巾木(はばき、幅木)とは何か?

 

 

 

あなたは、巾木とは何かご存知ですか?
多くの方は、何なのか・・よくわからないと思います。
この読み方すら知らないという方も、結構、いたりします。

 

ここで巾木について、簡単に説明しておきます。
巾木は、「はばき」と読み、「幅木」と言うこともあります。

 

 

 

 

部屋の壁と床の間、壁と床の境目に設置される木製やゴム製の見切り材、家の内装に使う細長い帯状の部材のことです。
こちらの画像にあるのが巾木です。
ああ・・これが巾木なのかと納得されたと思います。
誰もがいつも目にしているもので、あなたも、毎日、見ているはずですが、そもそもこれが巾木だと、皆さん、認識すらしていません。

 

今回、そんな巾木について、その種類、役割・・などなど徹底解説したいと思います。
さらに、巾木の素晴らしい効果についてもお話します。
この巾木は、その見せ方により、部屋の雰囲気をガラッと変えることができ、巾木をうまく活用することで、部屋をオシャレに激変させることができます。

 

今後、家をリフォームしたり、建築したりするときに、ここで学ばれた巾木が参考になれば幸いです。

それでは、はじめたいと思います。
最後までよろしくお願いします。

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

巾木にはどんな種類があるのか?

 

それでは、巾木の種類について解説します。

 

 

木巾木とソフト巾木とは?

 

巾木は、大きく2種類に分けることができます。
1つが、木製の木巾木(もくはばき)、そしてもう一つが、ソフト巾木です。

 

 

 

それぞれ木巾木、ソフト巾木について、比較しながら解説します。

 

※さらに、アルミ製の巾木もあります。

 

巾木 素材 見た感じの外観 施工方法
木巾木 木製の巾木で、成型材・無垢材で作られたものや、天然木をカットして作ったものがあります。

巾木に厚みがあり、上部は角を落とし丸みがあるのが特徴です。

 

巾木の表面には細い溝があり、巾木を固定する釘を目立ちにくくする役割があります。

巾木にボンドを付け、壁に貼り付けた後、溝の部分に釘を打ち固定します。

 

出隅や入隅は幅木をカットし突き合わせるようにして施工します。

 

基本的に巾木の1本の長さが4mになるので、搬入が大変です。

ソフト巾木

薄く、柔らかい塩化ビニルで作られた巾木です。
曲げやすく扱いやすいため、DIYで巾木を設置する場合には、簡単に施工ができるソフト巾木がおすすめです。

巾木は薄く、壁面にきれいに収まるように緩やかなカーブが付けられているのが特徴です。

 

床面に沿うようにアールがつけられた、ホコリや水分の侵入を防ぐものもあります。

壁面に巾木の巾に合わせてボンドを塗り、そこへソフト巾木を貼り付け、ローラーなどで圧着します。

 

出隅や入隅などはソフト巾木を折り曲げ、カットすることなく施工できます。

 

ソフト巾木は、90cm単位なので運搬も容易で、扱いやすいです。

 

※価格は、木巾木よりもソフト巾木の方が安いです。

 

 

 

木巾木とソフト巾木のどちらを選べばいいのか?

 

■通常、巾木は、床材と同じものを選ぶことが多いです。
床がクッションフロア等の塩化ビニル系の場合は、ソフト巾木を、 フローリング等の木質系の床であれば、木巾木を選択するケースが多いです。

 

■木巾木は、湿気を吸いやすく、湿気によるゆがみや膨張が生じることがありますが、ソフト巾木は、湿気の影響は全く受けません。
これにより、湿気の多い場所では、ソフト巾木を選びます。
逆に、湿気が少ない場所であれば、木巾木、ソフト巾木、どちらでも問題ありません。

 

ソフト巾木は、施工が簡単なので、DIYで巾木を設置する場合には、ソフト巾木を選ぶといいです。
ちなみに、ソフト巾木はカッターと接着剤だけで施工が可能で、女性でも簡単に扱えます。

 

 

そもそも巾木の役割は何か?

 

巾木を・・なんとなく部屋の装飾、デザイン的な目的で設置するもので、インテリアのパーツと思われている方が、結構、多いです。
確かに、巾木により、部屋の雰囲気は変わりますし、うまく巾木を活用することで、部屋をオシャレに変えることも可能です。
しかし、この巾木には、重要な役割が大きく2つあります。

 

 

壁をダメージから守るという役割

 

 

まずは、こちらの画像をご覧ください。
左が、キズついた巾木で、右がそのキズを修復した巾木です。
このように壁と床の境目にある巾木は、場所柄ダメージを受けやすいのです。

 

例えば掃除機をかける時です。
掃除をしている最中、掃除機のノズルの先端が、ゴツゴツ強く当たってしまい、キズつけ、ダメージを与えることって、よくありますよね。
壁の床に近い下の部分は、特にそのダメージのリスクが高いです。
このようなダメージを、壁と床の境目にある巾木が、壁の代わりに吸収してくれます。
つまり、巾木は、壁へのダメージを与えることを防いでくれるわけです。

 

ちなみに、ダメージを受けた巾木は、その部分を交換するだけで済みます。
しかし、壁が汚れたり、キズつき、破損してしまうと、その補修は費用もかかるし、作業は大変です。

 

このように、巾木は壁を守るという重要な役割があります。

 

 

壁と床との緩衝材になるという役割

 

2つ目の巾木の役割は、壁と床との緩衝材になるという役割です。

壁と床の間には、実はわずかに遊びとなる隙間が設けられており、こうすることで、地震などで床や壁が多少動いたとしても、うまく力を逃がす事ができるのです。
また、この隙間があることで、内装工事がやりやすく、効率アップするというメリットもあります。
巾木があることで、下地の固定ビスやクギが見えないように、簡単に施工することができ、端部の施工がやりやすいということです。
さらに巾木は、このような壁と床の間の遊び、隙間をうめるという役割もあります。

 

 

 

巾木で部屋をオシャレに変える方法とは?

 

巾木の使い方により、その部屋がシックで落ち着いた感じになったり、巾木がアクセントとなり締まった感じになったり、奥行きのある広がりを感じたり・・部屋の印象はガラッと変わります。
リフォームで巾木を変えるだけで、部屋をオシャレな雰囲気にセンスアップできたりもします。

 

巾木は、様々な素材、色、サイズ、種類がいろいろあり、どの巾木にすればいいのか、本当に迷います。
部屋をどんな感じの空間にしたいのかにより、巾木の選定は異なり、実に奥が深いです。

 

 

巾木の選定ポイントについて解説します。
選定ポイントは、ズバリ!2つです。

 

■一つは、巾木の色をどうするか?
床の色に合わせるのか、壁の色に合わせるのか、黒、白・・にするのか。

 

■二つ目が、巾木のサイズ(高さ)をどうするか?
小さく、高さのないもにするのか、極力目立たないものにするのか、それとも高さのある存在感のある巾木にするのか。

 

それぞれ、さらに詳しく解説していきます。

 

 

巾木の色(黒、白など)について

 

巾木を、黒などの暗い濃い感じの色にすると、その部屋は狭く感じられるようになりますが、部屋がメリハリのある引き締まった感じにもなります。

こちらの画像は、高さのある黒の巾木が使われています、シックで引き締まった感じの部屋です。

 

 

 

 

 

逆に、巾木を白い色のもにすると、部屋がスッキリした感じになります。

こちらの画像は、壁の色に合わせ、白の巾木です。奥行きのある、広がりが感じられる、スッキリした印象の部屋です。

 

 

 

 

ご紹介した黒等の濃い色、壁に合わせた白系の色の巾木以外に、床の色に合わせたナチュラルな木目色の巾木が多いです。

 

最近増え始めているのが、グレーの巾木です。
床も壁も白系のカラー場合、このグレーの巾木は見栄えがいいです。
グレーの巾木は、床と壁の間を、目立ち過ぎない感じでアクセントとなってくれ、センスがいいです。

 

巾木が濃いカラーで目立ちすぎ、存在感があり過ぎると、そこが強調され過ぎて、何だかうるさく感じ、落ち着かない部屋になってしまうことがあります。
そこで、巾木を、できる限り目立たないものにし、部屋をスッキリした感じにし、部屋をオシャレにするという、巾木の選定の仕方もあります。

 

 

巾木のサイズについて

 

サイズが小さく、高さのない、目立たない巾木を使うことで、床と壁の区切りがハッキリしなくなり、メリハリがなくなります。
巾木の存在感を減らし、そのことで、部屋に奥行きがあり、広く感じられ、スッキリした印象になります。

 

逆に、サイズが大きく、高さのある巾木である場合、床と壁の境界がハッキリとして、巾木が部屋のアクセントになります。
それにより、メリハリのある引き締まった、シックで落ち着いた感じの、オシャレな部屋にセンスアップできます。

 

 

どの巾木を使うのが、その部屋にとって一番いいのか・・本当に奥が深く、難しいです。
その分、巾木の選定、リフォームの際に使うのも、面白いと思います。

 

 

目立たない巾木、アルミアングルとは?

 

巾木を、できる限り目立たないものにし、存在感のないものにすることで、部屋をスッキリさせ、オシャレにするという、巾木の使い方について、先ほど、お話しました。

 

確かに、巾木の色を白系にし、サイズを小さいものにすることで、巾木を目立たなくすることはできますが・・でも巾木は見えます。
中には、もっと巾木を目立たなくしたい、部屋をスッキリさせたいという方もいると思います。

 

そんなこだわりのある方に、ぜひご紹介したい巾木があります。
それは、究極的に目立たない優れものの巾木で、アルミアングルの巾木です。

 

 

まずは、こちらの画像をご覧ください。

 

これはアルミアングルというL字の金物の巾木を使ったものです。
アルミアングルの巾木だと、巾木のでっぱりが無くなり、逆に壁が凹むようになります。
巾木が全く無い、存在しないように見え、部屋がスッキリした感じになります。

 

アルミアングルの巾木のメリットは、巾木のでっぱりがなくなるので、巾木の上にホコリが溜まるということがなくなります。
細部まで清潔にしたいという、キレイ好きな方には、おすすめの巾木です。

 

デメリットとしては、アルミアングルそのものの価格が高く、さらに施工が結構大変ということで、その分、価格が高いという点です。

 

 

 

 

 

 

巾木を変えるリフォーム事例とは?

 

巾木を変えることで部屋の雰囲気を、ガラッと変え、オシャレにできます。

 

この巾木は、価格も比較的安いので、安い費用で、部屋のイメージを変えられると、リフォームでも巾木は、よく使われます。

 

以下にご紹介する通り、リフォームの内装工事では、この巾木(はばき)は、本当によく使われます。

 

それでは、巾木を変えるリフォームの事例を、いくつかご紹介します。

 

 

3LDK全てのフローリングを張り替えるリフォーム事例です。

床だけでなく、巾木も全て交換することで、新築同様にすることができたというリフォームの成功事例です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロスの張り替え、フロアタイル張り替え、LEDダウンライト工事等を行ったリフォームの事例です。リビングの1面だけアクセントクロスにし、さらに巾木も変えており、お部屋の雰囲気のセンスアップに成功したリフォームです。

 

 

 

 

年数が経ち、傷がたくさん付いていたフロアと巾木を新調したリフォーム事例です。予算と工事日数を抑えるため上から重ね張りで施工してます。

 

 

 

 

 

 

■リフォームをしたい場所ごとに、成功ポイントが書かれています。
失敗しないリフォームのために。リフォームノウハウ満載

 

 

 

 

 

まとめ:巾木(はばき)で部屋をオシャレにする!そんな巾木とは何か、役割、種類等を解説します!

 

以上、巾木(はばき・幅木)について解説しました。

 

毎日、何気なく見ている巾木(はばき)が、いかに重要なものなかが、よ〜くご理解いただけたと思います。

 

壁を守る役割、壁と床の緩衝材という役割、さらに部屋のイメージを変えるというインテリアとしての役割、巾木は様々な点で重要です。

 

うれしいことに、この巾木は、価格が比較的安いです。

 

安いコストで、部屋をオシャレに変えるために、ぜひ、リフォームで積極的に活用されるといいです。

 

ここで学ばれた巾木を、リフォームだけでなく、新築にも、ぜひ活用していただければと思います。

 

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

実際に使ってみましたが、よかったです。
あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

 

 

リフォーム費用は、施工業者によって、驚くほど金額にひらきがあります。

まずは、リフォーム費用の相場を知ることが重要です。
相場を知ることで、結果、できる限り費用を安く抑えることもできます。
見積もりをとることからスタートし、ぜひ、リフォームを成功させてください。

 

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

TOPへ