外壁塗装のベストな時期の目安は?

 

 

 

今回は、外壁塗装を行うのに最適な時期について解説します。
外壁塗装をお考えの方には、参考になると思いますよ。

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

外壁塗装の費用、価格の相場は、こちらをまずご覧ください。

 

 

 

外壁塗装は、屋外の作業になるため、自然の影響を直接受けます。

 

湿度の高いジメジメした雨のシーズンではだめですし、寒すぎてもだめで・・なかなか厄介です。

 

今回は、外壁塗装をいつの時期に行うのがベストなのか、その目安を解説します。

 

外壁塗装は、気温が一定以上であり、空気が乾燥している時期がベストです。

 

具体的には、気温5℃以上、湿度85%以下というのが目安です。

 

基本的には、この目安をクリアすれば、外壁塗装は、いつの時期でも問題ないのですが・・

 

一般的には、3月中旬より12月初旬までの時期がいいと言われています。

 

さらに説明を続けます。

 

 

まず、ここをチェック!

 

当サイトで推奨するリフォーム比較サイト、ホームプロ、タウンライフリフォームが、外壁に関する気になる記事をアップしてましたので、ご確認ください。
■ 50,000件のリフォーム事例(外壁)をカンタン検索【ホームプロ】
■ タウンライフリフォーム 外壁特集

なぜ、この目安(気温5℃以上、湿度85%以下)なのか、その理由は?

 

では、なぜ、気温5℃以上、湿度85%以下というのが目安なのでしょうか?

 

その理由は、気温が低くて寒いと、そして湿度が高いと・・

 

要するに、気温5℃以下、湿度85%を超える日に、外壁塗装をすると、ズバリ!塗装した外壁の仕上がりが悪くなるからです。

 

この気温、湿度では、外壁塗装の乾燥が遅れ、乾燥が十分に行われずに、その上から重ねて塗装すると、時間が経つと塗装が剥がれることもあったりします。

 

また、雨の日に外壁塗装をすると、塗料に雨水が混ざったりし、仕上がりが悪くなったりもします。

 

だから、湿度の高い雨の日、真冬の寒い時期は、外壁塗装を行いません。

 

外壁塗装にとって、この湿度と気温は、とても重要なわけです。

 

外壁塗装を依頼する場合には、この点を、よ〜く考慮して、進めるといいです。

 

どうしても急ぎたいのでと、完成させたいのでと、無理を言って、梅雨の時期に、その日が雨にもかかわらず、外壁塗装を行えば、まず、美しい外壁の仕上がりは期待できないでしょう。

 

 

では、外壁塗装は梅雨の時期は絶対ダメなのか?

 

外壁塗装は、「気温5℃以下、湿度85%以上」の目安をクリアすれば、1年中行えます。

 

できれば、気候が安定し、気温も一定以上、乾燥した時期の春・秋(梅雨は除き)に行いたいところですが、夏・冬に塗装工事を行うことも可能です。

 

なので、5月〜7月にかけて曇りや雨の日が多い梅雨の時期に、外壁塗装を行うことも可能です。

 

当然、雨の日に、外壁塗装の工事はできませんし、長雨の日は、工事がストップするなど、外壁塗装には適さない時期であることは確実です。

 

しかし、この梅雨の時期に外壁塗装を行うメリットも、実はあるんです。

 

1つ目のメリットは・・

 

一般的には、梅雨の時期を避けて、外壁塗装をされる方が多いので、業者はこの時期、比較的余裕があって、予約がとりやすいことです。

 

2つ目のメリットは・・

 

外壁塗装の費用、金額が安くなりがちということです。

 

外壁塗装の費用を安くするために、わざと梅雨の時期に狙って、契約される方もいます。

 

あなたは、いつ外壁塗装をされますか?

 

 

 

 

外壁塗装は、いったいいつがベストな時期なのか?

 

外壁塗装のベストな時期はいつか・・

 

気温と湿度を考えると、気候が安定する春、秋がいいと思うのですが、この時期、長雨の梅雨もあり、場合によっては、台風の影響を受けることもあります。

 

当然、どの時期でも、雨の降る可能性はあります。

 

結論から言いますと、自然が相手なので、外壁塗装のベストな時期はないというのが、結論です。

 

外壁塗装業者と、よく相談し、どのタイミングで塗装工事をするべきかを、決めるしかないように思います。

 

 

結局、一番重要なのは、どの外壁塗装業にするのか、その選定です!

 

これまで、外壁塗装を成功させるのに、どの時期がベストなのかを検証してきましたが・・

 

結論は、先ほどお話した通り、相手は自然なので、確実な時期はないということです。

 

では、外壁塗装を成功させ、外壁の仕上がりを美しいもにするには、何が重要なのか??

 

それは、ズバリ!外壁塗装の業者の選定です。

 

外壁塗装の経験と実績が豊富で、知識とノウハウもあり、熟練の職人さんもいる、そんな信頼のおける塗装業者に依頼することです。

 

外壁塗装のプロであれば、刻々と変わ状況でも、専門知識や経験を元に、適切な時期を判断し、進めてもらえます。

 

スキルのない塗装業者だとか、受注するだけで、現場の作業は、アルバイトの職人さんに丸投げなんていう業者には、絶対に依頼してはいけません。

 

 

 

私の知人の経験ですが・・

 

例えば、この日に、外壁塗装を行うと決めたとします。

 

運悪く、天気予報が外れ、雨になっても、職人さんのやりくりができない、余計な費用をかけられないと、予定通り外壁塗装を強行したそうです。

 

業者の都合ばかり考え、土砂降りの雨の中でも、無理して、外壁塗装工事を行うような、塗装業者は絶対に避けるべきです。

 

その場合に、外壁塗装の日をずらすとか・・状況に応じて、柔軟に対応してもらえる業者を選ぶことが重要です。

 

業者の都合ばかり考え、土砂降りの雨の中でも、無理して、外壁塗装工事を行うような、塗装業者は絶対に避けるべきです。

 

その辺のことは、契約をされる前に、事前によく確認されることを、強くおススメします。

 

そもそも外壁塗装の工事の期間は?

 

最後に、外壁塗装の工事に要する期間についてお話ししておきます。

 

当然ですが、外壁塗装は、1日や2日の期間で終わるような簡単なリフォーム工事ではありません。

 

まずは、足場を組み、作業の準備をします。

 

よく、自宅がビニールみたいな養生シートで覆われているのを見ると思いますが、あれです。

 

そして、外壁を塗装するのですが、最初に、外壁の状況を確認し、ベストな仕上がりにもっていくための、作業手順を考え、塗装に取りかかります。

 

最初に、下塗り・中塗り・上塗りなどの塗装を行います。

 

どのタイミングで、どんな塗装を行うのか、その際の天候も考慮して、外壁塗装を行うのですが、ここは、本当に難しいです。

 

経験と実績豊富なプロの業者でないと判断できません。

 

いい加減な業者には、絶対に依頼したくないですね。

 

最終的に、外壁塗装が完了するまでの期間は、ざっくりですが、2週間前後はかかると思います。

 

2週間というのは、結構、長い期間なわけで、その間、天気も刻々とかわるはずです。

 

その辺に臨機応変、柔軟に対応してもらえる業者を選ぶことが、本当に重要です。

 

残念ながら、いい加減な、悪徳外壁塗装業者が本当に多いので、くれぐれもご注意ください。

 

 

 

 

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

外壁塗装を成功させるのは、ご自分で塗装業者を探すのではなく、まずは、リフォーム比較サイトで、一括見積り申請をされるのがベストです。

 

 

※ 外壁塗装業者の一括見積りが可能な専門サイトをご紹介します。

 

 

実際に見積もり取得に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

 

 

 

TOPへ