーム

 

マンションの場合、窓のサッシ、玄関ドアなど、共有部分は、いくら古くても、許可なしではリフォームできません。

 

フルリフォーム・全面リフォームの見積もり比較で、相場に見合った費用で契約することが、成功のポイントです。

 

ここまでで、フルリフォーム・全面リフォームのリフォーム費用、価格の金額が、どのように決まるのか、その仕組みがご理解いただけたと思います。

 

一戸建ての場合、マンションの場合と、かなり複雑ですが。

 

次に、そのフルリフォーム・全面リフォームのリフォーム費用、価格の金額が、そもそも妥当な金額なのか?

 

その妥当性を検証する方法をお話します。

 

 

簡単には、以下の2つのステップを踏むだけで、費用、価格の金額が妥当なのか、否かが確認できます。

 

■金額の妥当性を検証するには、まず、信頼できる複数のフルリフォーム・全面リフォームの業者から見積もりを取得し、それぞれを比較することで、そのリフォーム内容の相場を把握します。

 

■そして、その相場と比較し、見積もりで提示された費用、価格の金額の妥当性を検証します。

 

ここで、注意すべき点があります。

 

見積もりを依頼するフルリフォーム・全面リフォームの業者は、誰でもいいというわけではないということです。

 

こちらが希望するリフォーム内容について、しっかり対応できるスキルがあり、信頼できるリフォーム業者であることです。

 

フルリフォーム・全面リフォームは、通常のリフォームと比較しても、極めて難解です。

 

知識もスキルも問題ない、信頼できるリフォーム業者に、見積もりをお願いします。

 

そもそも、いい加減なリフォーム業者から、いくつ見積もりをとり、比較しても、何の意味もないので、よくご注意ください。

 

リフォームが成功するか否かは、全て、リフォーム工事を行う業者によりますので、業者の選定は、慎重に行いたいです。

 

やはり、当サイトでも何度も申し上げてますが、確実なのは、リフォーム比較サイト(リフォーム一括見積り比較)の利用が一番です。

 

 

 

 

フルリフォーム・全面リフォームの成功ポイント:

 

(1)大前提として、まず、信頼できるリフォーム業者であること。
一括見積もりできるリフォーム比較サイトを活用すれば、そこは確実にクリア!5比較サイト

 

(2)各リフォーム業者から、希望のフルリフォーム・全面リフォームが、いくらでできるのか「見積もり」をとります。

 

(3)各社の「見積もり」を比較することで、そのフルリフォーム・全面リフォームが一般的にどれくらいの「費用」がかるのか、「価格」はいくらなのか、おおよその「相場」を把握します。

 

(4)「相場」からみて、妥当な金額の範囲内で、リフォーム業者と「価格」交渉をします。

 

(5)その際に、当サイトで学んだ事を活用しながら、見積もりベースに業者と、金額の交渉をします。

 

(6)その他、複数の見積もりをとり、比較することで、本当にそのリフォームの内容で問題ないのか、どんなリフォームが本来必要なのか・・いろいろなことがわかります。施行内容についてもチェックをし、進めることで、確実に成功させることができます。

 

 

 

 

 

 

実際に使ってみましたが、全面リフォームの費用、価格の相場がよくわかり、本当によかったですね。どこにリフォームを依頼していいか、わからない。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

Q1:そもそもフルリフォームとは?

 

ある方から、フルリフォームについて、以下のご質問を受けました。

 

「フルリフォームとは、キッチンからダイニングまでに限らず、水回りの洗面室をもすべて交換するもので、すべての部屋のクロス張替え・壁紙交換も行う大掛かりなものですか?」

 

確かに、フルリフォームは大規模な工事ですが、キチンや洗面の水廻りの設備交換やダイニング等の内装リフォームといった部分的なリフォームではありません。

 

建物をいったんスケルトン(骨組)状態にし、給排水管の移動も行えますので、間取そのものを大きく変更することも可能です。

 

フルリフォームは、例えば、家族構成が大きく変わり、ライフスタイルも変わったといことで、それに合わせて、住まい全体を思いのまま、好きなように自由にリフォームするイメージです。

 

住まいの、ここもあそこも変更したいという、欲張りな施主には、このフルリフォームはぴったりです。

 

最近、中古住宅のフルリフォームが多いです。

 

中古住宅の購入に合わせて、内装を自分好みにフルカスタマイズし、自分の生活環境に合わせるために、リフォームしたいと方が多いです。

 

Q2:リフォーム中は、仮住まいは必要でしょうか?

 

これもよくあるご質問です。

 

「一部屋一部屋ごとに作業をするので、居住者は別の部屋で生活を行うことで、仮住まいは必要ないのでは?」

 

「そして、リフォーム工事も、昼の時間帯に行われるので、夜に騒音に悩まされることはないし、仮住まいは必要なにのでは?」

 

部分的に行うリフォームであれば、施工期間も短いですし、仮住まいは、原則、不要です。

 

しかし、建物をスケルトン状態にし、間取りも変更してしまうような、建物全体に及ぶフルリフォームでは、仮住まいは必要と考えるべきです。。

 

ほとんどのリフォーム会社では、仮住まいの手配はしてくれないので、自分で進める必要があります。ご注意ください。

 

 

 

 

QA:3:全面リフォームに要する期間は?

 

フルリフォーム、全面リフォームに要する期間は、一概には言えません。

 

フルリフォーム、全面リフォームは、間取りを大きく変更したり、躯体そのものに手を加えたりすることもあります。

 

そのリフォームに要する期間は、ケースバイケースですが、部分的に行うリフォームに比べると、期間はかなり長期間になります。

 

リフォームの施行内容によっては、天候の影響も受けますので、例えば、悪天候が続き、工事も予定通り進まない場合、3カ月以上もの長い期間がかかる事例もあります。

 

フルリフォーム、全面リフォームの期間は、かなり余裕をみて、考えられた方がいいです。

フルリフォーム・全面リフォームの見積もり比較で費用、価格の相場がわかる!記事一覧

↑  ↑リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!クリックしてみてください。「フルリフォーム・全面リフォームの費用、価格の相場は、こちらをまずご覧ください。今回は、水回りのリフォームを中心とした大規模リフォームの体験談を2件ご紹介します。1つめの体験談は、浴室(お風呂)、トイレ、キッチンの水回りのリフォーム、大規模リフォームに関するものです。2つ目は、水回りのリフォームに加えて、さらにリビ...

お寄せいただいたリフォームの体験談をご紹介します。今回は、 30代後半 の 栃木県 にお住いの女性の、二世帯住宅にするための全面リフォームに関する体験談です。↑  ↑リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!クリックしてみてください。リフォームはいつ、どれくらいの期間行ったのか?私が二世帯住宅のリフォームを行ったのは2010年4月から9月までの5か月の間です。家全体をリフォームしたため、ト...

60代後半 、 千葉県にお住いの男性です。マンションのフルリフォーム、全面リフォームに関する体験談です。リフォームは、今あるものを同じ形で新しい物にとりかえるといった認識しかなく、物選びも限られていたのが、フルリフォームにより、好きなものを好きな形で選ぶという自由が生まれ、一気に楽しくなってきた事を覚えています。ここ、すごく印象的です。フルリフォーム、全面リフォームの良さが、すごくよくわかります。...

TOPへ