リフォームの訪問販売・電話勧誘は、大丈夫なのか?

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

 

リフォームの訪問販売ですが、これは、本当に多いです。

 

 

 

私もそうですが、あなたも、こういったリフォームの訪問販売の営業を受けた経験があるのではないでしょか?

 

 

 

「ご近所で、リフォームの工事をしておりまして、ついでに点検いたしますが、いかがでしょうか?」

 

 

 

「ご近所の〇〇様のお宅で、屋根の点検をしておりますので、ご一緒にいかがでしょうか?」

 

 

 

「お住いの、この地区で、無料の点検をしておりました・・」などなど。

 

 

 

実は、これ、全て、私が受けた訪問販売の営業です。

 

 

 

全て、インターホン越しに話をしただけで、実際に、相手の方に会って話したことはありませんが。

 

 

 

中には、「今はその必要がない」と言っているにもかかわらず、しつこく、なかなか、営業をやめない悪質なケースもあります。

 

 

 

こういったリフォームの訪問販売は、本当に気を付けましょう。

 

 

 

実は、国民生活センターに寄せられる、リフォームの苦情や相談の大半は、この訪問販売によるものです。

 

 

 

こういった営業を受けた場合には、キッパリ、その場で断りましょう。

 

 

 

玄関を開け、営業マンを、家の中に入れてはだめです。

 

 

 

一歩でも入れたら、もう終わりだと思うくらいの方がいいです。

 

 

 

仮に、たまたま、家のリフォームを考えていたとしても、訪問販売のリフォームは、かなり危険なので、やめておくべきです。

 

 

 

ちなみに・・

 

 

 

電話勧誘ですが、このリフォームの電話勧誘は、相手が、どんな人なのかも全くわからず、訪問販売以上に不明な点が多く、危険です。

 

 

 

とにかく、訪問販売と同様、電話勧誘も断ることを、強くおすすめします。

 

 

ここで念のため。

 

無料点検、無料検査は、訪問販売に該当しないのでは?

 

正解は・・
訪問販売に該当します。

 

なぜなら、営業マンが実際に訪問し、さらには、リフォームを販売することが目的であって、無料の点検や検査は、営業手段でしかないからです。

 

この無料の点検、検査で営業をかけてくることを、点検商法、検査商法といいます。本当に注意が必要です。

 

 

 

なぜ、訪問販売・電話勧誘のリフォームでトラブルが異常に多いのか?

 

 

 

なぜ、訪問販売、電話勧誘による、リフォームのトラブルが多いのかを考えます。

 

 

 

理由は、2つあります。

 

 

 

1つ目の理由は、既に説明しましたが、リフォーム事業を行うのに、開業するのに、許可や申請は一切不要、届出すら必要ないということです。

 

 

 

リフォーム業者を規制するものが何もないということです。

 

 

 

問題のあるリフォーム業者は、まず、こういった強引な営業で、何が何でも契約を取ろうとするケースが多いようで、ほとんどがトラブルになります。

 

 

 

2つ目の理由は、訪問販売、電話勧誘をする営業マンです。

 

 

 

彼らの報酬体系は、極端な歩合給になっていることが多く、自分の報酬を少しでもよくするために、何が何でも高額なリフォームの契約をとろうと、手段を選ばず、強引な営業をします。

 

 

 

本来、リフォーム業者は、依頼者側の要望をきき、実際に現場も確認した上で、ベストなリフォーム内容を提案してくるものです。

 

 

 

まずは、依頼者側の要望を、できる限りかなえてあげるスタンスのはずですが、訪問販売や電話勧誘の営業マンは、依頼者側の事情は一切関係なく、全て、歩合給のため、自分のためにのみ動きます。

 

 

 

これで、トラブルが起きないわけがないですね。

 

 

 

驚くべき悪質な訪問販売業者の手口とは?

 

全ての訪問販売が、全て悪質なリフォーム業者であるとは、言いませんが、ただ、確実に言えることは、その中には悪質な業者がいるということです。

 

 

 

そして、その訪問販売業者が、悪質な業者なのか、否かを、確認する方法がないということです。

 

 

 

このような曖昧な状況下で、リフォームを進めると、高確率で失敗しますので、訪問販売は気を付けた方がいいです。

 

 

 

いくつか、信じられないような、悪質業者の手口をご紹介します。

 

 

 

・見ていないところで、わざと瓦を割り、点検の結果、雨漏りの可能性があり、早急に対応を要する問題であると指摘してくるケース

 

 

 

・シロアリを発見したと嘘をつき、早急に駆除をしないと、建物がもたないと指摘してくるケース

 

 

 

そして、今、この場で契約してくれるなら、特別に安くするとか、今ならキャンペーン中だとか、モニター価格でやらせてもらうとか・・強引に、何とか契約に持ち込もうとします。

 

 

 

何度も言いますが、こういった訪問販売は、気を付けましょう。

 

 

 

悪質な訪問販売・電話勧誘の業者を撃退する方法は?

 

 

 

 

悪質なしつこい訪問販売の業者を撃退する方法を、ご存知でしょうか?

 

 

 

「今は、忙しいので・・」

 

「今は、主人がいないので・・」

 

 

 

と言って、断ろうとするケースが、ほとんどですが、これだと、相手には通用しません。

 

 

 

何が何でも話を聞いてもらおうと、ガンガン攻めてきます。

 

 

 

では、どうしたらいいのか、それは・・・

 

 

 

「親戚に、工務店をしているものがいるので、いつもリフォームはそこにお願いしているので・・」

 

 

 

これを言って、さらに、話だけでも聞いて欲しいと営業してくるケースは、今まで、私は経験したことがありません。

 

 

 

ぜひ、使ってみてください。

 

 

 

ちなみに、電話の場合ですが・・

 

 

 

まず、相手から電話がかかってきます。

 

 

 

「〇〇様の、お電話でしょうか?」

 

 

 

目的を同時に言ってこないケースです。

 

 

 

これに対しては、回答せず、「何でしょうか?」と相手の目的を確認します。

 

 

 

相手が、リフォームの業者であり、営業目的(お得なキャンペーンのご案内とか)であると言ってきたら、

 

 

 

「ごめんなさい。間違い電話です」よと。

 

 

 

これで、相手は、100%、引き下がります。

 

 

 

ちょっと、見え見えの、方法ですが、間違い電話と言われては、相手も、電話を続けるわけには、いかないので、すぐに引き下がります。

 

 

 

ちなみに、相手が、「〇〇様のお電話でしょうか?本日は・・・・のご紹介が・・」と目的も言ってきたら、その場で、すぐに、「間違い電話ですよ」と言えばOKです。

 

 

 

この方法は、リフォーム以外にも、例えば、不動産投資の営業とか、いろいろなケースに使えます。

 

 

 

ぜひ、お試しください。

 

 

結局・・・どうするのがベストなのか?

 

 

 

訪問販売・電話勧誘は、まず、断りましょう。

 

 

 

何度も言いますが、事前に、相手のことを確認しないで、契約することは、極めて危険です。

 

 

 

今、契約すれば、リフォーム費用が安くなると言ってくると、大げさにお得感を主張してくると思いますが、絶対に、その場で契約するのは、やめましょう。

 

 

 

仮に・・・

 

 

 

この訪問販売、電話勧誘の業者とのリフォームの契約を検討するとします。

 

 

 

 

 

 

@とりあえず、名刺やパンフレットだけもらい、絶対にその場では契約をしない。

 

A後でホームページを確認するなど、自分でも納得できるまで相手を調べる。

 

Bそして、あらためて、相手の話をきき、納得がいくまで不明な点は確認する。

 

相手からのリフォームが必要という提案であれば、なぜ、必要なのかも含め、徹底的に確認する。

 

相手と面談のアポを取る際に、他社からも、複数の見積もりを取り、比較検討することを話すことが重要。

 

おそらく悪質な業者は、ここで引き下がるはずです。

 

C最低でも5〜6社の、リフォーム業者の見積もりを取る。

 

全ての見積もりを、徹底的に比較検討し、リフォームの内容、費用等、全てにおいてベストだと思う業者にリフォームを依頼する。

 

要するに、訪問販売、電話勧誘してきた業者は、以下のリフォーム比較サイトから複数から見積もりをとる際に、別途加える1社にすぎないということです。


 

 

 

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

実際に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

 

TOPへ