平屋が人気!おしゃれな外観の理想の間取りとは?

 

 

 

 

平屋には、定年退職し、子供も独立し、そんな年配のご夫婦が、暮らしを楽しむというイメージがあり、そのイメージ通り、年配の方々には、暮らしやすいと平屋は大人気です。

 

しかし、今、平屋が、若い世代にもすごい人気なのを、ご存知でしょうか?
実際、現代的でスタイリッシュな、おしゃれな外観の平屋が多く建てられ、ハウスメーカーや工務店でもおしゃれな平屋を多数ラインナップし販売しております。
まずは、平屋が、なぜここまで幅広く人気なのか、その理由をお話します。

 

次に、そんな人気の平屋の理想の間取りについて解説します。
理想の間取りには、2つのクリアすべき条件があるのをご存知でしょうか?

1つ目の条件は、平屋のメリットを最大限活かした、暮らしやすい間取りであること、2つ目は、平屋がおしゃれな外観であり、外から見てセンスがいい間取りであることです。
この2つの条件について、具体的な事例をあげながら、詳細をお話します。

 

今回の記事が、これから平屋を建てようとお考えのあなたの、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

平屋の間取りを無料で作成したい方へ

 

 

平屋の間取りを考えるのは、素人にはまず無理。
プロに依頼するにしても、会って話をする必要があったり、時間もとられ面倒。
しかし・・そんなご心配は一切無用です。
平屋に関する最新情報の収集もかねて、ご紹介するサービスの利用を、ぜひ、ご検討いただければと思います。

 

 

 

こちらの「タウンライフ家づくり」は、無料でプロ(複数の)に平屋の間取りを作成してもらえるサービスです。
■見積もり依頼と間取りの作成を、ハウスメーカー、工務店に一括依頼できます。
■住宅展示場にも行かず、各社の担当と話も一切しないで、ご自宅で情報収集できます。
気になる間取りプランを提案したところとだけ、話を進めればいいだけです。
■気に入らなければ、メールで断るだけです。(気まずい電話も不要)
■正式契約しなくても、いくら見積もり、間取りプランをとっても全て無料なので、気軽に依頼をするといいです。

 

まずは、サービスの詳細をご確認いただければと思います。
→ タウンライフ家づくり

 

 

 

私の平屋・家づくり体験をご紹介!

 

 

 

 

こちらの画像は、私が建てた平屋のガレージハウスです。

この平屋は、海辺のリゾート地にあり、一部を自分で使い、残りを賃貸しております。

 

私は、平屋が好きで、こういった平屋を他にも1棟建て賃貸しております。
平屋は、入居者にも好評で、人気の物件です。

 

実際、平屋を建て、暮らしてみて感じるのですが、平屋は住みやすく、本当にいいですね。

 

 

 

 

いくつか、平屋に対し思うことがあるので、以下にまとめます。

 

 

■まず、何よりも建築コストが二階家に比べ、かなり安かったことはよかったです。
自宅として建てるのもいいですが、賃貸物件としては、かなり魅力的です。
入居者に人気があり、建築コストが安いわけですから。
平屋はおすすめです。

 

■平屋は自由な設計が可能というメリットを最大限活かし、大きなシャッター付きの大空間のガレージをつくりました。
その大空間にハンモックをつりさげたり、自分の好きなもの、こだわりグッズを、いろいろ持ち込み、リゾート空間に。
これが二階家であった場合、ここまでのリゾート感ある空間は、無理だったと思います。

 

■平屋での暮らしは、本当に住みやすいです。
コンパクトサイズということと、二階がなくフラットということで、何をするにも動線が楽です。
限られたスペースということ、月の1/3のみの使用というこもあって、自分に本当に必要な物のみで生活しています。
物であふれている自宅での生活より、落ち着きますし、豊かな気持ちになれます。
これも、平屋ならでわのことだと思います。

 

■平屋は、外観にもこだわれます。
入居者のなかには、まるで、ここは、アメリカのカリフォルニアみたい。
このリゾート感ある雰囲気が気に入り、入居を決められた方が多いです。
やはり、これも平屋ならではのことだと思います。・

 

 

 

実は、自宅も、広い土地であれば、平屋を建てたかった・・なんて考えることがあります。
それくらい、平屋は、好きです。
ぜひ、注文住宅をお考えの方は、平屋も候補にされるといいですよ。

 

それでは、平屋について、さらに掘り下げ、お話していきます。

 

 

 

 

 

今、なぜ平屋が人気なのか?

 

それでは、なぜ、今、平屋が幅広く人気なのか、その理由を、まず、シニア層・高齢者について、次に、若い世代についてお話します。

 

年配のシニア層、高齢者に、平屋が人気の理由とは

 

 

シニア層、高齢者に、平屋が人気なのは、ズバリ!暮らしやすいからです。

 

例えば・・高齢になると足腰が弱くなり、階段の昇り降りがきつくなるので、階段のない平屋がいいとか。
掃除やメンテナンス等のことを考えると、そんなに広いスペースは必要ないので、適度な広さの平屋がいいとか。
1階だけで全ての生活を完結できるので、さらに足腰が弱くなる老後を考えると、平屋がいいとか。
二階だと耐震性が心配なので、構造的に強く、耐震性に優れた平屋がいいとか。

 

このように、シニア層、高齢者の方々は、二階建ての家に対し、様々な不満、不安があるようです。

 

こういった不満、不安を解消できるのが、平屋ということで人気ということです。

 

耐震性、耐久性に優れ、暮らすのに適度な広さで、階段や段差のないバリアフリーの平屋。

 

そんな平屋で、老後の生活を楽しく、快適に暮らしたいということで、年配のシニア層、高齢者に平屋が人気ということです。

 

 

若い世代に、平屋が人気の理由とは

 

 

若い世代に、平屋が人気なのは、ズバリ!自分の思い描く理想の暮らしを実現するのに最適だからです。

 

自由な設計で理想のライフスタイルを実現

 

出典:ダイワハウス 「ハンギングチェアがおしゃれです。」

 

二階建てだと、様々な構造上の制限などがあり、自由な設計ができません。
例えば・・平屋だと、天井高を気にすることなく、まるで吹き抜けのような高い空間を簡単に作りだすことができます。
その高い天井から、外の光を思う存分、室内に取り込むこともできます。
さらに、思い切って梁を出し、そこにハンモックをつるしてみたり・・上の画像のようにハンギングチェアをつるしてみたり。
まるで、カフェや美術館のようなスタイリッシュでセンス抜群のな空間を演出することも可能です。

 

出典:三井ホーム 「縦と横の空間創造がすごいです。」

 

 

また、平屋は、階段を作る必要がないので、その分のスペースを、部屋を広げるのに使うことも、収納に使うこともできます。

 

このように工夫とアイディア次第で、平屋は、理想の住空間をいくらでも作ることができます。
自分のライフスタイルを最も表現できるのが平屋と、今後、若い世代にさらに人気が高まりそうです。

 

 

子育てに最適な住空間

 

平屋は、二階という空間がないので、その分、子供に対する目が行き届きやすく安心と人気です。
また階段もありませんので、階段から落ちたり、そこでの危険な遊びも心配する必要はありません。
常に、子供の気配を感じることができ安心できると、子供の安全面で、平屋は子育て世代に人気です。

 

 

動線が短く移動が楽

 

出典:エースホーム 「家事動線がよく考えられています。」

 

平屋は、ワンフロアなので動線が短く移動が楽と、仕事などで何かと忙しい若い世代に人気です。
小さな子供をみながら、効率よく家事をこなせるということで、子育て世代にも平屋は人気です。

 

上の画像の間取りは、平屋のものですが、キッチンのすぐ横にパントリーがあり、キッチンから、LDK、畳の部屋が見渡せ、全てキッチン中心の間取りです。
家事動線もいいですし、家事をしながら小さな子供を常に見守れる間取り。この平屋は、本当に素晴らしいです。
こういった間取りが可能と、平屋は人気があります。

 

 

ミニマムライフを実現

 

ミニマムライフという新しい暮らし方をご存知でしょうか?
これは必要最小限という意味のミニマル(minimal)から派生してできた造語で、その意味は、自分にとって本当に必要な物だけを持つことで、かえって豊かに暮らせるという考え方に基づくライフスタイルです。
快適な暮らしに必要なコンパクトな平屋が、このミニマムライフに合っており、若い世代の方だけでなく、ご年配の方にも人気なわけです。

 

 

以上が、平屋人気の理由ですが・・
この人気の平屋、あなたにとって理想の間取りとは何でしょうか?

 

次に、平屋の理想の間取りについて、その条件についてお話します。

 

 

 

 

 

 

平屋の理想の間取りの2つの条件とは?

 

既にお話したので、繰り返しになりますが、平屋の理想の間取りの条件は以下の2つです。

 

1つ目の条件

平屋ならではのメリットを最大限活かす間取りであること。
平屋のメリットを活かす間取りであれば、当然、暮らしやすい快適な住空間になるはずです。

2つ目の条件

おしゃれな外観、外から見て感じのいい平屋である、そんな間取りであること。

 

この2つの条件をクリアした間取りが、理想の間取りです。
では、平屋ならではのメリットとは具体的に何か?について、次のパートで話をします。

 

 

 

 

 

平屋ならではのメリットとは?

 

 

平屋ならではのメリットについて、実際にそこでの暮らしをイメージできるよう、できるだけ具体的にお話します。

ここでお話するメリットをできるだけ多く、間取りに取り入れることにより、その平屋での暮らしは、より快適になるはずです。
それが、私が考える理想の間取りです。

 

それでは、メリットをあげていきます。

 

高齢者に優しい

■1階と2階の上下の移動負担がないので、足腰が弱くなるであろう、高齢者には最適です。
■平屋は、階段がなく、段差もない、高齢者に優しいバリアフリーが可能です。
■階段や段差による転倒、怪我等の事故を予防できます。
■平屋は、各部屋の温度差を最小限にすることが可能であり、急激な温度差による血圧の急変動、最悪の場合は、脳出血や心筋梗塞などを引き起こす「ヒートショック」を防げます。

 

家族の気配

■平屋は間取りを工夫することで、家族の顔をお互いに見えやすくすることができます。
■例えば、リビングを中心にするこことで、自然と家族のコミュニケーションを増やすことが可能です。
■家族皆が同じフロアにいるので、常にお互いの気配を感じることができます。

 

子供の安全

■平屋であれば、二階もないので、常に家の隅々まで目が届きやすく、小さな子供の安全を確保しやすいです。
■階段がないので、階段からの子供の落下事故を防ぐことができます。

 

生活動線がシンプル

■平屋はワンフロアーなので、移動負担がなく、とにかく移動が楽です。
■さらに、段差も少ないので、移動がスムーズです。
■平屋は家事動線のいい間取りを作りやすいです。

 

構造的に強い

■平屋は、2階や3階がない分、地震の揺れにも、台風の風にも強いです。
■大地震でも平屋は、圧倒的に崩壊・倒壊するリスクが少ないです。
■とにかく災害に強い造りです。

 

理想のおしゃれ住空間を実現

■平屋は、耐震壁量が少なくすむので、大きな窓をとりやすく、部屋と部屋を大きな開口でつなぐことができます。
■平屋は、勾配天井や間取りを工夫することで、広々とした空間を確保できます。
■2階がない分、いくらでも天井を高くし、開放的にすることができ、その空間の活用の仕方により、住空間をさらに充実したものにすることができます。
■平屋は、採光面でも自由度が高く、例えば、天井に大きく広い窓を複数設けたり、天窓やハイサイドを設け、外の自然光を室内に思う存分取り入れることもできます。
■平屋は、自然光がたっぷりと降り注ぐ、快適な住空間が可能です。
■平屋に縁側やウッドデッキを設け、庭とのアプローチを強めれば、さらに開放感を増すことができます。
■大きな開口部を設け、屋外との連続性により、風、光、外の緑等を感じることができる、癒しの空間をつくることができます。

 

費用が安い

■平屋は二階がなくコンパクトなので、電気等の光熱費を抑えることができます。
■ワンフロアは、冷暖房効率がとてもいいので、冷暖房費を安くすることが可能です。
■平屋の新築は、材料費が安くなる傾向があります。
■平屋は構造がシンプルなので、メンテナンスも安くすみます。

 

以上のメリットをできる限り多く、平屋に取入れることで、理想の間取りを考えてみてください。

 

 

平屋でおしゃれな外観とは?人気の10のプランをご紹介します。

 

平屋と言えば、和風の普通の家で、地味で古臭く、おしゃれな外観とは、かけ離れたものというイメージをお持ちではないでしょうか?

 

しかし・・今は、昔の平屋とは大きく異なり、実際、センス抜群のおしゃれな外観の平屋が多数、建築されています。
工務店やハウスメーカーでも、そんなおしゃれな外観の平屋をラインナップし、力を入れて販売しております。

 

それでは、特に人気のおしゃれな外観の平屋をご紹介します。

 

 

 

出典:三井ホーム

 

こちらは、三井ホームの平屋ですが、アーリーアメリカン調で、デザイン性に優れた実におしゃれな外観です。
ドーマ、コーニス、ポーチコラムが建物のアクセントになっており、実におしゃれな外観を演出しております。

 

 

 

出典:セキスイハイム

 

シンプルで機能的な外観で、実におしゃれな外観の平屋です。
平屋なのに、天井が高く、吹き抜けの大空間がある間取りになっています。
建物の中央にある中庭、テラスが、半屋外の家族のくつろぎの場になっています。

 

 

 

出典:一条工務店

 

バリ島のリゾートホテルをイメージしたおしゃれな外観の平屋です。
平屋の全体が開放的な空間になっていて、まるでリゾートにいるような癒しの空間に仕上がっています。

 

 

 

出典:木下工務店

 

プチホテルのような住まいを希望され、その希望をかなえたおしゃれな外観の平屋です。
アプローチに敷き詰められた天然石がいい雰囲気をだしています。

 

 

 

出典:カリフォルニア工務店

 

白を基調としたサーファー向けの平屋住宅です。
アメリカの西海外の海辺にありそうな、実におしゃれな外観の平屋です。

 

 

 

出典:デザイン住宅のカントリータウンアンドカンパニー株式会社

 

本当に素敵でなナチュラルデザインハウス(Natural Design House)です。
こじんまりとした素朴でかわいらしい、ぬくもりを感じる、実におしゃれな外観の平屋です。

 

 

 

出典:ダイワハウス

 

こちらは寛ぐ平屋です。
古き良き日本の暮らしを受け継ぎながら、現代風にアレンジされた実におしゃれな外観の平屋です。

 

 

 

出典:ダイワハウス

 

こちらは、愉しむ平屋です。
小屋裏にロフトがある間取りの平屋で、ロフトの使い方も、そこに住む方のライフスタイルに合わせていろいろ。
建物前面にあるウッドデッキもアクセントになっており、こちらの平屋も本当におしゃれな外観です。

 

 

 

出典:住友林業

 

シンプルな切妻屋根が、庭の緑に美しく調和し素敵です。
屋根には太陽光パネルも設置されており実用的。
こちらも、本当に上品で落ち着いた感じの実におしゃれな外観の平屋です。

 

 

 

出典:スウェーデンハウス

 

ブルーの外壁にホワイトの窓枠がアクセントになり、さわやかな感じの北欧風の平屋です。
広い庭と広い空に映える実におしゃれな外観です。

 

 

 

以上、おしゃれな外観の平屋で、特に人気の10プランをご紹介しました。

 

 

 

平屋の理想の間取り、人気の10プランをご紹介します!

 

それでは、@平屋ならではのメリットを最大限活用した間取り、Aおしゃれな外観を演出する間取り、この2つの条件を満たした、理想の間取りを10プランご紹介します。

ここでご紹介する平屋の間取りを参考に、ぜひ、あなたにとっての理想の間取りを考えてみてください。
きっと最高の理想の間取りが見つかると思います。

 

 

 

平屋の間取り15坪

 

15坪のスペースとなると、全く余裕がありません。
しかし、間取りを工夫することで、家族3人程度であれば、快適に過ごせる平屋は充分可能です。
平屋の可能性、奥深さを感じられます。

 

 

14坪・2LDK・西玄関の間取りプラン

 

レンガ色の落ち着いた感じのおしゃれな外観に仕上がった平屋です。

 

出典:アーキビジョン21

 

14坪 / 西玄関位置 / 延床面積/13.94坪の2LDKの平屋間取りプランです。
住宅の機能を集約した究極のシンプルな平屋間取りです。
部屋を壁で間仕切ると狭さを感じるので、その代わりに、視線をを遮った部屋の間取りにすることで空間を程良く区切っています。
玄関もLDKの中に取り込み、廊下を設ける必要がなく、ここも空間を広く見せるための間取りの工夫が感じられます。
この間取りであれば、夫婦、子供1人、全く問題なく快適に過ごせます。

 

 

 

平屋の間取り20坪

 

ここでは、20坪の平屋の間取りを実例をあげて解説します。

国土交通省では、豊かな住生活の実現や多様なライフスタイルを送るために必要な住居面積を、最低でも1人の場合で25u、2人の場合で30u、3人の場合で40u必要だと言っています。
都市部を想定した場合、本来であれば、1人の場合で40u、2人で55u、3名で75uの広さが必要だそうです。

 

このデータを前提に20坪(66u)の平屋を考えてみます。
例えば3人で暮らす場合ですが、最低の40uはクリアしてますが、75uには足りません。
20坪と限られた広さの平屋で、快適な暮らしを実現するためには、かなり間取りを工夫する必要があるわけです。
おそらく子供が2人いる4人家族で住むとなると、20坪では少々狭いと思います。

 

 

20坪・1LDK・東玄関のI字型の間取りプラン

 

出典:住友林業の家

 

20坪 / 東玄関位置 / 建築面積:67.90u / 延床面積/66.24uの1LDKの平屋間取りプランです。
南の庭に面したLDKと寝室には、大きな窓があり、そこからたっぷりと自然光が降り注ぎます。
四季の移り変わりを、肌で感じることができる心地よい間取りの平屋です。
また、キッチン、LD、バス、パントリー、勝手口と家事動線も完璧の間取りになっています。
平屋の建物を東西に長くI字型に配置することで、南側に大きな窓も設け自然光を取り入れることができる、明るさ重視の間取りです。

 

 

22坪・2LDK・南玄関・ロフト付き間取りプラン

 

出典:ミサワホーム

 

22坪 / 南玄関位置 / 建築面積:81.15m2 / 延床面積:73.35m2 の2LDKの平屋間取りプランです。
玄関と廊下をはさみ、LDKとプライベートスペース(寝室と和室)を2つに分けた間取りプランです。
上部にロフトが2か所設けてあり、収納力もあり、暮らしやすい間取りとなっています。
キッチンからLD、バス、パントリー、勝手口がすぐで、家事動線も完璧の間取りです。

 

 

27坪・3LDK・東玄関の間取りプラン

 

出典:ミサワホーム

 

27坪 / 東玄関位置 / 建築面積:101.02m2 / 延床面積:91.09m2の3LDKの平屋間取りプランです。
和室をはさんで、ファミリースペースのLDKとプライベートスペース(子供部屋と主寝室)を設置。
プライベートスペースは、玄関をはさんで、子供部屋と主寝室は2分されています。
リビングと和室は広縁でもつながっており、この広縁でゆったりとした時間が過ごせそうです。

 

 

 

平屋の間取り30坪

 

次に30坪の平屋の間取りについてお話します。

 

30坪となると、20坪の1.5倍とかなり広く、スペースの制限を受けることなく、自由に間取りを決めることができます。
広いので部屋数も確保でき、子供が2、3人いても、それぞれに居室を与えることが十分可能です。
ちなみに、平屋の30坪の間取りをみると、4LDKの間取りが多く、余裕のある暮らしを送ることができます。

 

 

 

35坪・1LDK・西玄関・ロフト付きの間取りプラン

 

大きな屋根がアクセントになったおしゃれな外観の平屋です。

 

出典:アーキビジョン21

 

35坪 / 西玄関位置 / 延床面積:35坪(1階:23坪 / 2階:12坪)の1LDKの大きなロフト付きの平屋間取りプランです。 
大きなロフトは、ゲストルームに、子供部屋に、ご家族の趣味の部屋に、収納スペースに・・様々な用途に使えます。
このロフトをどのように使うか考えるだけで、ワクワクする平屋間取りです。
この平屋は、キッチンからLD、勝手口、バス、パントリーと全て近く、家事動線に優れており、家事を効率よく行うことができます。。

 

 

 

30坪・2LDK・南玄関・中庭付きの間取りプラン

 

出典:三井ホーム

 

30坪 / 南玄関位置 / 建築面積:133.42u / 延床面積: 100.20u の2LDKの中庭付きの平屋間取りプランです。
テーマは、街の平屋で、中庭がある間取りになっています。
LDK、2つのベッドルームは、全て中庭に面しており、そこを介して、家族がお互いに気配を感じることができ、一体感が感じられる間取りになっています。
LDKには、大きなフルオープンの窓もあり、そこからの光と風が、気持ちよく、快適な空間になっています。
この平屋には、建物と一体化したガレージもあり、こだわりの愛車を駐車するスペースになっており、車好きにはたまらない間取りです。

 

 

 

30坪・3LDK・北玄関・土間付きの間取りプラン

 

 

白くスクエアなフォルムがモダンな印象のおしゃれな外観の平屋です。

 

出典:住友林業の家

 

30坪 / 北玄関位置 / 建築面積:109.30u / 延床面積: 102.47u の3LDKの平屋間取りプランです。
LDKは、南のテラスリビングとつながり、大きな窓から、風と光が入る明るい、快適な空間の間取りです。
玄関の土間も、趣味の道具等を収納できたり、暮らしを豊かにしてくれる役割があります。

 

 

 

31坪・4LDK・東玄関・I字型(長方形)の間取りプラン

 

出典:住友林業の家

 

32坪 / 東玄関位置 / 建築面積:105.99u / 延床面積:102.68u の4LDKのI字型(長方形)の平屋間取りプランです。
プライベートスペースの各居室(寝室・洋室が2部屋)の入口が全て、LDKに面しているため、部屋への出入りは全てLDKを通るため、常に家族の気配を感じることができる間取りとなっています。
平屋の建物を東西に長く配置するI字型(長方形)の間取りにすることで、LDK、和室の南側の窓から、自然光を取り入れることができます。

 

 

 

 

平屋の間取り40坪

 

今回は、40坪の平屋の間取りを取り上げます。
40坪となれば、かなり広いので、思う存分自由な間取りの平屋を建てることが可能です。
平屋ならではのメリットを最大限活かし、おしゃれな外観の平屋を、ぜひ、建てていただければと思います。

 

 

 

43坪・3LDK・西玄関の間取りプラン

 

大きな切妻屋根の開放感たっぷりのナチュラルな味わいあるガレージハウスで、おしゃれな外観の平屋です。

 

出典:BAUHOUSE -住まい設計工房バウハウス-

 

43坪 / 西玄関位置 / 延床面積: 142.01m2 の3LDKのガレージハウスの平屋間取りプランです。
犬専用の部屋もあり、大きなガレージもあり、暮らしを、趣味を思う存分楽しめる間取りになっています。

 

 

 

40坪・4LDK・北玄関・土間付きの間取りプラン

 

大開口とテラスの心地よさが活きる寄棟屋根の平屋で、実におしゃれな外観です。

 

出典:住友林業の家

 

40坪 / 北玄関位置 / 建築面積:140.14u / 延床面積: 134.98u の4LDKの土間付きの平屋間取りプランです。
南のテラスに向け、LDKには、大きなフルオープンの窓があり、明るい快適な部屋の間取りです。
深い軒があるため、夏の日差しが遮られ、夏も快適な空間です。
キッチンの隣には家事室もあり、家事動線を良く、家事もスムーズに行える間取りです。

 

 

 

まとめ(理想の間取りに出会うために何をすればいいのか)

 

以上が、平屋の理想の間取りです。

 

どれも、人気のあるタイプの平屋の間取りばかりですが、あなたの希望する間取りプランは見つかりましたでしょうか?

 

繰り返しになりますが、平屋の理想の間取りを考える場合、まずは、平屋ならではのメリットをできる限り盛り込む感じで間取りを考え、次に、おしゃれなセンスのいい外観を考えます。

 

その作業を、ご家族皆で楽しみながら、進めるといいです。

 

現在、平屋は、高齢者、シニア世代〜若い世代まで、幅広く人気があり、ハウスメーカー、工務店も、かなりこの平屋には力をいれており、かなり多くの住宅商品が販売されております。

 

ここで、いくつか人気の平屋間取りプランをご紹介しましたが、正直、どの間取りがいいのか、どこにお願いすればいいのか、わからいのではないでしょうか?

 

そこで、おすすめしたいのが、以下の方法です。

 

■まず、あなたの希望する、ご家族が希望する事項を全てピックアップしてみます。

 

■それを、複数のハウスメーカー、工務店にぶつけ、間取りプランの作成、見積もりを依頼します。
(依頼は、ネットで簡単にできます。要望がはっきりしているのであれば、手続きは数分で終わります。)

 

■そして、各社から提案のあったいくつかの間取りプランを検討し、当然、費用も含め検討します。

 

■最終的に残った1社と、さらに詳細をつめ理想の平屋を作り込んでいきます。

 

 

 

仮に、依頼したいハウスメーカや工務店が決まっていたとしても・・

他のハウスメーカーや工務店からも間取りプランや、見積もりをとるといいです。
(仮に、最終的に契約をしなくても費用は一切かかりません。全て無料なのでご安心ください。)
参考になるいいアイディアがでてくるかもしれませんし、他社の見積もりと比較することで、適正な価格、相場を知ることができます。

 

 

つきましては、ぜひ、こちらをご検討いただければと思います。

 

 

 

 

 

平屋の間取りを無料で作成したい方へ

 

 

平屋の間取りを考えるのは、素人にはまず無理。
プロに依頼するにしても、会って話をする必要があったり、時間もとられ面倒。
しかし・・そんなご心配は一切無用です。
平屋に関する最新情報の収集もかねて、ご紹介するサービスの利用を、ぜひ、ご検討いただければと思います。

 

 

 

こちらの「タウンライフ家づくり」は、無料でプロ(複数の)に平屋の間取りを作成してもらえるサービスです。
■見積もり依頼と間取りの作成を、ハウスメーカー、工務店に一括依頼できます。
■住宅展示場にも行かず、各社の担当と話も一切しないで、ご自宅で情報収集できます。
気になる間取りプランを提案したところとだけ、話を進めればいいだけです。
■気に入らなければ、メールで断るだけです。(気まずい電話も不要)
■正式契約しなくても、いくら見積もり、間取りプランをとっても全て無料なので、気軽に依頼をするといいです。

 

まずは、サービスの詳細をご確認いただければと思います。
→ タウンライフ家づくり

 

 

 

 

 

 

 

 

↑  ↑

こちらをクリック!!

 

 

 

 

平屋が人気!おしゃれな外観の理想の間取りとは?記事一覧

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は、超ローコスト住宅の平屋について取り上げます。まずは、超ローコスト住宅とは何か、ローコスト住宅と何が違うのか、そして、超ローコストの中でも安過ぎる500万円、実際、平屋の新築が500万円の激安で販売されているのか、具体的な間取りも含め解説します。次に、...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は、平屋で20坪〜30坪クラスの間取り図を考えたいと思います。この20坪という広さは、一般的な住宅の坪数が35〜40坪なので、それに比べると少し狭いです。その限られた広さの平屋を、家族みなにとって、快適で暮らしやすいものにするためには、間取り図上で、いく...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は、30坪クラスの4LDKの平屋の間取り図を取り上げます。いかにして、この4LDKの間取りを快適で住みやいものにするかを、事例をあげながら解説します。この30坪クラスの4LDKとなると、部屋数としてもかなり広い平屋になります。例えば、子供が3人いるような...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。平屋が人気で、素晴らしいのはわかるが・・具体的にどんな外観、どんな間取りの平屋にすべきなのか?おしゃれで、住みやすい平屋にしたいが、具体的にどうしたらいいのか?・・・全くイメージできない、わからない。どんな平屋にしたらいいのか、全くイメージできない・・がこん...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は、平屋の間取り25坪について取り上げます。25坪の広さは結構人気があり、その中でも人気があるのが3LDK・南玄関の間取りです。まずは、25坪・3LDK・南玄関の平屋の間取りについて、良い点、気になる点など特徴をお話します。それに関連し、平屋におけるロフ...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は、人気の間取り3LDKについて、様々な点から考察していきます。まずは、玄関の位置別に、南玄関、西玄関、北玄関、東玄関の間取りについてみていきます。そして、3LDKの間取りについて、さらに掘り下げていきます。そもそも3LDKの平屋に、客間の和室、便利なロ...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は平屋の2LDKを徹底的に考察します。まず、人気の南玄関、ロフト付きの間取り、玄関では一番人気の東玄関の間取り、さらに、30坪、広い40坪クラスの間取りもご紹介します。そして、2LDKの平屋を建てる場合の相場、価格についてお話します。最後に、気になる価格...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。一級建築士事務所haus - デッキの写真はこちら - Houzz今回は、平屋における中庭を徹底的に解説します。最近、平屋に中庭を設けることを検討される方が増えてます。中庭をおくことで、外の風や光を室内に多く取り込み快適性をアップさせることができたり、中庭を...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は平屋の間取り(50坪)を考察します。50坪となると床面積がかなり広く、普通の方は、ここまで大きい平屋を建てません。特に都市部ですと、広い土地を確保することが難しいこともあり、50坪の平屋は本当に少ないです。それに、そもそも50坪もの広さは、通常の家族が...

平屋の間取り図の12のチェックポイントをまとめてみました。理想の平屋を建てたい方、絶対に失敗したくない方は、ぜひお読みいただければと思います。今回は、平屋の間取り5LDKのプラン考察したいと思います。平屋で5LDKともなると、延床面積の広い、部屋数の多い家になります。特に都市部はそうですが、そこまで大きな平屋は、本当に少ないです。そんな5LDKの間取りの平屋ですが、その多くは、お子さんが三人とか、...

TOPへ