駐車場をコンクリート敷きにする費用を台数別に徹底解説します。

 

 

 

今回は、駐車場をコンクリート敷きにした場合の費用、価格について、駐車する車の台数別に検証していきます。

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

 

駐車場をどうするのか、砂利、砕石、アスファルト、コンクリート、何もせず土のままとか、地面の種類はいろいろありますが、人気は、やはりコンクリートです。

 

あなたがいる周辺を見渡してみても、おそらく、コンクリートの駐車場が一番多いはずです。

 

中には、当初、駐車場に砂利を敷いていたのに、途中からコンクリートに変更する方もいるくらい、それ程、駐車場のコンクリートは人気です。

 

ちなみに、砂利の隙間から生えてくる雑草を除去するのが手間であり、見栄えも悪いので、コンクリートに変更したいという方が多いです。

 

やはり、駐車場をコンクリートにするのは、見た目もスッキリしていておしゃれだし、お手入れも簡単ということで人気があります。

 

あなたは、この人気のコンクリートの駐車場は、費用が、いったいどれくらいかかるのかご存知でしょうか?

 

次のパートで、まず、駐車場をコンクリートにする場合の、平米単価の金額をご説明し、その後に、駐車する車が1台、2台、3台、4台・・なのか、台数別に費用、価格を検証していきます。

 

さらに、駐車場をコンクリートにする際の役立つ情報も、あわせてご紹介したいと思います。

 

 

駐車場をコンクリートにする1u当たりの単価とは?

 

駐車場をコンクリートにする際の、1u当たりの単価(目安)は・・

 

約8,000円〜10,000円が相場です。

 

この単価の金額は、リフォーム会社により、

 

また地域によっても金額が、結構大きく異なります。

 

少しでも安く工事を行うには、はやり最低でも3社以上の見積もりを、こちら


でとり、比較検討した上で進めるといいです。

 

 

 

 

この1u当たりの単価の内訳は以下の通りです。
(1)→(8)のコンクリートの施工の手順に従い、各工程の単価です。

 

(1)鋤取り: 600円〜1,000円
重機による掘削作業で、施工する面を平らにし強化するために行います。

 

(2)残土処分: 500円〜3,000円
鋤取りで生じた残土を処分するための運搬作業です。

 

(3)砕石敷き:約1,000円
コンクリート施工後の沈下を防ぎ、施工面を均一に平坦にするため、砕いた石(砕石)を敷き詰めます。

 

(4)転圧作業:約1,000円
重いコンクリートが自重で沈まないよう基礎部分の下地をつくるため、転圧機を使い、砕石を押し固めます。

 

(5)枠組み:約1,000円
コンクリートを流すための型枠を設置します。

 

(6)伸縮目地・ワイヤーメッシュ設置:約1,000〜1,500円(1mあたり)
コンクリートの強度を高めるため、コンクリートを打設する箇所に張り巡らせます。

 

(7)コンクリート打設:約2,500〜4,000円
コンクリートミキサー車やトラックで運搬したコンクリートを、枠組みの中に流し込みます。

 

(8)コンクリート仕上げ:約500円
コンクリートの表面の仕上げをコンクリートが固まる直前に行ないます。

 

その他の費用は、以下の通りです。

 

■排水桝調整:約1,000円(1箇所)

 

■養生:約3,000円(1式)

 

■車止め:1600円×2個

 

以上が、コンクリートの施工手順です。

 

このように、工事業者は、、コンクリートを打設する作業だけでなく、強固な下地作りや、ひび割れ防止などの細かい作業を施工してくれます。

 

中には、自分でDIYで、駐車場をコンクリートにする方もいますが、やはり、後々のことを考えた場合、専門家に作業を任せるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

台数別(1台・2台・3台・4台)の費用と見積もりの取り方とは?

 

駐車場をコンクリート敷きにするための費用を、駐車する車の台数別に解説します。

 

車1台の駐車スペースを15uとし、2台分を30u、3台分を45u、4台分を60uとし、費用の目安を考えます。

 

先程のu単価が、8,000円〜10,000円なので、以下の通りになります。

 

あくまでも目安ですが、駐車場をコンクリートにされる方は、費用を参考になさってみてください。

 

 

 

 

車1台(15u) 車2台(30u) 車3台(45u) 車4台(60u)
120,000円〜150,000円 240,000円〜300,000円 360,000円〜450,000円 480,000円〜600,000円

 

駐車場をつくる場所が、砂利なのか土なのか・・状況に応じて、コンクリートを打設する費用は異なります。

 

また、施工業者に応じて、施工内容も異なりますので、費用は違ってきますので、これら費用は、あくまでも目安です。

 

少しでも費用を安くおさえたいのであれば、最低でも3社以上の見積もりをとるといいです。   こちらがおすすめです。

 

 

 

しかし・・
その見積もりの取り方がよくわからない方も多いと思います。

 

 

 

まず、駐車場コンクリートにする費用、値段を確認するには、リフォーム業者に、見積もりを依頼する必要があります。

 

ただ・・
1社の見積もりではダメなんです!!

 

適正な費用、価格がわからない
(中には高額な請求をしてくる業者もいるので要注意です)
→ 私は、あと少しで大損するところでした。(体験談)
業者が提案する施行内容が適正なのかわからない
リフォームプラン、アイディアが充分でない
(他のプラン、アイディアと比較することが重要)

 

そして・・複数の見積もりを比較検討することが重要です。

 

 

ここは、最低でも3社の見積もりを集めるのがいいです。
絶対に、駐車場のコンクリート施工を成功させたいので、そこは確実に進めたいところです。

 

 

リフォーム業者から最低でも3社の見積もりをとり、比較検討することが重要ということは、ご理解いただけたと思います。

 

しかし・・・・
このリフォーム業界はトラブルが多いです。
どのリフォーム業者が信頼できるのか、どこに施行を依頼していいのか全くわからず不安ではないですか。

 

リフォームの知識も、リフォーム業界についても、よくわからない方には、全て自分一人で対応するのは無理です。
リフォームのトラブルは、本当に多いので注意が必要です。 → リフォーム詐欺事件

 

 

しかし、これら全ての疑問や不安は、ここ「リフォーム比較サイト」を活用することで、全て解消!!
安心して、駐車場のコンクリートの施工工事を進めることができます。

 

 

■現在の駐車場の悩みや要望に合わせたアイデア&アドバイスが複数社からもらえます。
各社の提案してくるアイディア、アドバイスにより、より完成度の高い、施工内容にすることができます。
■駐車場のコンクリート施工工事の費用の見積りを、複数集めることができます。施行業者によっても費用は異なります。
■駐車場の広さや形状応じた、ちょっとした一工夫やあなたの生活スタイルに合ったプランを複数の専門家から入手できます。
各社が提案してくるプランの素晴らしさに、きっと驚かれると思います。

 

 

「リフォーム比較サイト」を使えば、これら全てを無料で、簡単な方法で行えます。
※検討の結果、その業者との契約を断った場合でも、全て完全無料です。
見積もりを取っても、契約義務はありません。
(断るのも、業者に直接言うのではなく、ネット上で行うので、気まずい思いをすることはありません。)

 

全てネット上で、最短3分で終わる、3ステップの簡単な手続きで、一括で見積もりの申請ができます。

 

 

技術力あり、経験豊富な、信頼できる施工業者を、全国300社以上の中から紹介されます。
紹介される施工業者は、厳格な審査に合格した、国家基準を満たした信頼できる優良会社です。
リフォームの詐欺事件のようなトラブルに巻き込めることは、絶対にありませんので安心です。

 

 

リフォーム比較サイトのタウンライフリフォームは、TVでCMを行っていませんので、あまり有名ではありませんが、なんと、評判や口コミにより、これまで累計で112万人もの方が、ここを利用しております。
また、「利用満足度」、「使いやすさ」、「サイト利用者安心度」で、それぞれ第1位を獲得しており、ここを利用しない手はないと思います。
仮に、ご自分の知り合いに工務店がいたとしても、タウンライフリフォームをうまく使い、より完成度の高い、駐車場のコンクリート施工を目指して欲しいです。

 

 タウンライフリフォームの詳細情報はこちらです

 

 

駐車場のコンクリート打設の費用は、施工業者によって、金額が大きく異なります。
まずは、見積もりをとり、費用の相場をつかむことが重要です。
相場を知ることで、安い費用で発注することができます。
駐車場の施工工事を、ぜひ、成功させてください!!

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

 

リフォームの費用をできる限り安く抑えたい方へ

 

とにかく安く、そしてリフォームを確実に成功させたい方には、ぜひ、ご検討いただければと思います。私も複数回利用したことがありますが、リフォームは成功し大満足です。

 

こちらの3つの「リフォーム比較サイト」は、それぞれ、特徴があり異なりますが・・
各サービスの共通する事は、あなたが計画されるリフォームに、最も適した地元の優良リフォーム業者を複数厳選し紹介してくれることと、全て無料ということです。

 

とにく有名大手リフォーム会社との提携に強かったり、業界最大手で信頼度抜群であったり、まだ規模は小さいですが、お客様第一のポリシーが感じられたり・・いろいろです。
→ 詳しくは、こちらのページで

 

 

 

 

 

 

以上が、駐車場をコンクリートにするための、駐車台数(1台、2台、3台、4台)毎の費用の目安と見積もりの取り方です。

 

引き続き、駐車場をコンクリートにする際に、よく受ける質問をご紹介します。

 

駐車場のコンクリートを塗装することは可能か?

 

 

駐車場のコンクリートは、最初は、綺麗でおしゃれで、見栄えもいいです。

 

しかし、時間の経過とともに、雨風、日光にさらされたり、コンクリートからアク(石灰)がでてシミになったり、車のタイヤ痕がついたりして、徐々に汚れが目立つようになります。

 

そして多くのケースでは、いくらこすっても汚れが取れなくなるほど、状況が悪化します。

 

さらに、一般家庭用の駐車場のコンクリートの厚みが薄いということもあり、ひび割れが生じたりすることもあります。

 

こういった駐車場は、一般の家庭だと、玄関付近にあることが多いので、人目に付くということで、気にされる方が、結構多いです。

 

 

そこで・・・・

 

なんとか、駐車場のコンクリートを綺麗にできないか??

 

汚くなったコンクリートをおしゃれに復活させるには、塗装がおすすめです。

 

コンクリート床専用塗料があり、塗装のカラーも、かなり豊富にあります。

 

駐車場は、重量のある車のタイヤとの摩擦が生じて、塗料が剥げやすいので、ここは専用の塗料で塗装するのがいいです。

 

駐車場のコンクリートの床の汚れを落とし、特に車のオイル等油系のシミなどがあれば、出来る限り脱脂する必要があります。

 

ここを手を抜くと、塗料が剥がれる原因になりますので、高圧洗浄機を使用するなどして、コンクリートの表面を 隅々まで、しっかりと汚れを洗い流します。

 

このコンクリートの塗装は、かなり手間はかかりますが、自分で、DIYで行うことも可能です。

 

実際に、専門の塗装業者に任せず、ご自分でDIYで行う方もいます。

 

しかし、後々のことを考え、見栄えや仕上がり、さらには耐久性を希望するのであれば、ここは、塗装を専門業者に依頼するべきです。

 

駐車場のコンクリートの目地を砂利にするデメリットとは?

 

 

 

駐車場をコンクリートにする際に、目地に砂利を敷くケースがよくあります。

 

見た感じのデザインを良くするためと、ひび割れ防止のために、よくやるのですが、デメリットもあるのでご注意ください。

 

駐車場がコンクリート敷きになった当初は、おしゃれで見栄えもいいのですが・・

 

年月が経つと、砂利は少しずつ目地から外にはみ出し、量が少なくなり、徐々に見た目が悪くなるケースが本当に多いです。

 

本来であれば、外に出た砂利を、また目地に戻せばいいのですが、それが面倒で、放置するのです。

 

駐車所の目地に砂利を敷くのは、よく検討された方がいいです。

 

ちなみに、我が家では、コンクリートの駐車場の目地に、砂利ではなく芝を植えております。

 

この芝も、多くの時間、車の下にあり日当たりが悪いためか、ほぼ枯れかけており、一部、雑草が生い茂っている悲惨な状況です。

 

砂利の場合もそうですが、見た感じが、本当に美しくありません。

 

そのため、わざわざ費用をかけて作った目地にもかかわらず、コンクリート等で埋め直すケースもあるほどです。

 

駐車場をコンクリート敷きにする際には、本当に目地を設けてもいいのか、長期的な観点から、よく検討された方がいいです。

 

 

駐車場のコンクリートの厚みは?

 

 

一般家庭の駐車場のコンクリートの厚みは、何センチなのか??

 

おそらくご自分で、DIYでコンクリートを打設することを考えている方だと思うのですが、よくある質問です。

 

駐車場のコンクリートの厚みは、10p〜12p程度が多いです。

 

中には、厚みが5pもないというケースもありますが、コンクリートが薄すぎると、ひび割れが心配です。

 

駐車場のコンクリートは、予算や駐車する車種の重量によって、厚みを変えることがあり、もっと厚みのあるコンクリートを打つ場合もあります。

 

重量のある車を駐車する場合ですと、中にはコンクリートの厚みが20pというケースもあります。

 

駐車場のコンクリートのひび割れとは?

 

 

■コンクリートのひび割れの原因は?

 

駐車場のコンクリートに、ひび割れが見られることが多いです。

 

その原因は、その駐車場の下地の土壌によるものと、打設したコンクリートによるものと、2つの原因があります。

 

駐車場は、コンクリートを流し込む前に、しっかり、強固な下地をつくる必要がありますが、そこが弱かったりすることで、コンクリートにひび割れが生じることがあります。

 

また、コンクリート自体が原因となるのは、コンクリートの性質によるものです。

 

気候によって水分が多くなると膨張したり、乾燥すると収縮したりするためです。

 

コンクリートの膨張、収縮を繰り返すことで、ひび割れが生じることがあります。

 

 

■ひび割れを防止する方法とは?

 

駐車場のコンクリート施工で、ひび割れ防止策はとられています。

 

既に説明済みですが、(3)(4)の工程では、ひび割れ防止のために、強固な下地をつくります。

 

(3)の砕石敷きの工程
コンクリート施工後の沈下を防ぎ、施工面を均一に平坦にするため、砕いた石(砕石)を敷き詰めます。

 

(4)の転圧作業の工程
重いコンクリートが自重で沈まないよう基礎部分の下地をつくるため、転圧機を使い、砕石を押し固めます。

 

さらに、(6)の伸縮目地・ワイヤーメッシュ設置でもひび割れ防止策はとられています。

 

伸縮目地を入れることで、耐震の強度や膨張を防ぐ効果があり、ひび割れの防止に役立ちます。

 

コンクリートを打設する箇所にワイヤーメッシュを張り巡らせ、コンクリートの強度を高め、ひび割れ防止策の効果があります。

 

 

コンクリートの耐用年数は?

 

 

一般的に駐車場のコンクリートの耐用年数を約15年とし施工されます。

 

ただし、駐車場の使用状況に応じて、耐用年数は違ってきます。

 

例えば、重い重量の車を駐車している場合には、やはり、耐用年数ではマイナスに影響します。

 

さらに、施工業者の施工内容にも、耐用年数は関係してきます。

 

例えば、コンクリートを打設した基礎の下地がいい加減だと、当然、耐用年数は短くなります。

 

そういう意味でも、やはり、技術力あり、誠意あり、信頼できる、施工業者に依頼することが極めて重要です。

 

 

駐車場をコンクリートにする際の費用を安く、かつ成功させるポイントをご紹介!

 

 

最後に、駐車場をコンクリートにするのに、費用を安くし、かつ成功させるためのポイントをご紹介します。

 

ここで誤解のないように申し上げておきますと、「費用を安く」は、無茶な値引き、激安という意味ではありません。

 

相場から見て、妥当な範囲で、費用をできる限り安く抑えるということです。

 

あなたが行おうとしている駐車場のコンクリート打設を、費用を安く抑えたうえで、成功させるには、どうしたらいいか、わかりますか?

 

その方法は、ズバリ!

 

複数のリフォーム業者から、まず見積もりをとり、徹底的に比較することです。

 

見積もりで提示された費用、価格、さらには施工内容を、徹底的に比較します。

 

その見積もりの比較により、まず、費用、価格の相場がわかりますので、その相場と比較し、業者の見積もり提示金額を検証します。

 

相場と比較し、極端に安かったり、極端に高い金額の業者は、まず避けた方が無難です。

 

見積もりの提示金額が、相場と比較し、妥当な金額の費用、価格の業者を選択するのが、成功のポイントです。

 

さらに、この見積もりの比較によって、適切な、駐車場の施工内容もわかります。

 

過度な施行内容であったり、不足していたりといったことを、見積もりの比較で確認できます。

 

最後に、リフォームを成功させるポイントをまとめます。

 

 

駐車場をコンクリートにする際の成功ポイント:

 

(1)大前提として、まず、信頼できるリフォーム業者であること。
一括見積もり可能なリフォーム比較サイトを活用すれば、そこは確実にクリア!5比較サイト

 

(2)各リフォーム業者から、希望の和室のリフォームが、いくらでできるのか「見積もり」をとります。

 

(3)各社の「見積もり」を比較することで、その子供部屋のリフォームが一般的にどれくらいの「費用」がかるのか、「価格」はいくらなのか、おおよその「相場」を把握します。

 

(4)その「相場」と比較し、妥当な金額の範囲内で、リフォーム業者と「価格」交渉をします。

 

(5)その際に、当サイトで学んだ事を活用しながら業者と、費用、価格について金額交渉をします。

 

(6)その他、複数の見積もり比較することで、本当にその子供部屋のリフォームの施行内容で問題ないのか、どんなリフォームが本来必要なのか・・いろいろなことがわかりますので、施工内容も問題ないのか、確認し進めます。

 

 

実際に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

ぜひ、成功させてください!!

 

 

 

 

 

TOPへ