キッチンのリフォームに要する期間は?

 

 

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

キッチンのリーフォーム費用、価格の相場は、こちらをまずご覧ください。

 

 

 

 

キッチンがリフォーム工事中だと、当然、その間は、キッチンを使うことができません。

 

毎日、使うのがキッチンなので、使えなくなる期間は、かなり不便ですし、それが、いつまで続くのか気になりますよね。

 

今回は、キッチンのリフォームに要する期間について解説します。

 

 

 

 

キッチンに要するリフォームの期間は、数日が目安になります。

 

具体的に何日程度になるかは、リフォームの工事内容次第です。

 

大がかりなリフォームですと、期間もやや長引く傾向があり、壁紙、床面など・・張替え工事が必要ですと、2週間程度かかる事もあります。

 

逆に、特に大がかりなリフォームでなければ4日程度で、全てのリフォーム作業が完了してしまう事も多いです。

 

 

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

リフォーム工事の内容に応じて期間は異なるとは?

 

そもそもキッチンのリフォームと言っても、色々あります。

 

例えばキッチンを少し交換する程度の工事です。

 

特に何か物を動かす訳でもなく、キッチンの設備の一部を交換する程度の工事があります。

 

 

 

 

そうかと思えば、かなり大がかりな工事もあるのです。

 

対面キッチンにしたい時などは、様々な物を動かさなければなりません。

 

状況によっては、床面の張替え工事が必要です。

 

その他にも、オプション取り付けなどもあります。

 

状況に応じて、カップボードなどを取り付けるケースもあるのです。

 

物を動かす必要が無い工事の場合は、期間は比較的短く済む傾向があります。

 

せいぜい数日程度で完了してしまう事も多いです。

 

しかしクロスの張替えなどを行う場合は、10日以上かかるケースも珍しくありません。

 

 

 

 

リフォームの期間が4日程度の例とは?

例えば、次のようなケースがあります。

 

ある日、突然、キッチンの設備の一部を交換したくなりました。

 

それでリフォーム工事業者に依頼した結果を、考えてみます。

 

 

 

 

 

■まず初日は養生と解体工事が行われました。

 

古いキッチン設備を解体すると共に、養生も設置する訳です。

 

■2日目は配線作業です。

 

新たな設備を使用する為には、配線も一新する必要があるからです。

 

■そして3日目は、新たなキッチン設備の搬入です。

 

さらに、搬入されたキッチン設備の取り付け作業も行います。

 

■4日目は、搬入されたキッチン設備に対する電気工事です。

 

その設備に通電する工事を行って、新しい設備を利用できる状態にします。

 

以上のように、特に複雑なリフォームでなければ、4日間程度で完了する事もあります。

 

 

 

 

14日ぐらいのリフォームになる時の日程と作業内容とは?

 

それに対して、リフォームの工事期間がかなり長くなるパターンもあります。

 

 

 

 

 

その具体的な流れですが・・

 

■まず初日は養生と解体工事を行います。

 

■さらに2日目は、仕切り壁や床の解体工事も行って、電気配管の工事も行います。

 

■3日目は解体工事は行わず、配管工事だけを実施します。

 

■そして4日目と5日目に、床の張替え工事を行う事もあるのです。

 

レイアウトを大幅に変更するようなリフォームですと、床の張替えも必要なのです。

 

■そして6日目と7日目は、一旦工事をお休みの状態にします。

 

■8日目は、腰壁造作という工事を行い、

 

■9日目と10日目はクロスの張替え工事を行います。

 

■上記の一連の工事によってクロスの張替えが完了したら、12日目あたりに新たなキッチン設備を搬入した上で、設置します。

 

■そして13日目に通電すれば、工事は完了です。

 

クロスや床の張替を行うような工事ですと、上述のように2週間程度要するケースがあります。

 

大規模な工事ならば、やはり期間も長引く訳です。

 

 

 

 

 

悪天候になると工期は長引きやすいとは?

 

ですからキッチンに対するリフォームの工事期間は、だいたい数日から2週間程度ではあります。

 

ただし上述の日数は、1つの目安です。

 

 

 

 

実際には、他の様々な要素に左右される事も多いです。

 

例えば気候です。

 

状況によっては、資材調達に時間がかかるケースもありますから、注意を要します。

 

大雪や台風などが到来した時は、資材調達も少々時間がかかります。

 

台風が来てしまえば、車で物を移動するのも困難ですから、なかなか資材が到着しません。

 

ですから短期間で工事を終えたい時には、台風や大雪が来ると見込まれるシーズンは、できる限り避ける方が良いでしょう。

 

 

 

土日を挟まないようにするとは?

 

それと土日も要注意です。

 

 

 

 

上述の2週間ぐらいかかっている工事は、6日目と7日目はお休みになっているでしょう。

 

その理由はシンプルで、土日だからです。

 

工事業者としても、土日は作業を行いません。

 

という事は、土日を挟んでしまうと工事の期間も長引いてしまう訳です。

 

ですからリフォーム工事の初日を金曜日にしてしまうのは、余りおすすめできません。

 

2日目と3日目は土日になってしまいますから、どうしても工事の期間は長引いてしまうからです。

 

やはり月曜日あたりにする方が良いでしょう。

 

ただ、稀に例外的なリフォーム業者もあります。

 

土日でも工事を行ってくれる業者は、金曜日でも問題無いでしょう。

 

 

 

業者から日程表も出してもらうとは?

 

そして、依頼した業者からリフォーム工事の日程表を提出してもらう方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

そもそもリフォーム業者としても、上記で述べたようなタイムスケジュールは、あらかじめ決めているからです。

 

依頼する側としても、工事の日程を把握しておくことは重要です。

 

ぜひ、キッチンの工事を依頼する業者にお願いし、スケジュール表を提示してもらうようにしてください。

 

ちなみに一旦はスケジュールが決定されても、状況に応じて内容が変更になるケースも多々あります。

 

その場合は、その都度、スケジュール表に対する書き直しも行ってもらう方が良いでしょう。

 

それでリフォームの予定や状況を把握することが重要です。

 

リフォーム業者に丸投げで、日程すら全く把握していないのは、問題です。

 

キッチンのリフォームを成功させるためにも、スケジュールの把握は重要です。

 

 

 

 

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

実際に使ってみましたが、よかったです。キッチンは種類が多く、リフォーム会社も多いので、どこにしていいのか迷うと思います。あなたもキッチンのリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

 

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

 

 

TOPへ