トイレの床を張替える際の床の素材ごとの注意点とは?

 

 

今回は、トイレの床の張替えについて素材毎に注意点を解説します。

 

トイレの床の張替えリフォームで使える、床の素材は色々あります。
素材に応じて、それぞれ耐久性やバリエーションや費用などは異なります。

 

タイル、クッションフロアー、フローリング・・と。
それぞれの特徴から判断して、トイレの床の張替えを行っていただければと思います。

 

 

 

トイレの床のリフォーム料金はいくら?

 

 

 

 

トイレのリフォーム(床の張替え)の費用について解説します。

 

具体的に、いくらになるかは、トイレの面積や床材次第です。

 

クッションフロアで床の張替えリフォームを行う場合、1畳ぐらいなら3万円目安になり、2畳ぐらいですと、目安は4万円です。

 

1畳の広さのタイルだと、55,000円が目安です。

 

面積が広くなれば、業者に支払う費用も高めになる訳です。

 

このように、タイルは若干割高なので、クッションフロアを選んでいる方が多いです。

 

またフローリングにする場合は、1畳の広さで約4万円ぐらいです。

 

なおタイルと言っても、やや高性能なタイプもあります。

 

性能が優れているタイルですと、11万円分になるケースも。

 

床の張替えリフォームの費用の金額は、それこそ状況次第でかわってきます。

 

トイレが狭く、床の素材にクッションフロアを選べば、当然、床の張替えリフォームの費用は安くなります。

 

 

まず、ここをチェック!

 

当サイトで推奨するリフォーム比較サイト、ホームプロ、リショップナビ、リノコが、トイレに関する気になる記事をアップしてましたので、ご確認ください。
■ 50,000件のリフォーム事例(トイレ)をカンタン検索【ホームプロ】
■ リショップナビ トイレリフォームは見積もり比較で安くなる!
■ リノコ トイレリフォームの見積もり・適正価格

 

 

トイレの床でおすすめはタイル!

 

トイレの床でおすすめは、タイルです。

 

床材は、それぞれ性能にどのような違いがあるかというと、タイルは耐用年数が特徴的です。
比較的長持ちする上に、臭いが強くなりづらい性質があります。

 

そもそもトイレという場所は、臭いは比較的強くなりやすいです。
アンモニアの臭いが立ちこめて、困っている方も少なくありません。

 

ですがタイルには、雑菌類に関する特徴があります。
特にセラミック素材のタイルの場合は、雑菌類を分解してくれる性能もあるのです。

 

それだけに、トイレに臭いがこもりづらくなる傾向があります。
この点からも、トイレの床でおすすめはタイルなんです。

 

それとタイルという床材は、汚れが付きづらいメリットもあるのです。
光触媒のタイルなどは、臭いや汚れなども付着しづらい傾向があります。

 

しかもタイルは、掃除も比較的手軽です。
モップでさっと汚れを取り除けるので、あまり手間がかかりません。

 

ですが、いくら汚れの性能が優れていても、長持ちしないようでは困ります。
せっかく床に設置したのに、数年ぐらいで耐用年数を迎えてしまうのは困るでしょう。

 

タイルは、その点も問題ありません。
タイルという床材の場合は、他の材料よりは耐久性が優れているのです。
ですから公的施設のトイレの場合は、たいていタイルの床材が採用されています。

 

トイレの床の張替で、おすすめはタイルです。

 

また水に関する特徴もあります。
もちろんトイレという場所は、床に水が付着してしまう事はあります。
水が長時間浸ったままですと、床材によっては状態が悪くなる事もありますが、タイルは耐水性も優れているのです。

 

つまりタイルという床材は、機能性が優れているということです。
その代わり、他の床材よりは料金が高めになります。
しかし、トイレの床でおすすめは、タイルです!

 

これは間違いないです。

 

トイレの床の素材でクッションフロアが人気でおすすめ!

 

一般家庭のトイレのリフォームでは、よくクッションフロアが検討されています。
トイレの床の素材でクッションフロアが人気!

 

クッションフロアには、確かにバリエーションと費用のメリットがあるのです。

 

クッションフロアは人気があり、トイレのリフォームに最適な床材であると評価されている事もあります。

 

クッションフロアの場合は、いわゆるビニール素材になりますので、比較的手軽に掃除できるのです。
水拭きできるメリットは大きいです。

 

それとクッションフロアは、工期が比較的短くなる傾向があります。
他の素材と違って、工事はそれほど難しくありません。

 

職人の方々にとっては扱いやすい材料ですから、比較的短い日数で工事が完了する傾向があります。
耐久性のメリットもあります。

 

後述するフローリングと比べると、耐水性も優れているのです。

 

またクッションフロアは、バリエーションも豊富です。
ある意味、クッションフロアの一番大きなメリットでもあります。

 

上述のタイルという材料の場合は、実はバリエーション自体はそれほど多くありません。
フローリングよりも種類は少ないのです。

 

ですがクッションフロアは、選択肢が非常に幅広いです。
他の素材よりも沢山の種類がありますから、自分のニーズに合う床材も見つけやすいです。

 

何と言っても、クッションフロアには費用のメリットがあります。
リフォーム料金を低く抑えたいなら、クッションフロアはおすすめです。
というわけで、トイレの床の素材でクッションフロアがすごい人気があります。

 

 

トイレの床にフローリングは?

 

フローリングという素材はトイレリフォームには不向きであると言われている事も多いです。

確かにこの床材は変色しやすいですし、水やアンモニアが少々染み込みやすい傾向があります。

 

ただしバリエーションは、タイルよりは豊富です。

 

フローリングは居室に使われている事も多いですし、ついでにトイレもフローリングにしたいという方も少なくありません。
どうしてもトイレの床をフローリングにしたいなら、やはり水が染み込みづらい材料を選ぶ方が良いでしょう。

 

床に排水口を設置するのはどうなのか

 

 

トイレの床をリフォームする時は、排水口の設置が検討される事もあります。

 

確かに排水口がある方が、掃除しやすくなるでしょう。
水を流せるからです。

 

しかしトイレに排水口を設置すると、臭いの問題点が生じる事もあります。
下にある悪臭がトイレまで届いてしまう事もあるので、慎重に検討する方が良いでしょう。
下水の悪臭がトイレに立ちこめてしまうのが困るなら、基本的には排水口を設置しない方が無難です。

 

 

 

トイレの床を高くする時の注意点

 

またトイレの床に対するリフォームを行う場合、高さも要注意です。

 

リフォーム工事をしますと、便座が置かれている位置がやや高めになる事もあります。
高めにするのは良いですが、スリッパの置き場所が問題です。

 

高さを調整した結果、スリップが障害物になってしまう事がたまにあります。
トイレの扉を開けた時に、スリッパに当たってしまって、スムーズに開閉できない事もあるのです。

 

その点も気を付けて、床の高さを調整する必要があります。

 

まとめ

 

以上、トイレの床の張替えリフォームについて詳細に解説しました。

 

トイレの床の素材、タイル、クッションフロア、フローリングについて、それぞれの特徴もよくわかったと思います。

 

これを参考に、ぜひ、トイレの床の張替えリフォームを成功させてください。

 

今回も最後まで、ありがとうございました。

 

 

 

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

実際に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

TOPへ