平屋の20坪〜30坪(1LD・2LDK・3LDK)の住みやすい間取り図とは?

 

 

今回は、平屋で20坪〜30坪クラスの間取り図を考えたいと思います。

 

この20坪という広さは、一般的な住宅の坪数が35〜40坪なので、それに比べると少し狭いです。

 

その限られた広さの平屋を、家族みなにとって、快適で暮らしやすいものにするためには、間取り図上で、いくつか工夫すべき点があります。

 

一方、30坪クラスの平屋になると、かなり広さに余裕があるので、間取りもかなり自由に決めることができます。

 

それでは、20坪〜30坪の平屋の間取り図の具体的な事例をあげながら、間取り図作成のポイントを解説していきます。

 

ここでご紹介する間取り図例は、敷地の形状にあわせて、南入りなのか、北入りなのか、東入りなのか、西入りなのか、玄関をどの方角にもっていくかによって、間取り図の例をわけてみました。

 

 

 

 

 

↑  ↑

こちらをクリック!!

 

 

 

 

平屋の20坪クラスの間取り図例

 

まずは、20坪クラスの平屋の間取り図例をご紹介します。
20坪と、かなり限定的な広さであるので、快適で暮らしやすい住空間にするには、かなり間取りを工夫する必要があります。
それでは、いくつか間取り例をご紹介します。

 

 

 

 

22坪・2LDK・南玄関(南入り)・ロフト付きの間取り図例

 

出典:ミサワホーム

 

 

平屋の20坪クラスの間取り図の1つ目の例をご紹介します。

こちらは、延床面積が22坪、2LDK、南玄関で、ロフトまで付いた盛りだくさんの間取り図例です。

 

この間取り図の大きな特徴は、南玄関と廊下をはさみ、LDKとプライベート空間(寝室と和室)の2つに分けた点大きなロフトを2か所も設けた点です。

 

ご夫婦の寝室を北側にもっていき、南側に6畳の和室を、縁側もあり落ち着いた感じに仕上げっています。
この和室は、できればゲスト用に使いたいところですが、子供部屋に使ってもいいと思います。

 

収納は、寝室に1畳分ではありますは、ウォークインクローゼットがあり、和室にも押入れがありあります。
さらに、大きなロフトを2か所設けており、22坪と限られていますが、かなり収納力が高い間取りとなっています。

 

動線ですが、キッチンからLD、バス、パントリー、勝手口がすぐで、家事導線も完璧な間取り図です。

 

ここで、南玄関について補足しておきます。
通常、南に玄関を配置するのは、道路が南側にあるケースです。

 

南側に道路がありますので、日当たりは、かなり良いケースがほとんどです。
快適で暮らしやすい住空間にするには、この日当たりを、できる限り活かす、各部屋に外の光や風を取り込む、間取りにすることがポイントです。
あと、南の道路から部屋の中が、丸見えにならないよう、プライバシーを確保することも、間取り作成の重要なポイントです。

 

ちなみに、南玄関を配置する、南に道路がある南入りの土地は、人気なので、その分、土地の価格も高いケースが多いです。

 

 

 

 

26坪・3LDK・北玄関(北入り)の間取り図例

 

出典:ミサワホーム

 

 

平屋の20坪クラスの間取り図の2つ目の例をご紹介します。

今回は、延床面積が26坪、3LDK、北玄関の間取り図例です。

 

この間取り図の大きな特徴は、まず北玄関である点メインの居室をできる限り明るくできた点です。

 

まず、北玄関について、簡単にポイントを説明しておきます。

 

通常、北に玄関を配置するのは、道路が北側にあるケースです。
その場合、どうしても日当たりは、あまり良くなく、室内が暗くなりがちです。

 

このようなハンディのある土地に建てる平屋を快適で住みやすい住空間にするためには、できる限り室内に日光を取り込み、明るくするよう、間取りを工夫することがポイントです。

 

ちなみに、こういった北側に道路がある北入りの土地は、あまり人気がなく、その分、土地の価格も安いことが多いです。

 

 

北玄関から入ってすぐ右側に5.4条の洋室(子供部屋に使うことを想定)を設け、それ以外の7畳の主寝室、18.1畳のLDKを南に配置しました。

 

庭を南側に配置していますので、主寝室、LDKは、庭から日光、風をうまく取り込むことができ、明るく快適な空間になっています。
LDKに接している6畳の和室も、LDKを介して、日光、風が入るようになっております。
さらに、道路が北側にあるため、南側の主寝室、LDKは、道路から全く見えなく、プライバシーが守られています。

 

北側玄関の間取り図の暗くなりがちのデメリットを、見事に解決した間取り図になっています。

 

ちなみに、北玄関の脇の子供部屋は北側に位置するため、当然、明るくないです。
少し環境が悪い部屋であるため、子供が部屋にいる時間が短くなる。
部屋にこもりがちになることを防ぐというメリットも考えられます。

 

家事動線については、先程の間取り図例に比べると、今回のは、あまりよくありません。
キッチンから、パントリー、バスが遠く、そこに行くには、いったんキチンからLDを通り、さらに廊下も通る必要があるからです。

 

 

 

 

24坪・2LDK・東玄関(東入り)・ウッドデッキ付きの間取り図例

 

 

 

出典:福岡の注文住宅 桧家住宅 シアーズホーム

 

平屋の20坪クラスの間取り図の3つ目の例をご紹介します。

今回は、延床面積が24坪、2LDK、東玄関(東入り)、ウッドデッキのある間取り図例です。

 

南前面に大きなウッドデッキを設けることで、まるで、リビングからつながる同じ部屋のように思え、広がりを感じることができる間取り図です。
収納スペースも各部屋に充分にあり、暮らしやすい間取りになっています。

 

 

 

 

26坪・3LDK・西玄関(西入り)・ウッドデッキ付きの間取り図例

 

出典:ミサワホーム

 

平屋の20坪クラスの間取り図の4つ目の例をご紹介します。

今回は、延床面積が26坪、3LDK、西玄関(西入り)、ウッドデッキのある間取り図例です。

 

北側にバス、洗面、トイレなどの水廻りを集中させ、LDK(和室も含む)、主寝室を南に配置する間取り図です。
主寝室の上部には大きなロフトを設けており、収納力ある間取りです。

 

 

 

 

 

 

平屋の30坪クラスの間取り図例

 

次に、30坪クラスの平屋の間取り図例をご紹介します。
30坪クラスの広さであれば、快適で暮らしやすい住空間にする間取りは、20坪のものに比べるとかなり容易だと思います。
それでは、いくつか間取り例をご紹介します。

 

 

30坪・2LDK・南玄関(南入り)・中庭コート付きの間取り図例

 

出典:三井ホーム

 

 

平屋の30坪クラスの間取り図の1つ目の例をご紹介します。

こちらは、延床面積が30坪、2LDK、南玄関(南入り)で、中庭コート付きの間取り図例です。

 

この間取り図の大きな特徴は、中庭コートを設けた点です。

 

この中庭コートは、この平屋の住宅にとり2つの大きな役割があります。

 

■1つは、これを設けることで、そこから光と、風を、LDK、2つの洋室に取り込むことができたこと。
LDK、2つのベッドルームは、全て中庭に面しています。

 

■さらに、この中庭コートを介して、LDKと2つの洋室を、居室どうしをゆるく連結させることができたこと。
各居室と外とを、ゆるくつなぐことができた。

 

また、今回の平屋の間取り図は、平屋ならではのメリットを最大限活かすこともできたものです。

 

■家族が、常に、お互いに気配を感じることができ、一体感が感じられる間取りになっています。

 

■LDKに、大きなフルオープンの窓を設け、そこからの光と風が入り、快適な空間になっています。

 

 

 

 

30坪・3LDK・北玄関(北入り)・ロフト付き・土間付きの間取り図例

 

 

白くスクエアなフォルムがモダンな印象のおしゃれな外観の平屋です。

 

出典:住友林業の家

 

 

平屋の30坪クラスの間取り図の2つ目の例をご紹介します。

こちらは、延床面積が30坪、3LDK、北玄関(北入り)で、ロフト、土間付きの盛りだくさんの間取り図例です。

 

この間取り図の大きな特徴は、まず北玄関(北入り)である点暗くなりがちな部屋を、できるだけ明るくすることができたです。

 

先程の間取り図例で、お話した通り、北玄関の北入りのタイプは、やり方を間違えると、居室が暗くなってしまいます。
しかし、今回ご紹介する間取りは、そういったデメリットを解消した、とても明るく快適な住空間を実現したものです。

 

主寝室、バス、洗面といった水回り、玄関(広い土間付き)を北側にし、それ以外の部屋LDK、子供部屋といった部屋を全て南に配置しております。
LDK、子供部屋は、南の庭より、日光、風を思いっきり取り込むことができ、ここでの時間が、本当に気持ちよく快適なものになったいます。

 

さらに、この間取り図には大きな特徴が3つあります。

 

■LDKと子供部屋の、南側前面には、広くて大きなテラスリビングもあり、室内と外が見後につながった空間になっております。
平屋の良さを最大限生かした間取りになっています。

 

玄関に広い土間があります。
土間は、趣味の道具等を収納でき、暮らしを豊かにしてくれる大きな役割があります。

 

■寝室の上にロフトを配置しております。
ロフトを設けることで、さらに収納力をアップさせ、住みやすくなっております。

 

 

 

 

32坪・3LDK・東玄関(東入り)・中庭付きの間取り図例

 

 

 

出典:パナソニック ホームズ

 

 

平屋の30坪クラスの間取り図の3つ目の例をご紹介します。

こちらは、延床面積が32坪、3LDK、東玄関(東入り)で、中庭付きの間取り図例です。

 

 

夫婦と長女と愛犬が暮らす平屋の間取り図例です。
平屋の住宅の中心には、中庭があり、そこを中心に、家族が一体感を感じることができる、あったかい間取り図になっています。

 

この間取り図では、愛犬専用の部屋まで用意されていて、ペット愛好家には参考になると思います。

 

 

 

 

35坪・1LDK・西玄関(西入り)・ロフト付きの間取り図例

 

大きな屋根がアクセントになったおしゃれな外観の平屋です。

 

出典:アーキビジョン21

 

 

 

平屋の30坪クラスの間取り図の4つ目の例をご紹介します。

こちらは、延床面積が35坪、1LDK、西玄関(西入り)で、巨大なロフト付きの間取り図例です。

 

この平屋のロフトは、もはやロフトとは言えないくらい、巨大なものです。
実質、平屋ではなく二階建てにも思える間取りです。

 

この大きなロフトは、お客様にお泊りいただく部屋、子供部屋、ご家族の趣味の部屋に、収納スペースに・・様々な用途に使えそうです。
この平屋は、キッチンからLD、勝手口、バス、パントリーと全て近く、家事動線に優れており、家事を効率よく行うことができます。。

 

なんか、ワクワクする平屋の間取り図例です。

 

 

 

平屋の間取りを考える上で重要なこととは?

 

以上、平屋の20坪〜30坪の間取り図、1LDK、2LDK、3LDKの事例をご紹介しました。
ここで、平屋の間取り図を考える上で、最も重要なことをお話しておきます。

 

もちろん、その平屋に住む家族構成、その家族の共有スペースと個々のプライベート空間の位置関係といったことも、間取りを検討する上で重要です。
しかし、さらに重要な点が、平屋ならではの2つのポイントがあります。

 

1つ目のポイント
庭の良さを平屋に、どう取り込むべきか、庭を平屋のどの位置にもっていくか。
2つ目のポイント
平屋の屋根をどうすべきか。

 

それぞれ具体例をご紹介します。

 

 

 

 

この平屋の前面には大きな庭があり、そこは愛犬のドッグランにもなっています。

 

平屋は、その庭と、広いデッキでゆるやかにつながり、外の庭との連続性大きが感じられます。
大きな開口部を設けられる平屋ならではの構造上のメリットも最大限活用されています。
床から天井まである大きな大開口部からは、外の風、光もふんだんに室内に入り、実に気持ちのいい空間です。
室内から、庭が180度、見渡せるようになっており、開放的になっています。

 

このように、庭の良さを部屋に取り込むことで、平屋の居住空間を何倍も心地よいもに変えることができます。
1つ目のポイント、庭の良さを平屋に、どう取り込むべきか、庭を平屋のどの位置にもっていくかは、極めて重要なわけです。

 

 

 

 

 

 

こちらの平屋の天井は、かなり高く、大きな吹き抜けとなっております。
天井をいくらでも高くできるという平屋ならではのメリットを取り入れた間取りになっています。
画像をご覧になって感じられたと思いますが、大きな吹き抜け、大空間は、実に気持ちがいいです。

 

このように、平屋の天井をどうするかにより、その居住空間が、いくらでも心地よいものに変わります。
2つ目のポイント、平屋の屋根をどうすべきかは、間取りを考える上で、極めて重要なわけです。

 

まとめ

 

 

以上が、20坪〜30坪クラスの平屋の間取り図例、間取りを考える上での最重要ポイントです。

 

では・・
あなたは、快適で暮らしやすい、いい間取り図を作成するには、どうすればいいと思いますか?

 

それは、ズバリ!多くの間取り図を見て、比較検討することです。
ここは、多ければ多いほどいいです。

 

まずは、建てたいと思う平屋住宅に対する希望、要望を、自分だけでなく、家族とも話し合い、一つ一つピックアップします。
ここは、無理に、一つにまとめる必要はありません。

 

そして、その希望、要望を、できるふだけ叶えるような、間取りプランを作成するよう、ハウスメーカー、工務店等に依頼してみます。
できる限り多くの間取り図を見ることで、どんどん自分の理想の間取りの方向性が決まってきますし、結果、より満足できる間取りになるはずです。

 

それでは、ありがとうございました。
あなたの理想とする平屋の間取りができるといいですね。

 

→ 複数の注文住宅会社に対し、平屋の間取り作成を依頼することの重要性と、その効率的かつ簡単な依頼方法(無料)については、こちら。

 

 

 

 

 

 

 

理想の注文住宅を費用をできる限り安く抑え建てたい方へ

 

妥協は一切せず、100%納得できる、理想の注文住宅。こんな注文住宅を、とにかく安く建てたいとお考えの方には、ぜひ、ご検討いただければと思います。
こちらの「注文住宅の一括問合せ」は、全国の優良注文住宅会社約600社(ハウスメーカー、工務店)の中から、あなたに最適な業者を紹介してくれるサイトです。

 

→ タウンライフ家づくりの公式ページ

 

 

 

ここで、「タウンライフ家づくり」について、注目すべき点をいくつかご紹介します。

 

■あなたもご存知の超有名なハウスメーカーの多くと提携をしていることからも、こちらの「タウンライフ家づくり」は、信頼できるサービスであることは明確です。(大手企業は、審査が厳格で、絶対に怪しいところとは業務提携しないからです。)

 

■たった一度の3分程度の簡単な入力で、十数社の注文住宅会社から、間取りプラン、アイディア、見積もり(価格、費用等)の提案を受けることができるのは、これまでほとんどなかったサービスです。正直、ここのサービスはスゴイです。

 

■平屋、2階建て、3階建て以上の家、一世帯、二世帯、店舗等併用住宅等、様々な家づくりに幅広く対応できます。
ここは優良工務店とも多数提携しているので、ハウスメーカーが断ってくるような、難しい施工(例えば、極端に土地が狭いとか)も、ぜひ相談されるといいです。

 

■大手ハウスメーカーだけでなく、中小の地元密着型の優良工務店とも提携しているため、費用の相場を把握する意味でも、こちらを利用する価値は大きいです。
ハウスメーカ、工務店から提案される、両方の見積もりを比較することで、費用、価格の相場を、的確かつ明確に把握することができます。

 

■どんなに間取りプラン、見積もりなど提案を受けても、全て無料なので、気軽に依頼<できます。
何度相談、問合せをしても、全て無料なので、家づくりで、ここを利用しない手はないです。

 

■ホームページから都道府県別に、建築実例を写真付きで見ることができますので、ぜひ、参考にされるといいです。

 

■注文住宅を建てるためのお金について不安がある場合には、資金計画(住宅ローン等も)についても詳細に相談できます。
いったいどれくらいの予算をみておけばいいのか不安な方は多いので、ここのサービスは本当にありがたいと評判です。

 

■家を建てる土地が、まだ決まっていない方でも、土地探しも含め、ここは相談可能です。
あなたが希望される家づくり理想の間取りに、最適な土地を探すことができるので、このサービスもありがたいです。

 

■「成功する家づくり7つの法則」が、毎月先着99名に無料プレゼントされます。

49頁とコンパクトな書籍ですが、よくまとまっていて、家づくりに役立つと好評です。

 

→ タウンライフ家づくりの注文住宅の一括問合せ

 

 

各社に間取りプラン、見積もり(価格・費用等)を依頼

 

 

 

↑  ↑

こちらをクリック!!

 

 

 

 

 

 

 

 

現在、高齢者から若い世代まで幅広く人気なのが平屋。その人気の平屋に関する情報をまとめました。間取り図も多数ご紹介しますので、参考になると思います。→平屋が人気!おしゃれな外観の理想の間取りとは?

 

 

 

家づくり(注文住宅)で、まず迷うのが、ハウスメーカーに依頼するか、それとも工務店に依頼をすべきか。ここは皆さん迷われます。そこでまとめてみました。→工務店とは?ハウスメーカーとの違いは?どっちがいい?どっちが安い?

 

 

 

平屋をハウスメーカー建てる方が増えております。各ハウスメーカーの平屋を、評判、口コミ、価格(坪単価)を中心に徹底分析します。→平屋をおしゃれにハウスメーカーでつくる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ