庭をコンクリートにするための費用・値段は?:最初に

 

 

まず初めに、今回のテーマである「庭をコンクリートにする」について解説します。

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

庭をコンクリートにする施工を希望される方は、他のリフォームと比べても、かなり多いです。
なぜ、そこまで多くの方が希望されるのでしょうか?
多くの方があげる理由は、1つは雑草対策、2つ目はコンクリートの駐車場のメリットです。

 

まずは、皆さんが、庭のコンクリート施工を希望される、その理由について解説していきます。
1つ目の雑草対策については、私の雑草対策、その雑草との格闘体験もご紹介していきます。

 

そして、気になる庭をコンクリートにする費用・値段についてお話します。
結論からお話しますと、その施工にかかる費用・値段は、1u当たりの単価は、約8000円〜10,000円になります。

 

さらに、具体的な進め方を、様々なポイントで解説していきます。
施工業者への見積もり依頼の仕方、その他、施工事例、施工の際の注意点、DIYでの対応の可否についても解説します。

 

これから解説することは、きっと、参考になると思います。
最後まで、よろしくお願いします。

 

それでは、はじめます!

 

 

 

庭をコンクリートにする理由:砂利より雑草対策として効果抜群!

 

「コンクリートで、こんなおしゃれなお庭ができます。」

 

庭の最大の悩みが雑草対策です。
まめに刈っても、気付くとどんどん増えてしまうのが雑草です。
特に夏は、あっという間に雑草が伸びてしまい、本当に困ったもので、その対応に皆さん、疲弊されてます。
庭は、外から目に付く場所なので、雑草対策に手を抜くわけにはいかず、かなり負担に感じていらっしゃる方も多いと思います。
庭をコンクリートにすれば、当然、雑草も生えませんから、雑草との格闘からも解放されます。

 

なお、雑草対策のために、庭に砂利を敷くケースもあるのですが、残念ながら、砂利を敷くだけでは、雑草対策として不十分で、雑草は生えてきます。
時間の経過とともに、砂利が地面に埋没し、その隙間から雑草が生えてくるわけです。
よく雑草対策をより強化するために、砂利の下に、防草シート(砂利下シート)を敷きます。
しかし、雑草対策として最も効果があるのは、コンクリート施工です。

 

 

庭をコンクリートにする理由:駐車場として使用!

 

 

庭をコンクリートにすれば、駐車場としても使えます。
雨が降っても、足元がぬかるんだりすることもありませんし、土ボコリを車内に持ち込み、車を汚すこともありません。
よく庭に使われている砂利よりも、歩きやすいですし、コンクリートにするメリットは、本当に大きいです。
そもそも、コンクリートの駐車場は、スッキリ清潔で、お洒落で、見た目にも良いので、検討の価値は大きいです。
コンクリートの目地をうまく活用することで、センスのいい駐車場もできます。(目地にはデメリットもありますが

 

 

庭をコンクリートにする費用・値段は?

 

 

庭をコンクリートにするためにかかる費用、値段は、1u当たり単価、約8,000円〜10,000円です。
庭の広さによって、費用、値段は変わってきます。

 

この1u当たりの単価には、庭をコンクリートにするための様々な施工にかかる費用が含まれています。
■重機で掘削し、施工する面を平らにしたり、それにより生じた残土を処分するための運搬します。
■コンクリート施工後の沈下を防ぎ、施工面を均一に平坦にするため、砕いた石(砕石)を敷き詰めます。
■重いコンクリートが自重で沈まないよう基礎部分の下地をつくるため、転圧機で砕石を押し固めます。
■さらに、コンクリートを流すための型枠を設置します。
■コンクリートの強度を高めるため、コンクリートを打設する箇所ににワイヤーメッシュ張り巡らせたり、目地を設けたりもします。
■コンクリートの打設、コンクリートの表面の仕上げをコンクリートが固まる直前に行ないます。

 

※この単価の金額は、施工内容により、また地域によっても金額が、結構、異なりますので、あくまでも目安としてお考え下さい。

 

参考までに、車の台数別の費用、値段を掲載しておきます。

 

車1台(15u) 車2台(30u) 車3台(45u) 車4台(60u)
120,000円〜150,000円 240,000円〜300,000円 360,000円〜450,000円 480,000円〜600,000円

 

参考)駐車場をコンクリート敷きにする際の記事です。
駐車場をコンクリート敷きにする費用を台数別に徹底解説!

 

 

 

 

 

 

庭をコンクリートにする施工は、どこの業者に依頼すればいいのか?

 

庭をコンクリートにする際の費用、値段について解説しました。

 

あなたは、この後、どのように進めればいいのか、おわかりですか?
まず、リフォーム施工業者に見積もりを依頼する必要があります。

 

しかし・・

 

見積もりの取り方、何社見積もりを取ればいいのか全くわからないのでは・・ありませんか。
でも、ご安心ください、流れをお話します。

 

まず、庭をコンクリートにする費用、値段を確認するには、リフォーム業者に、見積もりを依頼する必要があります。

 

ただ・・
1社の見積もりではダメなんです!!

 

適正な費用、価格がわからない
(中には高額な請求をしてくる業者もいるので要注意です)
→ 私は、あと少しで大損するところでした。(体験談)
業者が提案する施行内容が適正なのかわからない
リフォームプラン、アイディアが充分でない
(他のプラン、アイディアと比較することが重要)

 

 

そして・・複数の見積もりを比較検討することが重要です。

 

ここは、最低でも3社の見積もりを集めるのがいいです。
絶対に、庭をコンクリートにするのは、成功させたいので、そこは確実に進めたいところです。

 

 

リフォーム業者から最低でも3社の見積もりをとり、比較検討することが重要ということは、ご理解いただけたと思います。

 

しかし・・・・
このリフォーム業界はトラブルが多いです。
どのリフォーム業者が信頼できるのか、どこに施行を依頼していいのか全くわからず不安ではないですか。

 

リフォームの知識も、リフォーム業界についても、よくわからない方には、全て自分一人で対応するのは無理です。
リフォームのトラブルは、本当に多いので注意が必要です。 → リフォーム詐欺事件

 

 

しかし、これら全ての疑問や不安は、ここ「リフォーム比較サイト」を活用することで、全て解消!!
安心して、庭のコンクリートの施工工事を進めることができます。

 

 

■現在の庭の悩みや要望に合わせたアイデア&アドバイスが複数社からもらえます。
各社の提案してくるアイディア、アドバイスにより、より完成度の高い、施工内容にすることができます。
■庭のコンクリート施工工事の費用の見積りを、複数集めることができます。施工業者によっても費用は異なります。
■庭の広さや形状応じた、ちょっとした一工夫やあなたの生活スタイルに合ったプランを複数の専門家から入手できます。
各社が提案してくるプランの素晴らしさに、きっと驚かれると思います。

 

 

「リフォーム比較サイト」を使えば、これら全てを完全無料で、簡単な方法で行えます。
※検討の結果、その業者との契約を断った場合でも、全て完全無料です。
見積もりを取っても、契約義務はありません。
(断るのも、業者に直接言うのではなく、ネット上で行うので、気まずい思いをすることはありません。)

 

全てネット上で、最短3分で終わる、3ステップの簡単な手続きで、一括で見積もりの申請ができます。

 

 

技術力あり、経験豊富な、信頼できる外構業者・庭工事業者を、全国300社以上の中から紹介されます。
紹介される施工業者は、厳格な審査に合格した、国家基準を満たした信頼できる優良会社です。
リフォームの詐欺事件のようなトラブルに巻き込めることは、絶対にありませんので安心です。

 

 

リフォーム比較サイトのタウンライフリフォームは、TVでCMを行っていませんので、あまり有名ではありませんが、なんと、評判や口コミにより、これまで累計で112万人もの方が、ここを利用しております。
また、「利用満足度」、「使いやすさ」、「サイト利用者安心度」で、それぞれ第1位を獲得しており、ここを利用しない手はないと思います。
仮に、ご自分の知り合いに工務店がいたとしても、タウンライフリフォームをうまく使い、より完成度の高い、庭のコンクリート施工を目指して欲しいです。

 

 タウンライフリフォームの詳細情報はこちらです

 

 

庭のコンクリート工事の費用は、施工業者によっても、地域によっても、金額がバラバラです。
まずは、見積もりをとり、費用の相場をつかむことが重要です。
相場を知ることで、安い費用で発注することができます。
理想の庭を、ぜひ、手に入れてください!!

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

リフォームの費用をできる限り安く抑えたい方へ

 

とにかく安く、そしてリフォームを確実に成功させたい方には、ぜひ、ご検討いただければと思います。私も複数回利用したことがありますが、リフォームは成功し大満足です。

 

こちらの3つの「リフォーム比較サイト」は、それぞれ、特徴があり異なりますが・・
各サービスの共通する事は、あなたが計画されるリフォームに、最も適した地元の優良リフォーム業者を複数厳選し紹介してくれることと、全て無料ということです。

 

とにく有名大手リフォーム会社との提携に強かったり、業界最大手で信頼度抜群であったり、まだ規模は小さいですが、お客様第一のポリシーが感じられたり・・いろいろです。
→ 詳しくは、こちらのページで

 

 

 

庭をコンクリートにした施工事例とは?

 

庭をコンクリートにした施工事例をご紹介します。

 

まずはじめに・・

 

 

一戸建てのケースで、庭を土間コンクリート敷きにしました。
施主さんも、雑草対策の心配が不要だと、喜ばれています。
よくご覧になるとわかると思いますが、コンクリートに可愛い足型の模様が埋め込まれています。
施主さんのアイディアで、ホームセンターで売っている小石をコンクリートに埋め込んでいます。

 

庭のコンクリートの施工費用、値段は、80万円で、施工期間は1週間です。

 

次の施工事例は・・

 

 

こちらも一戸建てのケースで、庭をコンクリート施工した例です。
ご高齢になり、雑草対策が大変だとのことで、庭と通路にコンクリート打設した事例です。
コンクリートにしたため、雑草との格闘もなくなり、手入れが楽になった好評です。
コンクリートで庭が、無機質になってしまうと、中央に、植物を植えてアクセントを付けてます。

 

庭のコンクリートの施工費用、値段は、57万円で、施工期間は1週間です。

 

以上、2つの施工事例をご紹介しましたが、やはり、雑草対策のために、庭をコンクリートにするケースが多いです。

 

 

 

庭をコンクリートにする際の注意点とは?

 

 

次に庭をコンクリートにする際の注意点を解説します。

 

コンクリートがひび割れを起こしやすい。
コンクリートは、耐久性に優れていて、メンテナンスが不要というメリットもありますが、どうしてもコンクリートの性質上、ひび割れを起こしやすいというデメリットがあります。
コンクリートを打設する際には、施工において、ひび割れ防止を徹底するようにしましょう。
→ 参考の記事:「駐車場をコンクリート敷きにする費用を台数別に徹底解説!」の「駐車場のコンクリートのひび割れとは?」
コンクリートがひび割れてくると、外構の美観も損なわれてしましますので、この点は注意が必要です。

 

照り返しが強くなる。
おそらく最大のデメリットだと思うのですが、庭をコンクリートにすると、照り返しが強くなります。
特に、夏は、ひどくなりますし、また、見た目にも、グリーンが少なくなるので、涼しげな感じでなくなります。
庭の使い方を、よく検討する必要があります。

 

ガーデニングができなくなる。
庭全体をコンクリートにすると、当然ですが、ガーデニングができなくなります。
少しでも、緑のスペースを残すべきか、ただし、そのスペースが狭すぎると植物の生育が悪くなります。
庭をどのように使うのか、よく検討する必要があります。

 

コンクリートの撤去に費用がかかる。
一度、コンクリートを打設すると、簡単にはリフォームできなくなります。
当然、再度庭をリフォームする際には、コンクリートを撤去し、その費用がかかってきますので、注意が必要です。

 

 

ここまで、庭をコンクリートにするデメリットについて、注意点をお話しましたが、当然、メリットもあります。

 

コンクリートは、耐久性に優れ、メンテナンスが不要であり、当然、雑草対策を心配することもなくなります。

 

コンクリートの庭は、掃除も楽です。

 

コンクリートの庭は、見た目に都会的でセンスがあり、おしゃれです。

 

 

庭のコンクリート施工をDIYでできるか?

 

 

庭の一部や通路を土間コンクリートにしてみたいと、それもDIYに挑戦をしたいという方が、結構、多いです。

 

当然、仕上がりの出来は、プロにはかないませんが、費用を安く抑えたいとか、思い出をつくりたいとか・・そんな理由でチャレンジされるようです。

 

ただし、自分で生コンクリートを練るのは、かなり重労働なので、できれば、生コンクリートを製造している、プラントに依頼するのがおすすめです。

 

ホームセンターで、生コン(セメント、砂、砂利、水を混ぜ合わせたもの)をつくる材料は全て売っておりますが、大量の量の生コンをつくるのは、本当に大変です。

 

コンクリートを水平に打設すると、表面に雨水がたまりますので、雨水が流れるよう勾配をつける必要があり、結構、作業は微妙で大変です。

 

その他、その庭に打設したコンクリートを、駐車スペースとしても使うのであれば、コンクリートの基礎を強固にする必要があり、施工工程は結構大変です。

 

歩行するだけであれば、コンクリートの厚み、基礎の砕石の量もすくなくすみます。

 

庭のコンクリートの用途に応じて、施工作業も変わってきます。

 

駐車場のコンクリート施工について→ 参考の記事:「駐車場をコンクリート敷きにする費用を台数別に徹底解説!」の「駐車場をコンクリートにする1u当たりの単価とは?」

 

基本的に、コンクリート施工に必要なものは、例えば、メッシュなんかも、ホームセンターでそろいますので、DIYで行うことも可能です。

 

しかし・・コンクリート施工をしっかりやろうとすると、どの工程も、正直、かなり難しいです。

 

ここは、よほど腕に自信のある方以外は、やはり、仕上がり、耐久性などを考慮すると、専門の施工業者に任せるべきだと思います。

 

 

庭の雑草対策は本当に大変です!

 

雑草対策の参考になると思いますので、ここで、私の雑草との格闘体験をご紹介します。

 

 

まずは、こちらの写真をご覧ください。

 

こちらは、千葉県の九十九里にある賃貸物件の庭の様子です。
忙しくて、たまたま2ヵ月もの間、行くことがなく、久しぶりに行くと、雑草がすごいことに。
この後、数日もの間、草刈り機で、雑草と格闘し、本当に心身とも疲れましたね。

 

 

こちらは、草刈り機で雑草を刈った後に、撮影したものですが・・
なんか、雑なのがわかりますでしょうか。
最後は、疲れてしまい、このように雑になりました。

 

自分で経験して、この雑草対策が、本当に大変で、皆さん、悩まれているのが、よくわかります。

 

自分の自宅の庭ではなく、たまに行く別荘であるとか、使っていない土地であるとか・・そんな場所の雑草は、毎日、こまめに雑草を刈るわかにもいかず、どうしてもまとめて刈ることになります。

 

その場合、雑草は1年に3回刈るのが理想です。
6〜7月、9〜10月、11〜12月が草刈りに適した時期だそうです。

 

6月〜7月の夏の季節
この季節は、雨がよく降り、雑草が驚くほどの勢いで伸びます。
6月〜7月に雑草を刈っておくことで、雑草が大きく伸びるのを防ぐことができます。

 

9月〜10月の秋の季節
徐々に、気温が低くなり雑草の伸び方が鈍くなってきます。
このタイミングで刈ることで、今後の雑草の伸びを抑えることができます。

 

11月〜12月の冬の季節
この季節の草刈りは、他の2回とは異なり、枯れ草の除去が主な目的です。

 

年に3回行う雑草対策で、効率的な草刈りができます。

 

草刈り機を使う除草作業の1u単価は、73円〜138円で、これに除草対象面積をかけた金額が、除草作業料金になります。
そのu単価には、除草集積作業、残材運搬作業、材料費等(油・刃損耗他)、処理業者委託料(残材処分費用)が全て含まれています。

 

一方、手作業の除草作業料金は、同じく1u単価は、170円〜224円と、かなり高額です。
そのu単価には、除草集積作業、残材運搬作業、処理業者委託料(残材処分費用)が全て含まれています。

 

やはり手作業の方が草刈り機の作業より、はるかに大変な作業なので、その分高額なわけです。

 

以上、庭の雑草対策の、草刈りについて解説しましたが・・
いかに大変かが、おわかりいただけたと思います。

 

こういった重労働で気苦労が絶えない雑草対策を避ける意味でも、庭のコンクリート施工は人気になんですね。

 

 

 

 

もう一つの庭の雑草対策とは?

 

ここで、雑草対策のもう一つとして、除草剤の使用について解説しておきます。

 

まずは、こちらの画像をご覧ください。

 

 

一部(画像の左側)が、異常なまでに雑草が枯れているのが、おわかりいただけると思います。
実は、これ、私が雑草対策として、液状の除草剤をまいた結果、このように雑草が枯れたのです。

 

雑草だけが枯れるなら良かったのですが・・
実は、除草剤の量が多過ぎたのと、まく範囲が広過ぎたため、周辺の芝生と花壇の花まで枯れてしまいました。

 

どのような除草剤を使うか、そのまく範囲、まく時の天候・・いろいろ注意すべき点があり、ここを間違えると、私の失敗のように、雑草以外の植物を枯らせてしまいます。
除草剤も、雑草対策として、効果的な方法ですが、難しく厄介です。

 

ここで簡単に除草剤についてお話しておきます。

 

除草剤には、液体タイプの「液剤」と、固形タイプである「粒剤」があります。
私は、液剤の除草剤を使いました。
液剤は土に浸透しやすく、雑草の枯れ始めるのが、早いというメリットがあります。
ただし、液剤は、薬剤が地中に残りにくく、効果が長続きしないというデメリットがあります。
おそらく、私が除草剤をまいたところも、そのうち・・雑草が元気よく生えてくると思います。

 

ちなみに、粒剤は効果が長続きするというメリットがありますが、水がかかって溶けないと効果が現れにくいとか、枯れ始めが遅いといデメリットがあります。

 

どちらの除草剤を使うのかは、雑草の状況、その周辺に植物があるか否かに応じて、慎重に検討する必要があります。

 

いずれにしても、除草剤をまくのも、草刈りと同様、結構、大変ですし、決定的な雑草対策ではありません。

 

ここからも、庭のコンクリート施工を希望される方が多い理由なんだと思います。

 

 

 

庭をコンクリートにする:最後に

 

 

最後に、今回のテーマ、庭のコンクリート施工に関するまとめです。

 

■庭をコンクリートにしたい理由は、主に、雑草対策と快適な駐車場です。
どちらも、庭をコンクリート施工することで、達成できます。

 

■庭をコンクリートにする費用・値段は、1u当たり、約8,000円〜10,000円です。
細かい内訳は、駐車場のコンクリート施工の場合の作業工程ごとの1u単価が参考になります。

 

■庭をコンクリートにする施行を、どこの施工業者に依頼をすればいいのかを解説しました。
リフォーム比較サイトのタウンライフリフォームを使い、3社から見積もりを取り、その見積もりを徹底比較し、その結果をもって、最終的に依頼先を決めます。
この進め方であれば、確実に、信頼できるリフォーム施工業者に依頼することができます。

 

■庭をコンクリートにした施工事例を見ていただきました。
これを参考に、進めていただければと思います。

 

■庭のコンクリート施工は、メリットもありますが、デメリットもあります。
そのデメリットでも問題ないのか、庭の使い方も考慮し、コンクリート施工については、充分検討する必要があります。

 

■庭のコンクリート施工をDIYでも可能ですが、きっちり作業を行うとなると、施工工程はかなり複雑かつ難解です。
よほど腕に自信のある方以外は、専門の施工業者にお願いをすべきです。

 

■私の実体験もご紹介しましたが、庭の雑草対策は大変です。
草刈りも、除草剤の使用も、大変ですし、決定的な雑草対策ではありません。
やはり、庭のコンクリート施工は一番効果が期待できます。

 

これらをふまえ進めることで、きっとあなたの庭のコンクリート施工は、成功すると思います。

 

以上、長くなりましたが、ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

TOPへ