浴室のリフォームで補助金が対象となる場合は?

 

 

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

浴室のリフォームで、補助金の対象なるのは?

 

残念ながら・・浴室(風呂)のリフォームであれば、全てが、補助金の対象となるというわけではありません。

 

補助金がもらえる、代表的な浴室(風呂)リフォームは、以下の通りです。

 

ただし、この補助金制度は、各自治体によって基準、内容は異なり、そもそも、この補助金制度すら存在しない自治体もあります。

 

仮に、全く同じ施工内容のリフォームとしても、A自治体では、補助金が支給されたが、B自治体では、補助金は支給されない。
こんなことも、あり得ますので、詳細は、各自治体に、直接確認するのがベストです。

 

■高効率給湯器を設置するリフォーム

 

■高断熱浴槽付きの浴室にするリフォーム

 

■浴室に、手すりを設置したり、床の段差を解消するリフォーム

 

 

 

 

 

 

各リフォームについて、解説します。

 

 

高効率給湯器を設置するリフォーム

 

高効率給湯器とは、エネルギーの消費効率に優れた給湯器で、エコキュート、エネファームが有名です。

 

従来の瞬間型ガス給湯機に比べると、初期投資の設備費は高いですが、ランニングコストが安いです。

 

さらには、二酸化炭素排出削減量も多く、実にエコで省エネなものです。

 

高効率給湯器を設置するリフォームは、エコ・省エネリフォーム工事に該当し、補助金の対象になります。

 

 

まずは、ここをチェック!
リノコ【エコキュート】

 

 

高断熱浴槽付きの浴室にするリフォーム

 

高断熱浴槽とは、魔法びん浴槽とも言われ、保温性に優れた浴槽です。

 

この高断熱浴槽を使用した場合、なんと、4〜6時間で、湯温が、2〜2.5度しか低下しないデータもあります。

 

仮に、42度であれば、4〜6時間後でも、湯の温度は、40度前後ということです。

 

メーカー指定の専用の浴槽のふたを使うことが前提ですが、魔法びん浴槽というだけあって、このエコ、省エネ効果はすごいです。

 

この高断熱浴槽付きの浴室にするリフォームもエコ・省エネ工事に該当し、補助金の対象になります。

 

 

浴室に、手すりを設置したり、床の段差を解消するリフォーム

 

手すりの設置、床の段差解消は、ともに、高齢者などの介護者、介助者が暮らしやすくなるものです。

 

介護・バリアフリーの工事に該当するため、補助金の対象になります。

 

 

 

 

 

 

リフォームに関する補助金制度の詳細は、こちらの記事をご確認ください。

 

→ 「補助金の対象になるリフォーとは?

 

 

 

 

まずは、こちらをご覧ください。

TOPへ