リフォーム業者・会社の選び方その3【営業年数】

 

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

リフォーム業者の選び方について、引き続き解説します。

 

今回は、3つめのポイント、営業年数の確認ですが、ここはとても重要です。

 

ズバリ!営業年数の短い業者は、絶対にやめておくべきです。

 

その理由は、後ほど、解説しますが、リフォームの仕上がりに大きく影響します。

 

ちなみに・・

 

営業年数は、望ましいのは、5年以上の事業者がよく、どんなに譲歩しても、2年以上は、絶対に必要です。

 

この経験は、リフォーム事業に携わっている期間で、よく誤解される方がいるのですが、新築の経験ではありません。

 

ここ、ご注意ください。

 

 

チェックされるといいです!

 

■リフォーム箇所、目的別に、成功ノウハウがぎっしり、わかりやすく書かれています。
→ 失敗しないリフォームのために。リフォームノウハウ満載【ホームプロ】

 

 

新築とリフォームでは業務内容が全く違います。

 

なぜなら、新築とリフォームでは、業務の内容が全く異なり、新築経験、新築事業の営業年数は、参考にはなりません。

 

例えば、リフォームでは、今回、手を入れる部分と、手を入れない部分があり、その調整とか、今回、手を入れない、リフォームしない部分を汚さないよう養生をするとか。

 

さらに、リフォームの場合、当然、そこに住民が住んだままのケースが多いわけですが、日々の片づけとか、新築の場合とは、異なります。

 

その他にも、解体とか、廃材の処理とか、新築とはいろいろな点で異なります。

 

リフォームには、リフォーム特有のノウハウが必要であって、考え方によっては、新築よりも、難しく手間がかかるとも言われています。

 

こういった事情から、新築事業に携わった営業年数が、いくら長くても、それが、リフォーム事業も得意ということには、全くなりません。

 

あくまでもリフォーム事業の経験、営業年数で判断しましょう。

 

営業年数が結構、長いので、安心してリフォームを依頼しようとしたところ、よくよく確認してみると、営業年数のほとんどが、新築事業の営業年数ということもありますので、ご注意ください。

 

リフォーム事業者の選び方で、こことても重要なポイントです。

 

なぜ、リフォーム事業の営業年数が重要なのか、その理由は?

 

リフォーム工事の仕上がりは、職人の腕次第であり、施行の出来栄えは、そこに携わった職人さんによります。

 

わかりますよね。

 

当然、腕のいい職人さんが行ったリフォームの仕上がり、出来栄えが、いいわけです。

 

現在、優秀な職人さんが減っており、そのせいもあり、リフォーム事業者の間で、奪い合いになっているとも言われています。

 

優秀な、多くの職人を、いかにして確保するかが、リフォーム事業者にとって、重要なわけです。

 

そして、そういった優秀な職人たちと、安定的な関係を構築するには、最低でも、2年以上、できれば5年以上は、必要ということです。

 

リフォーム事業の営業年数が短いところには、そういった腕のいい、職人は、少ないのでは、ないかということです。

 

ただし・・

 

腕のいい職人が独立してリフォーム事業をはじめたとか・・

 

腕のいい職人さんを抱える会社を、職人とセットで買収したとか・・

 

といったケースもあるので、一概に、営業年数が短い、リフォーム事業者には、腕のいい職人さんがいないということないはなりません。

 

ケースバイケースで、確認するのがいいと思います。

 

以上、リフォーム事業者の選び方、3つ目の、営業年数でした。

 

 

 

 

 

ありがとうございます!
なぜ、リフォーム事業を選ぶのに、営業年数が重要なのか、
その理由も含め、よ〜く理解できました。


 

 

よ〜くご理解いただけて、よかったです。
あと、営業年数の確認も、あくまでもリフォーム事業に限るという点は、勘違いされている方も多いので、ご注意くださいね。

 

ぜひ、リフォーム業者と契約する際に、参考になさってください。


 

 

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

実際に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

TOPへ