子供部屋のリフォームの事例(壁紙、壁クロス、床材の変更)をご紹介します。

 

 

 

 

 

村上悠です。
経営する賃貸物件で空室時のリフォーム、大規模修繕を行ったことがあります。
その経験をベースに記事を書こうと思います。

 

今回は、子供部屋のリフォームについて取り上げます。

 


 

 

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

 

子供部屋のリフォームにかかる費用、価格の相場、中心価格帯が、50万円未満なのがわかります。
(当サイトでご紹介するリフォームの費用相場まるわかり(ホームプロ)のデータです。)

 

 

 

 

そんな子供部屋のリフォームを成功させるには、何が重要だと思いますか?

 

それは・・大きく2つのポイントがあります。

 

1つ目が、複数の見積もりをとり、比較し、まず、費用、価格の相場を把握します。

 

2つ目が、見積もり比較によって、リフォームの施工内容の妥当性も検証してききます。

 

とにかく、見積もりをとり、比較することが、重要で、見積もりについて、の後ほど、徹底的に解説していきます。

 

 

それでは・・

 

見積もりの解説の前に、そもそも、子供部屋のリフォームには、どんな事例があるのかをお話します。

 

まずは、いくつかのリフォームの事例をご覧ください。

 

特に各子供部屋の壁紙の色とそれにあわせた床材をご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供部屋の6つのリフォーム事例を見ていただきまそいたが、いかがでしょうか?

 

どれも、子供らしい、可愛い子供部屋に仕上がっていると思います。

 

壁紙のカラーも、定番の白から始まって、緑、ピンク、黄色、青、赤と。(上から順番に)

 

 

■白の壁紙

 

壁紙と言えば、まず思いつくのはこの白で、定番カラーで、どの部屋にもよく使われます。
子供部屋にも、この白の壁紙は、よく選ばれます。
白は、シンプルで自然な感じで優しい色で、家具やおもちゃとの色合いの相性がいいです。

 

 

■緑の壁紙

 

緑色の壁紙は、森林のようなナチュラルなカラーで、目にも優しいです。
この緑の壁紙で、子供部屋は、落ち着ける、リラックスできる、くつろげる雰囲気になります。

 

 

■ピンクの壁紙

 

女子にダントツ人気なのが、このピンクの壁紙です。
子供部屋が、可愛く、ふんわり、優しい雰囲気になります。
お子様と一緒に、お部屋にマッチした可愛い!ピンクの壁紙を選ばれてはどうでしょうか?

 

 

■黄色の壁紙

 

この黄色の壁紙も子供には人気のカラーです。
明るく鮮やかな黄色は、ポップな感じで、見ているだけで元気がでます。
この黄色の壁紙を使うことで、子供部屋が、楽しい雰囲気になります。

 

 

■青の壁紙

 

青の壁紙は、清潔感があって、爽やかさもあると、男子に人気の壁紙です。
同じ青でも、ライトで軽めの青だと優しい感じ、ダークで濃い目の青だと落ち着いた感じになります。
子供っぽくなり過ぎるのは、ちょっと抵抗があるというお子さんには、この青の壁紙はおすすめです。

 

 

■赤の壁紙

 

赤の壁紙は、アクセントクロスにも使われる、パンチのあるインパクトあり、おしゃれな壁紙です。
この赤の壁紙を子供部屋に使うことで、エネルギッシュで、アクティブな感じの雰囲気になります。
明るく元気な、子供らしい、おしゃれな子供部屋になります。

 

 

 

子供部屋のリフォームで、多い事例は、このように、子供らしい壁紙や床材にかえるものです。

 

可愛らしく、いかにも子供部屋といったポップな柄や色調の壁紙で部屋をイメージアップ。

 

そして、その壁紙に合うように、一緒に床材もかえるといったリフォームが多いです。

 

壁紙、壁のクロス、床材を、他のものに変えるだけで、室内の雰囲気が大きく変わります。

 

ちなみに、この壁紙、壁クロスの張り替えは、比較的安く、手軽にできるのも、いいです。

 

床材も一緒にリフォームするのも、比較的簡単にできます。

 

費用をかえずに、部屋を大きく違った雰囲気の空間にしたいというリフォームには、この壁紙、床材はいいですね。

 

 

壁紙の種類は、本当に多いです。

 

どれが、お部屋にマッチしているのか?

 

本当に迷うと思いますが、じっくり、お子様の意見も取り入れながら、その過程を楽しみながら、進めるてください。

 

それが、リフォームを成功させるポイントです。

 

しかし・・見ているだけで、楽しくなりますね。

 

 

子供と一緒に、子供の意見も取り入れながら、壁紙を選定するのはいいことです。

 

しかし・・1つ注意すべき点があります。

 

例えば、大好きなキャラクター入った壁紙とか・・極端なものを壁紙にした場合、すぐにあきる可能性があるということです。
子供は、どんどん成長しますし、好みも変わります。
長い目でみて、この壁を使い続けることができるか否かを考慮しながら、壁紙を選定するといいです。

 

子供部屋のリフォームを成功させるには、見積もりが重要です!!

 

子供部屋のリフォームには、どんな事例があるのか、わかったと思いますが・・

 

リフォームの費用、価格、相場・・金銭的な面は、疑問に思われている点が多いのではないでしょうか。

 

 

・子供部屋のリフォームって、費用、価格もいろいろ、そもそも相場はいくらなのか?

 

・相場を、どう考えればいいのか?

 

・なぜ、見積もりをとり、比較することが、相場を知るのに重要なのか?

 

・そもそも見積もりのとりかたが、わからない?

 

・見積もりをとっても、費用や価格の金額を比較はできても、どの点に注意すればいいのかポイントがわからない?

 

・なぜ、見積もりの比較で、施工内容まで確認できるのか?

 

 

いろいろ疑問はあると思いますが、当サイトで勉強していただければ、

 

見積もり、費用、価格、相場、施工内容・・ほぼ全て理解できるはずです。

 

 

 

そもそも、あなたが行おうとしている子供部屋のリフォームを、成功させるには、どうしたらいいか、わかりますか?

 

その方法は、ズバリ!

 

複数のリフォーム業者から、まず見積もりをとり、徹底的に比較することです。

 

見積もりで提示された費用、価格、さらには施工内容を、徹底的に比較します。

 

その見積もりの比較により、まず、費用、価格の相場がわかりますので、その相場と比較し、業者の見積もり提示金額を検証します。

 

相場と比較し、極端に安かったり、極端に高い金額の業者は、まず避けた方が無難です。

 

見積もりの提示金額が、相場と比較し、妥当な金額の費用、価格の業者を選択するのが、成功のポイントです。

 

あと、この見積もりの比較によって、適切な、子供部屋のリフォームの施工内容もわかります。

 

過度な施行内容であったり、不足していたりといったことを、見積もりの比較で確認できます。

 

最後に、和室のリフォームを成功させるポイントをまとめます。

 

 

子供部屋のリフォームの成功ポイント:

 

(1)大前提として、まず、信頼できるリフォーム業者であること。
一括見積もり可能なリフォーム比較サイトを活用すれば、そこは確実にクリア!5比較サイト

 

(2)各リフォーム業者から、希望の和室のリフォームが、いくらでできるのか「見積もり」をとります。

 

(3)各社の「見積もり」を比較することで、その子供部屋のリフォームが一般的にどれくらいの「費用」がかるのか、「価格」はいくらなのか、おおよその「相場」を把握します。

 

(4)その「相場」と比較し、妥当な金額の範囲内で、リフォーム業者と「価格」交渉をします。

 

(5)その際に、当サイトで学んだ事を活用しながら業者と、費用、価格について金額交渉をします。

 

(6)その他、複数の見積もり比較することで、本当にその子供部屋のリフォームの施行内容で問題ないのか、どんなリフォームが本来必要なのか・・いろいろなことがわかりますので、施工内容も問題ないのか、確認し進めます。

 

子供部屋のリフォームを、ぜひ、成功させてください!!

 

 

 

著者情報:

村上悠
レリッシュプラン株式会社:代表

 

経営するRCマンション、平屋ガレージハウス等、複数の賃貸物件について、空室対策として何度もリフォームを行ったことがあります。
リフォームは、室内のクロス、床、天井といった小規模なものから、屋根や外壁をリフォームする大規模修繕の経験もあります。
また、自宅を三井ホームで建て、さらに賃貸物件の平屋ガレージハウスを建てる等、新築の家づくり経験もあります。
そういったリフォームや家づくり経験で得た気付き、知識等を、記事にしていきたいと思います。

 

リフォームや家づくり等に役立つであろうと、資格も取得しました。
賃貸業など不動産ビジネスに役立つであろうと、宅地建物取引士に2008年に合格。
また、家づくり、リフォームに色彩は重要ということで、2級カラーコーディネーター(商工会議所)の資格を2019年に取得。
さらに、以前サラリーマン時代に、国内旅行業務取扱管理者の資格も2016年に取得。

 

著者のプロフィール情報

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供部屋のリフォーム事例と見積もり比較でわかる費用、価格の相場は?記事一覧

村上悠です。経営する賃貸物件で空室時のリフォーム、大規模修繕を行ったことがあります。その経験をベースに記事を書こうと思います。子供部屋というものは、その時々の状況に応じて、変えていく部屋だと思います。子供部屋という1つの空間を、最大限に使うということを考えると・・最初、子供が小さいうちは1つの大きな部屋にしておき、その後、子供の成長に合わせて(例えば受験とか)、部屋を2つに分け、そして、子供が独立...

TOPへ