平屋の4LDK(30坪)について(はじめに)

 

 

今回は、30坪クラスの4LDKの平屋の間取り図を取り上げます。

いかにして、この4LDKの間取りを快適で住みやいものにするかを、事例をあげながら解説します。

 

この30坪クラスの4LDKとなると、部屋数としてもかなり広い平屋になります。
例えば、子供が3人いるような大規模な家族でも、それぞれに充分な広さの個室を与えることもでき、快適で住みやすい間取りは可能です。

 

このように広い建物の場合、ついつい、どうでもいい無意味な部屋、無駄に広い部屋を作りがちですが、ここはスペースの無駄遣いをせず、じっくり間取りを検討しましょう。

 

 

 

 

使わない無駄な部屋があると、その存在だけでストレスになりますし、結果、住み心地の悪い家になってしまいますので、ご注意ください。

 

快適で済みやすい家は、部屋がただ単に広ければいいということではありません。

 

家族構成、各自の導線、特に家事動線・・などを考慮し、そこに住む家族全員でよく協議したうえで、間取り図を作成するといいです。

 

 

↑  ↑

こちらをクリック!!

 

 

それでは、平屋の4LDK(30坪)の快適で住みやすい間取り図例をご紹介します。

 

 

 

 

4LDKの間取りとは?

 

 

 

ここで、4LDKの間取りについて、簡単に確認しておきます。

 

4LDKとは、4つの部屋に加えて、リビングダイニングキッチン(LDK)がある間取りのことです。
LDK以外に4つの部屋があるわけですから、ファミリー向けの、それも大規模な家族の住まいにもおすすめです。

 

4つの部屋を洋室にするのか、和室にするのか・・配置はどうするのか、広さはどうするのか、その部屋の用途はどうするのか・・
こういったことを全て考慮しながら、じっくり間取り図の作成をしてみましょう。

 

 

 

 

4LDKの間取り図は・・
家族との交流時間、個々のプライベートの時間、両方とも充実させる間取りも可能ですが、どちらかをより充実させる間取り図も可能です。
家族構成等を、よく考慮して、間取り図を作成する必要があります。

 

ちなみに、小さいお子さんがいらっしゃるご家族が考える間取りは、家族との交流に重点を置いた間取りが多いです。
いくつか例をあげておきます。

 

できる限りLDKを広く、南側の、日当たりよく、風も取り込める快適な空間にしておき、子供部屋は、どちらかというと狭く、北側にもっていくとか。
いったんLDKを通らないと、子供部屋に入れないようにするとか。
当初は、子供部屋を大きな1つの部屋にしておき、後々、子供が成長したら、部屋を区切るとか。

 

 

 

 

 

 

平屋の30坪クラスの4LDKの間取り図例

それでは、平屋の30坪クラスの4LDKの間取り図例をご紹介します。
平屋を建てる際の参考になさってください。

 

 

 

30坪・4LDK・東玄関(東入り)・ウォークインクローゼット付きの間取り図例

 

 

 

出典:熊本の平屋住宅 ジャストホーム

 

 

4LDKの間取り図は、中央にLDKがあり、その東隣に6畳の和室と主寝室を、西隣に、2部屋の洋室の子供部屋を配する間取りとなっています。

 

全ての部屋がLDKと繋がっているので、家族間のコミュニケーションがとりやすいです。
このLDKは、平屋全体を一体感あるものにし、そこに住む家族全員が、お互いの気配を感じることができます。

 

また、子供部屋が2つ、主寝室もあり、家族が個々の時間も楽しめ、家族皆がびのびとくつろげる間取り図となっています。
家族との時間も、自分の時間もしっかりとれ、バランスがとれた間取り図です。

 

和室の引き戸をあけておけば、LDKと和室が一体となり、さらなる広がりを感じることができ、実に快適な空間になります。
この和室は、子供が小さい時は、子供の遊び場にもなりますし、お客様の部屋として、客間としても、様々な用途で使えます。

 

子供部屋への出入りは、全てLDKを通ることになりますので、仮に子供が部屋に引きこもったとしても、常に子供の気配をは感じることができる間取り図です。
LDKに子供部屋の入口をもってくるという間取りは、小さな子供がいる方には、参考になると思います。

 

さらに、この4LDKの間取り図例には、他にもいくつか特徴があります。

 

■収納面で優れた間取り図
主寝室に、ウォークインクローゼットがあり、子供部屋にはクローゼットが、和室には押入れがあり、収納力の高い間取りです。

 

■家事動線がいい間取り図
キッチンから洗面脱衣室、浴室が近く、家事がスムーズに進みそうです。

 

■廊下がない間取り図
廊下を一切設けず、空間を部屋として最大限活用する間取り図です。

 

 

 

 

31坪・4LDK・北玄関(北入り)・多数のクローゼット付きの間取り図例

 

 

出典:熊本の平屋住宅 ジャストホーム

 

まず、こちらの4LDKの間取り図の特徴ですが、それは、収納力が極めて高いという点です。

 

3つの洋室、1つ1つに大きなクローゼットがあり、リビングにも家族共有の大きなクローゼットがあり、LDKに接する和室にも、大きなクローゼットがあり、さらに廊下にも1つクローゼットがあります。
正直、ここまで収納を重視した間取り図は、あまり見たことがありません。

 

 

収納力の高い家は、住空間が、すっきりし本当に気持ちのいい、快適な空間になります。

今回ご紹介した間取り図は参考になると思います。
家族構成、家族個々の持ち物、家族共有の持ち物・・収納すべき物、その量などを考慮し、間取り図を作成することがポイントです。
一度、家族、全員の持ち物を全て洗い出すといいですよ。
その際に、この先使わないであろうもの、不要なものは、全て処分するといいです。
いわゆる断捨離というやつですね。

 

 

今回の間取りは、収納力以外についても、参考になるポイントが多数あります。

 

■プライベート住空間(3つの洋室)と家族皆のくつろぐLDKが明確にわかれており、家族との時間だけでなく、プライベートな時間も楽しめる間取りになっています。

 

■家事動線が、よく考えられた間取り図です。
キッチンから洗面所、浴室まで扉をあけるとすぐあり、一直線の配置になっており、家事がスムーズに行うことができる間取りです。

 

■LDKが広く、多用途の和室も隣接させ、家族みながくつろげる間取り図になってます。
LDKに隣接する和室もあって、さらなる広さを感じる、実に気持ちのいい快適な空間です。

 

 

 

 

32坪・4LDK・西玄関(西入り)・ウォークインクローゼット付き、コ型の平屋間取り図例

 

 

出典:住友林業の家

 

今回の平屋の4LDK間取り図例は、コの字型の平屋の間取り図例です。

 

コの字型の平屋は、都市部の住宅密集地において、通風・採光とプライバシーの確保が両立できる優れものです。

 

中央に庭があり、そこからLDKに光も風も入り、間取りを見るだけで、気持ちの良い空間であることがわかります。

 

洋室、和室も、この庭に面しており、庭を中心に、建物に一体感が生じているように思います。

 

くつろげるLDKがあり、そことの程よい距離にプライベート居室もある、家族のちょうどいい距離感が感じられる間取りです。

 

平屋ならではの良さが活かされた間取りになっています。

 

寝室には、4畳もある大きなウォークインクローゼットがあり、各居室にも十分な収納スペースが確保されており、収納力の高い間取りになっています。

 

 

 

 

35坪・4LDK・南玄関(南入り)・北リビングの平屋間取り図例

 

 

 

出典:アート建工

 

 

今回の4LDKの間取り図の特徴は、これまでの間取り図例とはかなり異なります。

 

敷地の左右に家があり、採光が採れるのは、道路のある南だけという、ある意味ハンディのある土地です。

 

そのような土地にも、かかわらず、LDKを北側に配したという驚きの間取り図です。

 

本来であれば、LDKは、彩光・通風を考え、南側にもってくるのが普通です。

 

しかし、今回は3台の駐車スペースを確保するために、LDKを北側にもっていきました。

 

LDKは、家族みんなが、くつろぐスペースであり、外の光と風を取り入れる、明るく開放感のある部屋にすべきです。

 

そのLDKを、単純に北側に配置したのでは、こういった条件を満たせず、くつろげない住空間になってしまいます。

 

 

今回の間取りは、これらLDKの快適化条件を全てクリアするために、光庭を、建物中央部に設け、その光庭を取り囲むように、LDK、和室、子供部屋を配置しております。

 

この光庭があるおかげで、LDK、子供部屋、和室の通風と彩光が確保され、それぞれ快適な空間となっています。

 

さらに、子供部屋が、LDKと和室に向き合う間取りになっているため、子供の気配をいつも感じることができる間取りになっています。

 

一方で、夫婦の寝室を南に配置したので、プライバシーも完全に確保されています。

 

 

実に、アイディア満載の素晴らしい間取り図例です。

 

平屋ならではの良さも活かされた間取りであり、平屋の可能性、奥深さが感じられます。

 

ハンディのある土地に平屋を建てようとされている方には、ぜひ、参考にしていただきたいと思います。

 

土地のハンディを、逆に利用し、快適で住みやすい平屋を、ぜひ、建築してください。

 

 

 

 

 

 

平屋の間取りを考える上で重要なこととは?

 

平屋の間取り図例を、いくつかご紹介しましたが・・
ここで、詳細な間取り図を検討する前に、まず考えるべき極めて重要なポイントをお話します。

 

今回のテーマ4LDK(30坪)の間取りに限ったことではありませんが、平屋の間取り、全般的に言えることです。
暮らし安い心地よい平屋の間取りを考える上で重要なことです。

 

それでは解説します。

 

 

 

まず、こちらの記事で説明した「平屋ならではのメリット」を、思い出してください。
まだお読みでない方は、まず、こちらをお読みいただければと思います。

 

平屋の特性上、平屋ならではのメリットがいくつかありました。

 

この平屋ならではのメリットを最大限活かすには、どのような間取りにすべきかを、常に意識することです。
このことが、平屋の間取りを考える上で、最も重要なことです。

 

その中でも特に6番目の「理想のおしゃれ住空間を実現」(以下抜粋)が、間取りを考える上で、まず検討すべき最も重要なことです。

 

理想のおしゃれ住空間を実現

■平屋は、耐震壁量が少なくすむので、大きな窓をとりやすく、部屋と部屋を大きな開口でつなぐことができます。

 

■平屋は、勾配天井や間取りを工夫することで、広々とした空間を確保できます。

 

■2階がない分、いくらでも天井を高くし、開放的にすることができ、その空間の活用の仕方により、住空間をさらに充実したものにすることができます。

 

■平屋は、採光面でも自由度が高く、例えば、天井に大きく広い窓を複数設けたり、天窓やハイサイドを設け、外の自然光を室内に思う存分取り入れることもできます。

 

■平屋は、自然光がたっぷりと降り注ぐ、快適な住空間が可能です。

 

■平屋に縁側やウッドデッキを設け、庭とのアプローチを強めれば、さらに開放感を増すことができます。

 

■大きな開口部を設け、屋外との連続性により、風、光、外の緑等を感じることができる、癒しの空間をつくることができます。

 

これらメリットを、どう平屋に活用すべきかは、外部環境と平屋の関係をどう考えるかによってきます。
もう少し具体的にお話しますと、ポイントは大きく2つあります。

 

1つ目のポイント
庭の良さを平屋に、どう取り込むべきか、庭を平屋のどの位置にもっていくか。
2つ目のポイント
平屋の屋根をどうすべきか。

 

 

具体的に事例をあげてお話します。
まず、こちらの平屋をご覧ください。

 

 

 

 

こちらの平屋は、3つの中庭を設けた大胆なプランです。
中庭は、平屋の建物で囲まれており、外部からは全く見ることはできません。
完全にプライバシーを確保しながらも、庭からの風、光、木々のこもれびなどを、室内に取り込むことができます。
室内にいながらにして、常に自然を感じることができる、気持ちのいい居住空間に仕上がっております。

 

3つの中庭に面した大きな開口部から、自然光、心地よい風がふんだんに入り込み、木洩れ日も差し込みます。
屋外との連続性が感じられる平屋で、心地よい空間です

 

庭を平屋のどの位置にもっていくかによって、平屋の居住空間の心地良さは大きく変わります。
平屋の間取りを考える上で、最初に、庭と平屋との関係性を考えることが極めて重要です。

 

次の画像をご覧ください。

 

 

 

こちらも平屋の居室内の画像です。

 

リビングダイニングの天井を高く、大きな吹き抜けは、開放的で実に気持ちがいいです。
天井には大きな天窓もあり、そこからは光も差し込み、部屋は明るく、心地よい居住空間に仕上がっています。

 

平屋の天井をどうするかにより、その居住空間が、いくらでも心地よいものに変わります。

 

以上の2例をご覧いただき、ご理解いただけたと思います。
平屋の間取りを決める上で、まず考えるべきことは、この2つのポイントが重要なわけです。

 

1つ目のポイント
庭の良さを平屋に、どう取り込むべきか、庭を平屋のどの位置にもっていくか。
2つ目のポイント
平屋の屋根をどうすべきか。

 

もちろん、その平屋に住む家族構成、その家族の共有スペースと個々のプライベート空間の位置関係といったことも、間取りを検討する上で重要です。
しかし、先ほどの2点は、さらに重要なことと、私は考えます。

 

 

 

まとめ

 

以上、平屋の30坪クラスの4LDKの間取り図例を4つと、その平屋の間取りを考える上で極めて重要なこと2点をご紹介しました。

 

今回事例としては、4LDKの平屋の間取りを、玄関の位置、東西南北の位置にわけてみましたが、参考になりましたでしょうか?

 

 

それでは、どうしたら快適で住みやすい4LDKの平屋を建てることができるのか、最後に、具体的な方法をご紹介します。

 

あなたは、快適で暮らしやすい、いい間取り図を作成するには、どうすればいいと思いますか?

 

それは、ズバリ!多くの間取り図を見て、比べ、検討することです。
ここは、多ければ多いほどいいです。

 

まずは、建てたいと思う平屋住宅に対する希望、要望を、自分だけでなく、ご家族とも話し合い、一つ一つピックアップします。
ここは、無理に、一つにまとめる必要はありません。

 

おそらく、4LDKの間取りをお考えであれば、ご家族もかなり多いと思います。
ご家族全員で、楽しみながら、話し合ってみてください。

 

そして、その希望、要望を、できるだけ叶えるような、間取りプランを作成するよう、複数のハウスメーカー、工務店等に依頼してみます。
できる限り多くの間取り図を見ることで、どんどん自分の理想の間取りの方向性が決まってきますし、結果、より満足できる間取りになるはずです。

 

それでは、ありがとうございました。
あなたの理想とする平屋の間取り図ができるといいですね。

 

→ 複数の注文住宅会社に対し、平屋の間取り作成を依頼することの重要性と、その効率的かつ簡単な依頼方法(無料)については、こちら。

 

 

 

 

 

 

理想の注文住宅を費用をできる限り安く抑え建てたい方へ

 

妥協は一切せず、100%納得できる、理想の注文住宅。こんな注文住宅を、とにかく安く建てたいとお考えの方には、ぜひ、ご検討いただければと思います。
こちらの「注文住宅の一括問合せ」は、全国の優良注文住宅会社約600社(ハウスメーカー、工務店)の中から、あなたに最適な業者を紹介してくれるサイトです。

 

→ タウンライフ家づくりの公式ページ

 

 

 

ここで、「タウンライフ家づくり」について、注目すべき点をいくつかご紹介します。

 

■あなたもご存知の超有名なハウスメーカーの多くと提携をしていることからも、こちらの「タウンライフ家づくり」は、信頼できるサービスであることは明確です。(大手企業は、審査が厳格で、絶対に怪しいところとは業務提携しないからです。)

 

■たった一度の3分程度の簡単な入力で、十数社の注文住宅会社から、間取りプラン、アイディア、見積もり(価格、費用等)の提案を受けることができるのは、これまでほとんどなかったサービスです。正直、ここのサービスはスゴイです。

 

■平屋、2階建て、3階建て以上の家、一世帯、二世帯、店舗等併用住宅等、様々な家づくりに幅広く対応できます。
ここは優良工務店とも多数提携しているので、ハウスメーカーが断ってくるような、難しい施工(例えば、極端に土地が狭いとか)も、ぜひ相談されるといいです。

 

■大手ハウスメーカーだけでなく、中小の地元密着型の優良工務店とも提携しているため、費用の相場を把握する意味でも、こちらを利用する価値は大きいです。
ハウスメーカ、工務店から提案される、両方の見積もりを比較することで、費用、価格の相場を、的確かつ明確に把握することができます。

 

■どんなに間取りプラン、見積もりなど提案を受けても、全て無料なので、気軽に依頼<できます。
何度相談、問合せをしても、全て無料なので、家づくりで、ここを利用しない手はないです。

 

■ホームページから都道府県別に、建築実例を写真付きで見ることができますので、ぜひ、参考にされるといいです。

 

■注文住宅を建てるためのお金について不安がある場合には、資金計画(住宅ローン等も)についても詳細に相談できます。
いったいどれくらいの予算をみておけばいいのか不安な方は多いので、ここのサービスは本当にありがたいと評判です。

 

■家を建てる土地が、まだ決まっていない方でも、土地探しも含め、ここは相談可能です。
あなたが希望される家づくり理想の間取りに、最適な土地を探すことができるので、このサービスもありがたいです。

 

■「成功する家づくり7つの法則」が、毎月先着99名に無料プレゼントされます。

49頁とコンパクトな書籍ですが、よくまとまっていて、家づくりに役立つと好評です。

 

→ タウンライフ家づくりの注文住宅の一括問合せ

 

 

各社に間取りプラン、見積もり(価格・費用等)を依頼

 

 

 

↑  ↑

こちらをクリック!!

 

 

 

 

 

 

現在、高齢者から若い世代まで幅広く人気なのが平屋。その人気の平屋に関する情報をまとめました。間取り図も多数ご紹介しますので、参考になると思います。→平屋が人気!おしゃれな外観の理想の間取りとは?

 

 

 

家づくり(注文住宅)で、まず迷うのが、ハウスメーカーに依頼するか、それとも工務店に依頼をすべきか。ここは皆さん迷われます。そこでまとめてみました。→工務店とは?ハウスメーカーとの違いは?どっちがいい?どっちが安い?

 

 

 

平屋をハウスメーカー建てる方が増えております。各ハウスメーカーの平屋を、評判、口コミ、価格(坪単価)を中心に徹底分析します。→平屋をおしゃれにハウスメーカーでつくる!

 

 

 

 

 

 

TOPへ