ハウスメーカーの評判と口コミを徹底分析!

 

 

 

村上悠です。
自宅を三井ホームで、賃貸の平屋のガレージハウスを工務店で建てた経験があります。
もともと家づくりが好きで、かなり研究もしました。
こういった実際の経験をベースに記事を書こうと思います。

 

これからお話する事は、ハウスメーカーと工務店のどちらで家を建てるか迷われている方、ハウスメーカーで建ると決めているが、どこに依頼すればいいのか迷われている方に、ぜひ、お読みいただければと思います。


 

あなたは、家を建てるのに、どこにお願いしていいのか、迷われているのですが・・
その判断材料、決め手となる情報が欲しいのでは?

 

以前、私も、自宅を建てるのに、どこのハウスメーカーに依頼をすべきか、本当に迷いました。

 

大手から中小レベルの、様々なハウスメーカーを、徹底的に比較検討しました。

 

モデルルームを見て回ったり、建築実例を見学したり、ネットで評判や口コミを確認したり・・いろいろな点から確認するのに、結構、大変でした。

 

その時の経験をいかし、ハウスメーカー各社を、顧客の満足度の観点から、各ハウスメーカーの評判・口コミを徹底分析していきます。

 

 

各ハウスメーカーの評価・口コミ分析は、原則、以下の項目にそって解説していきます。
どれも、住宅商品の購入を検討する方には、知っておいて欲しい役立つ情報だと思います。

 

最新のトピック・ニュース
会社の特徴と営業スタイル
人気売れ筋の注文住宅
坪単価
評判と口コミの分析
私なりの分析

 

いくつか補足説明をしておきます。

 

まず、最新のトピック・ニュースについて。
ここは、住宅購入者として知っておくべきホットな最新情報をメインにお話します。

 

次に、会社の特徴と営業スタイルについて。
・会社の特徴は、商品の特性も含め、できる限り簡潔にまとめたいと思います。
・営業スタイルは、家を建てるまで、営業担当とのやり取りが、結構、発生しますので、その営業スタイルを知っておくことは、とても重要です。
この営業スタイルは、面白いくらい、各社で違います。

 

そして、人気売れ筋の注文住宅について。
各社のサイトやパンフレットを見れば、その商品特徴、魅力的なポイントはわかります。
当サイトでは、他の商品との違いや特徴がわかるよう、できる限り簡潔にまとめました。

 

坪単価についても、わかりやすように、少々大胆に価格を記載します。
この坪単価については、各ハウスメーカーでも、あまり明確には公表しておりませんが・・
明確に坪単価を公表している事例があれば、ご紹介したいと思います。

この価格は、個別の事案によって大きく変わりますので、あくまでも参考価格とお考えください。

 

メインテーマの評判と口コミの分析に関しては、主に以下のポイントで、徹底的に分析していきます。

 

■担当者の対応や打ち合わせ等、進め方に問題はなかったか?
■住居の性能に満足しているか?
■外観・デザインを気に入っているか?
■アフターサービスに不満はないか?
■金額の納得感はあるか?

(比較的大手で運営されている評判や口コミ掲示板等を参考に、各ハウスメーカーの評判・口コミを分析していきます。)

 

最後に、私なりの分析をのせておきますので、参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

これから各ハウスメーカーの評判・口コミ分析の結果を、続々とご紹介していきます。

 

ここでお話する内容は、きっと、ハウスメーカーの選定のヒントになり、判断材料になると思います。

 

 

 

注文住宅を新築される際には、1社に限定することなく、各ハウスメーカーを徹底比較することをおすすめします。
その比較の数は、多ければ多い程、より満足度の高い家づくりができます。
→ その際こちらを利用されるといいです。


 

 

 

 

 

 

著者情報:

村上悠
レリッシュプラン株式会社:代表

 

経営するRCマンション、平屋ガレージハウス等、複数の賃貸物件について、空室対策として何度もリフォームを行ったことがあります。
リフォームは、室内のクロス、床、天井といった小規模なものから、屋根や外壁をリフォームする大規模修繕の経験もあります。
また、自宅を三井ホームで建て、さらに賃貸物件の平屋ガレージハウスを建てる等、新築の家づくり経験もあります。
そういったリフォームや家づくり経験で得た気付き、知識等を、記事にしていきたいと思います。

 

リフォームや家づくり等に役立つであろうと、資格も取得しました。
賃貸業など不動産ビジネスに役立つであろうと、宅地建物取引士に2008年に合格。
また、家づくり、リフォームに色彩は重要ということで、2級カラーコーディネーター(商工会議所)の資格を2019年に取得。
さらに、以前サラリーマン時代に、国内旅行業務取扱管理者の資格も2016年に取得。

 

著者のプロフィール情報

 

 

 

 

TOPへ