子供部屋のリフォームの事例(壁紙、壁クロス、床材の変更)をご紹介します。

 

今回は、子供部屋のリフォームについて取り上げます。

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

 

 

子供部屋のリフォームにかかる費用、価格の相場、中心価格帯が、50万円未満なのがわかります。
リフォームの費用相場まるわかり【ホームプロ】

 

 

 

そんな子供部屋のリフォームを成功させるには、何が重要だと思いますか?

 

それは・・大きく2つのポイントがあります。

 

1つ目が、複数の見積もりをとり、比較し、まず、費用、価格の相場を把握します。

 

2つ目が、見積もり比較によって、リフォームの施工内容の妥当性も検証してききます。

 

とにかく、見積もりをとり、比較することが、重要で、見積もりについて、の後ほど、徹底的に解説していきます。

 

 

それでは・・

 

見積もりの解説の前に、そもそも、子供部屋のリフォームには、どんな事例があるのかをお話します。

 

まずは、いくつかのリフォームの事例をご覧ください。

 

特に各子供部屋の壁紙の色とそれにあわせた床材をご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供部屋の6つのリフォーム事例を見ていただきまそいたが、いかがでしょうか?

 

どれも、子供らしい、可愛い子供部屋に仕上がっていると思います。

 

壁紙のカラーも、定番の白から始まって、緑、ピンク、黄色、青、赤と。(上から順番に)

 

 

■白の壁紙

 

壁紙と言えば、まず思いつくのはこの白で、定番カラーで、どの部屋にもよく使われます。
子供部屋にも、この白の壁紙は、よく選ばれます。
白は、シンプルで自然な感じで優しい色で、家具やおもちゃとの色合いの相性がいいです。

 

 

■緑の壁紙

 

緑色の壁紙は、森林のようなナチュラルなカラーで、目にも優しいです。
この緑の壁紙で、子供部屋は、落ち着ける、リラックスできる、くつろげる雰囲気になります。

 

 

■ピンクの壁紙

 

女子にダントツ人気なのが、このピンクの壁紙です。
子供部屋が、可愛く、ふんわり、優しい雰囲気になります。
お子様と一緒に、お部屋にマッチした可愛い!ピンクの壁紙を選ばれてはどうでしょうか?

 

 

■黄色の壁紙

 

この黄色の壁紙も子供には人気のカラーです。
明るく鮮やかな黄色は、ポップな感じで、見ているだけで元気がでます。
この黄色の壁紙を使うことで、子供部屋が、楽しい雰囲気になります。

 

 

■青の壁紙

 

青の壁紙は、清潔感があって、爽やかさもあると、男子に人気の壁紙です。
同じ青でも、ライトで軽めの青だと優しい感じ、ダークで濃い目の青だと落ち着いた感じになります。
子供っぽくなり過ぎるのは、ちょっと抵抗があるというお子さんには、この青の壁紙はおすすめです。

 

 

■赤の壁紙

 

赤の壁紙は、アクセントクロスにも使われる、パンチのあるインパクトあり、おしゃれな壁紙です。
この赤の壁紙を子供部屋に使うことで、エネルギッシュで、アクティブな感じの雰囲気になります。
明るく元気な、子供らしい、おしゃれな子供部屋になります。

 

 

 

子供部屋のリフォームで、多い事例は、このように、子供らしい壁紙や床材にかえるものです。

 

可愛らしく、いかにも子供部屋といったポップな柄や色調の壁紙で部屋をイメージアップ。

 

そして、その壁紙に合うように、一緒に床材もかえるといったリフォームが多いです。

 

壁紙、壁のクロス、床材を、他のものに変えるだけで、室内の雰囲気が大きく変わります。

 

ちなみに、この壁紙、壁クロスの張り替えは、比較的安く、手軽にできるのも、いいです。

 

床材も一緒にリフォームするのも、比較的簡単にできます。

 

費用をかえずに、部屋を大きく違った雰囲気の空間にしたいというリフォームには、この壁紙、床材はいいですね。

 

 

壁紙の種類は、本当に多いです。

 

どれが、お部屋にマッチしているのか?

 

本当に迷うと思いますが、じっくり、お子様の意見も取り入れながら、その過程を楽しみながら、進めるてください。

 

それが、リフォームを成功させるポイントです。

 

しかし・・見ているだけで、楽しくなりますね。

 

 

子供と一緒に、子供の意見も取り入れながら、壁紙を選定するのはいいことです。

 

しかし・・1つ注意すべき点があります。

 

例えば、大好きなキャラクター入った壁紙とか・・極端なものを壁紙にした場合、すぐにあきる可能性があるということです。
子供は、どんどん成長しますし、好みも変わります。
長い目でみて、この壁を使い続けることができるか否かを考慮しながら、壁紙を選定するといいです。

 

子供部屋のリフォームの事例(仕切りを設ける)をご紹介します。

 

 

 

子供部屋のリフォームは、子供の年齢や性別、子供の人数などによって様々です。

 

多いのが、子供の成長に応じて、子供部屋を2つに仕切り、それぞれを独立した部屋にしたいというリフォーム事例です。

 

この子供部屋に仕切りを設けたいというリフォームは、子供部屋のリフォームに、かなり多い事例です。

 

例えば、6畳の部屋を、2つに仕切りたいなんていう、要望もあったりします。

 

6畳を単純に2つに仕切るために、その間に壁を設ける。

 

これだと、それぞれ3畳の子供部屋となり、かなり狭い空間になります。

 

そして、その狭い3畳の部屋に、ベッドや机等の家具を設置するとなると・・もうほんとんど、自由なスペースはありません。

 

そこで、子供部屋の仕切りを、ベッドや机、収納で仕切る。

 

これだと、かなりスッキリしていて、空間も、広く感じ、快適な子供部屋になります。

 

リフォームは、本当にアイディア次第で、すごくいいもになると思います。

 

その典型的な事例です。

 

 

 

以下は、子供部屋を2つに間仕切りするリフォーム事例です。

 

当サイトに寄せられたリフォーム体験記をご紹介します。

子供部屋をリフォームして良かったこと【体験記】

 

いつもありがとうございます。

 

お寄せいただいたリフォームの体験談をご紹介します。

 

今回は、埼玉県にお住いの女性の方の、子供部屋に関するリフォームの体験談です。

 

 

 

 

 

 

 

 

1.リフォームはいつ、どれくらいの期間行ったのか?

 

子供部屋のリフォームを行ったのは子供たちの進学がきっかけです。

 

上の子が高校、下の子が中学に入学することになりました。

 

それまでは二人一緒の部屋を使っていたのですが、このくらいの年代となると一人一部屋が欲しくなるものです。

 

勉強をするにしてもその方が集中できると思います。

 

それに上の子は女の子、下の子は男の子です。

 

同性ではないという点も別々の部屋にする理由の一つと言えます。

 

そこで、受験前にリフォームを行うことにしました。

 

受験シーズンに重なってしまうと勉強に集中できなくなってしまうので困ります。

 

夏休み前にはリフォームが終わるようにしようと思いました。

 

期間は計画を立ててからも含めると半年かかりました。

 

子供たちが来年はそれぞれ受験だと感じたのがちょうど進学する一年前のことです。

 

思い立ってすぐに施工会社を探しました。

 

そのため、子供たちの進学前に何とか間に合いました。

 

つまり12月に依頼し、1月には工事に入ってもらったということです。

 

それから半年かかってリフォームが完成したというわけです。

 

 

2.今回のリフォームの施工内容は?

 

子供部屋のリフォームの施工内容はそれほど難しいことではありません。

 

今まで使っていた部屋を二つに区切れるようにしただけのことです。

 

パーテーションやカーテンでしばらくは区切っていたのですが、きちんと壁を設けました。

 

これによって、お互いにプライベート空間がより充実されるものとなったのです。

 

当然、子供たちはとても喜んでくれました。

 

さらに壁紙も今までの子供っぽさから大人っぽくすることにしました。

 

それぞれの好みのデザインに替えたのです。

 

こんなふうに細かな点もどんどん増えてきてしまったので、当初の予定よりも少し大掛かりなリフォームとなってしまいました。

 

細かな点を挙げるとたくさんあり過ぎてよく分かりません。

 

とにかく子供部屋全体が今までとは雰囲気がガラリと変わるくらいのものとなりました。

 

 

3.リフォームの費用はいくらか?

 

子供部屋のリフォームにかかった費用は最終的に予算を上回ってしまいました。

 

当初は100万円を予算としていたのです。

 

見積もり時は100万円以下でできるということでした。

 

ところが、先述のとおり、一箇所リフォームをすると他にもどんどんリフォームしたくなってきます。

 

ここもこうしたい、あそこもあのようにしたいというように要望が増えて、予算の倍200万円以上もかかってしまったのです。

 

それでも後悔はしていません。何よりも子供たちが喜んでくれたので満足しています。

 

それに今回しっかりリフォームをしておけば、次に行う時まではだいぶ期間が空くことになるでしょう。

 

十分、元を取れると思いました。

 

そう頻繁にリフォームをするわけにもいかないからこそ、今回はじっくりと行ってみたのです。

 

 

4.なぜ、今回リフォームを行ったのか?

 

先述のとおり、子供部屋をリフォームしたのは子供たちが年頃になったことが一番の理由です。

 

それに高校や中学ともなると、集中して勉強をする時間が増えていきます。

 

そうなると自分の部屋を持っておいた方がいいと思ったからです。

 

子供たちともきちんと相談をして、そのような決断となりました。

 

思い立ったのがちょっと遅かったので、もう少しで受験シーズンにぶつかってしまうところでしたが何とか間に合って良かったです。

 

また、この機会を逃してしまうと、なかなかタイミングを見つけるのが難しいと思いました。

 

子供たちがそれぞれ高校、中学に入ってしまったら、学校行事などが優先されてしまうことでしょう。

 

その点も考えてこのタイミングとなりました。

 

 

5.今回のリフォームで一番苦労したことは?

 

子供部屋のリフォームで一番大変だったのは、私が思っていることと業者の思っていることが違っていたところです。

 

こちらとしては簡単に壁を造れると思っていました。

 

しかし、実際にやってみると想像どおりにはいかないものだったのです。

 

それに思っていたよりも費用がかさんでしまいました。

 

期間もスムーズにいけば3ヵ月程度でできる予定でしたが、いろいろとスケジュールがうまくいかず、半年もかかってしまいました。

 

もっと早く計画を立てて、余裕を持ってリフォームできれば良かったのかもしれません。

 

 

6.今回のリフォームでうまくいったこと、成功したことは?

 

今回は子供部屋のリフォームを行いましたが、実は以前、キッチンをリフォームしたことがあります。

 

子供部屋とキッチンとではリフォームの仕方も費用も全く違っていました。

 

キッチンの時よりも子供部屋の方がうまくいったと思います。

 

というのは、どこをどのようにしたいのか明確になっていたからです。

 

キッチンの時はかなり細かなところまで要望を出したので時間がかかりました。

 

それに、子供部屋のリフォームは子供たちの要望を存分に取り入れてもらえたのが良かったと思います。

 

親身的な業者が担当してくれたからです。

 

子供たちも自分の意見をしっかり業者に伝えることができました。

 

意思疎通がスムーズにいったのが良かったのかもしれません。

 

完成したものは希望どおりのものとなりました。

 

 

7.このリフォーム体験で得た教訓は?

 

子供部屋に限らず、どこをリフォームするにしても、計画は早めに立てた方がいいという教訓を得ました。

 

思い立ってすぐに業者と連絡を取りましたが、それでもスムーズにはいきません。

 

いつまでにどのようにしたいという要望があるのなら、できるだけ期間に余裕を持って取り組んだ方がいいと思うのです。

 

特に今回は子供たちの受験が重なってしまいそうになったので焦りました。

 

当然、受験期間中に子供部屋をリフォームするとなると勉強に支障が出てしまうからです。

 

その点は本当に困りました。

 

しかし、業者側もきちんとその点を考えてくれて、どうにか受験シーズンに重ならないようにスケジューリングしてくれたのです。

 

このことからも分かるとおり、業者選びも大事だと思いました。

 

以前、キッチンのリフォーム時に頼んだ同じ業者に依頼した甲斐あって、いろいろと融通が利いたのです。

 

顔見知りの業者ともなると意見もスムーズに言えるようになります。

 

そんな信頼できる業者を選ぶことが大事だと思いました。

 

このように、今回と過去のリフォーム体験から、次にリフォームをする時にはもっと時間に余裕を持つことを大事にしようと思っています。

 

それから、業者選びもじっくり行うつもりです。

 

 

 

 

実際に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

リフォーム会社の紹介サイトから紹介を受けるのが確実です!

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

 

 

 

子供部屋のリフォームを成功させるには、見積もりが重要です!!

 

子供部屋のリフォームには、どんな事例があるのか、わかったと思いますが・・

 

リフォームの費用、価格、相場・・金銭的な面は、疑問に思われている点が多いのではないでしょうか。

 

 

・子供部屋のリフォームって、費用、価格もいろいろ、そもそも相場はいくらなのか?

 

・相場を、どう考えればいいのか?

 

・なぜ、見積もりをとり、比較することが、相場を知るのに重要なのか?

 

・そもそも見積もりのとりかたが、わからない?

 

・見積もりをとっても、費用や価格の金額を比較はできても、どの点に注意すればいいのかポイントがわからない?

 

・なぜ、見積もりの比較で、施工内容まで確認できるのか?

 

 

いろいろ疑問はあると思いますが、当サイトで勉強していただければ、

 

見積もり、費用、価格、相場、施工内容・・ほぼ全て理解できるはずです。

 

 

 

そもそも、あなたが行おうとしている子供部屋のリフォームを、成功させるには、どうしたらいいか、わかりますか?

 

その方法は、ズバリ!

 

複数のリフォーム業者から、まず見積もりをとり、徹底的に比較することです。

 

見積もりで提示された費用、価格、さらには施工内容を、徹底的に比較します。

 

その見積もりの比較により、まず、費用、価格の相場がわかりますので、その相場と比較し、業者の見積もり提示金額を検証します。

 

相場と比較し、極端に安かったり、極端に高い金額の業者は、まず避けた方が無難です。

 

見積もりの提示金額が、相場と比較し、妥当な金額の費用、価格の業者を選択するのが、成功のポイントです。

 

あと、この見積もりの比較によって、適切な、子供部屋のリフォームの施工内容もわかります。

 

過度な施行内容であったり、不足していたりといったことを、見積もりの比較で確認できます。

 

最後に、和室のリフォームを成功させるポイントをまとめます。

 

 

子供部屋のリフォームの成功ポイント:

 

(1)大前提として、まず、信頼できるリフォーム業者であること。
一括見積もり可能なリフォーム比較サイトを活用すれば、そこは確実にクリア!5比較サイト

 

(2)各リフォーム業者から、希望の和室のリフォームが、いくらでできるのか「見積もり」をとります。

 

(3)各社の「見積もり」を比較することで、その子供部屋のリフォームが一般的にどれくらいの「費用」がかるのか、「価格」はいくらなのか、おおよその「相場」を把握します。

 

(4)その「相場」と比較し、妥当な金額の範囲内で、リフォーム業者と「価格」交渉をします。

 

(5)その際に、当サイトで学んだ事を活用しながら業者と、費用、価格について金額交渉をします。

 

(6)その他、複数の見積もり比較することで、本当にその子供部屋のリフォームの施行内容で問題ないのか、どんなリフォームが本来必要なのか・・いろいろなことがわかりますので、施工内容も問題ないのか、確認し進めます。

 

子供部屋のリフォームを、ぜひ、成功させてください!!

 

TOPへ