↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

キッチンのリーフォーム費用、価格の相場は、こちらをまずご覧ください。

 

 

 

 

今回は、キッチンのリフォームをできる限り安くする方法、コツを解説します。

 

今これを読まれている方の中には、ご自宅のリフォームを、真剣に考えている方もおられると思います。

 

家をリフォームをすることで、家をより快適な空間に変え、そこでの暮らしが、より満足度の高いものになります。

 

そんな家のリフォームには、いろいろありますが、今回は、キッチンをリフォームについてお話します。

 

キッチンのリフォームは、いろいろな種類があって、どれにするか迷ってしまいます。

 

ここは、ぜひ自分好みのキッチンにリフォームし、調理が楽しくなるような、リフォームを行いたいものです。

 

 

 

 

そして、できればキッチンのリフォームの値段も安い方が良いはずです。

 

今回は、安い値段でキッチンのリフォームを行うコツ、方法について、お話します。

 

 

 

まずは、こちらをご覧ください。

・キッチンのリフォームの種類

キッチンの種類は4つありI型、II型、L型、U型になります。

 

 

 

 

I型は狭いスペースでも配置を行うことができます。

 

II型であれば、足元にあるマットやゴミ箱などがダイニングから見えず、I型よりも作業動作を短くできます。

 

L型は調理スペースを広く取ることができ、少ない歩数で作業ができます。

 

U型は調理スペースを広く取ることができ、尚且つ体の向きを変えていろいろな作業に対応することができます。

 

どの種類にもそれぞれのメリットがありますが、この中で1番費用が安いのはI型になります。

 

料理する人に人気があるのは、II型やU型になります。

 

キッチンのレイアウトの方法も3種類あります。

 

クローズドタイプとオープンタイプ、セミオープンタイプがあります。

 

クローズドタイプはキッチンやリビングやダイニングから独立しているタイプになります。

 

調理の匂いや煙がリビングやダイニングに広がることがない作りになっています。

 

オープンタイプであればリビングとキッチンが一体化しているタイプになります。

 

家族とコミュニケーションを取りながら料理や片付けなどを行うことができます。

 

セミオープンタイプであれば、キッチンをカウンターで仕切られています。

 

家族とコミュニケーションを取れながらキッチンが丸見えではありません。

 

このように相手キッチンの種類からリフォームを選ぶことができます。

 

 

・キッチンのリフォーム費用とは

 

 

 

 

キッチンのリフォームの費用は相場として50万円から150万円になります。

 

シンプルなシステムキッチンに交換する場合は50万円から60万円ほどになります。

 

費用の変動としては、システムキッチン自体のグレードやリフォーム、キッチンの位置やレイアウトを変えることが費用の大きい部分になっています。

 

 

 

 

 

・キッチンのリフォーム安い費用で抑えるには

キッチンの費用を安い値段で抑えるには、使えるものはそのまま使用する方法があります。

 

全てを新しく一新するならば、当然費用はかなり高額となってしまいます。

 

設備機器の古さが感じる場合は、扉は上からフィルムを貼るという方法を利用できます。

 

 

 

 

キャビネット部分はそのまま使用して、ワークトップとシンクだけの交換をするならば、キッチンの印象を新しくさせることもでき、全てをリフォームするよりも安い費用で行うことができます。

 

部分的なリフォームを頼むことができます。

 

また、自分でDIYをする方法でキッチンを安い値段でリフォームできます。

 

見た目を変えるだけであれば、カッティングシートを活用して全く違った雰囲気のキッチンに仕上げることができます。

 

カッティングシートでのDIYは、安いものであれば、数百円で済ませることもできます。

 

使い勝手を良くしたい場合は、システムキッチンはそのままにして棚やキッチンカウンターをDYIで行うことができます。

 

キッチンが古くなって老朽化している場合は、部分効果でパッキン交換をすることで新品の状態にまで戻してあげることができます。

 

DIYで少しだけ補修する程度のリフォームであれば、業者に頼むよりも安い費用で行うことができます。

 

 

・キッチンのリフォームを業者に頼む際は

キッチンのリフォームを業者に頼んで行う際は、安い費用で行うために1社のみに見積もりを頼むのではなく、複数の業者に見積もりを頼むと良いです。

 

複数の業者に見積もりを頼むことで、どの業者が1番相場よりも安い費用でリフォームしてくれるのか知ることができます。

 

大体、規模の小さいものであれば、3社〜4社、規模のお良いもので高額なものであれば、5社〜6社ほどの業者に見積もりを頼めば問題ありません。

 

 

 

 

また、リフォームの業者によってはオリジナルの安いシステムキッチンを販売しているところもあります

 

大手以外の製品となっていますが、仕様や設備が限定されたシンプルなキッチンとなっています。

 

サイズ展開やオプションが限定されているので選択に限界がありますが、安い値段で購入することができます。

 

このような点を考慮しておくと良いと思います。

 

 

 

・まとめ

キッチンのリフォームにもいろいろな種類がありますが、安い費用で行うためにはDIYや業者への見積もり、リフォーム業社のオリジナルキッチンを利用するなどの方法があります。

 

キッチンをリフォームする際に全てではなくて、部分的に見極めながらリフォームすることが安い費用で行うためのコツになります。

 

ぜひ、参考にしてください。

 

 

 

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

実際に使ってみましたが、よかったです。キッチンは種類が多く、リフォーム会社も多いので、どこにしていいのか迷うと思います。あなたもキッチンのリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

TOPへ