リフォーム会社、事業者の施工管理体制の確認

↑ クリックしてみてください ↑

 

 

依頼するリフォーム会社、事業者については、事前に、その会社のリフォーム工事の施工管理体制を確認することが重要です。

 

自社内に、リフォーム工事の、施工管理者、いわゆる現場監督がいるのか、そこがしっかり機能しているのかを、確認する必要があります。

 

 

リフォームが成功するか否か、その出来栄えは、そのリフォーム工事の施工管理にかかっていると言われています。

 

通常、リフォーム工事は、大工、左官、設備業者など、様々な職人が、リフォーム工事の現場に入り、各自の作業を行います。

 

この多数の職人を、しっかり施工管理する必要があります。

 

施工管理には、さらに、発注者、施主との調整、下請けの専門業者との調整もあります。

 

 

その施工管理がいい加減だと、各職人は、勝手に判断し、作業を進めてしまい、結果、仕上がりの品質も悪く、リフォーム工事がうまくいきません。

 

工事では、他の職人との調整が必要な場合も多く、各職人が勝手に判断し、進めてしまうと、工期遅れなど様々な不都合が生じます。

 

このように施工管理は、とても重要で、ここがうまく機能しないと、最悪のケースでは、リフォーム工事をやり直すなんてこともあり得ます。

 

リフォーム工事に携わる、様々な業者、職人を、1つの目的に向けて、調整し、施工管理する必要があります。

 

その施工管理体制を、自社内に整えているかが、重要なポイントです。

 

 

 

チェックされるといいです!

 

■リフォーム箇所、目的別に、成功ノウハウがぎっしり、わかりやすく書かれています。
→ 失敗しないリフォームのために。リフォームノウハウ満載【ホームプロ】

 

 

施工管理の具体的な内容

 

リフォーム工事にとって、とても重要な、施工管理の、具体的な内容について、お話します。

 

 

■ 施工の下準備として、作業の段取り、材料や職人の手配

 

■ 工期通り工事を進める工程管理

 

■ 計画通りの強度、精度、性能を維持するリフォーム工事の品質管理

 

■ 職人が安全に働けるように配慮する労務管理

 

■ 資材の受け入れ、保管、処分などの資材管理

 

■ リフォーム工事現場の清掃や安全確保などの現場管理

 

などなど・・施工管理業務は、多岐にわたります。

 

 

ここがうまく機能しないと、様々なトラブルになることが、よくご理解いただけたと思います。

 

 

 

大手のリフォーム会社、業者だと、施工管理専門の担当がいる場合もありますが、比較的規模の小さいリフォーム会社、業者であると、当初の担当者(営業も行う)が、引き続き行うケースもあります。

 

そういう意味でも、担当者との相性であるとか、信頼できるか否かの確認は、とても重要なわけです。

 

 

リフォームのトラブル、クレームの多くは、工事現場の施工管理が、うまく機能していないことが原因で生じます。

 

しっかり施工管理体制を整え、素晴らしい、有能な施工管理者(現場監督)のいる、リフォーム会社、業者を選ぶようにしましょう!!

 

施工管理について確認

 

きちんと図面で現場の職人と打ち合わせを行うのか?

 

施工の品質基準はあるのか?

 

どれくらいの頻度で、現場にはいれるのか?

 

自社に施工の品質基準はあるのか?

 

施工の品質検査は行うのか?

 

こういったことを、リフォームを依頼する会社に、事前に確認する必要があります。

 

 

ただ・・リフォームについて経験のない初心者には、このような質問をし、その回答を得ても、おそらく、的確な判断はできません。

 

そこで、やはり、リフォーム比較サイトを活用するのが、安心であり、ベストな方法です。

 

 

最悪なリフォーム業者だと、リフォーム工事を第三者に丸投げするケースもあり注意が必要です。

 

こういった丸投げケースは、施工管理が、まずうまくいきませんので、リフォームの出来栄えも悪いケースが多いです。

 

さらに、余計なマージンを、その中間業者に支払うことになり、リフォーム費用が高くなる場合もありますので、本当に注意が必要です。

 

 

こういった、いい加減なリフォーム会社、業者につかまらないよう、ぜひ、リフォーム比較サイトの活用を、おススメします。

 

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

実際に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

TOPへ