壁紙(クロス)のリフォームにとって、壁紙(クロス)の選び方は極めて重要です。

 

 

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

今回は、壁紙(クロス)のリフォームについて取り上げます。

 

この壁紙(クロス)のリフォームは、他のリフォームに比べると、比較的安くすみます。

 

例えば、水回りの設備の交換となると、かなりの費用がかかりますが、壁紙(クロス)の場合は、工事らしい工事もないので、比較的安いです。

 

そのためか、かなり軽い気持ちで、あまり考えず壁紙、クロスを選び、リフォームを進める方が多いです。

 

そのためか、残念な結果に終わるケースが、本当に多いです。

 

壁紙(クロス)のリフォームを成功させるか否かは、全て、壁紙(クロス)の選び方にかかってきます。

 

壁紙(クロス)の選び方を間違わなければ、お部屋を、あなたが思い描く理想の空間に変えることができます。

 

それもコストをかえずに。

 

しかし、選び方を誤ると、まず、失敗します。

 

当初、イメージしていたものとは、全く異なる空間、台無しなお部屋になってしまします。

 

 

 

 

このように壁紙(クロス)の選び方は、極めて重要です。

 

選び方には、いくつかポイントがあります。

 

リフォームを失敗させないためにも、当サイトで、よ〜く、正しい壁紙、クロスの選び方をマスターしてください。

 

 

壁紙(クロス)のリフォームにかかる費用は?

 

 

 

 

壁紙(クロス)の選び方に入る前に、リフォームの費用がいくらかかるのか、それと、リフォームを進める上での注意点を解説します。

 

まずは、壁紙(クロス)のリフォームにかかる費用の相場について、お話します。

 

(費用の内訳は、壁紙(クロス)の材料費と諸々の工事費です。)

 

当然、張り替える壁紙、クロスのグレードにもよりますが、目安は、以下の通りです。

 

 

スタンダードな壁紙(クロス)の張り替え ハイグレードな壁紙(クロス)の張り替え
750円〜900円/m 1,100円〜1,300円/m
800円〜1,000円/u 1,200円〜1,400円/u

 

 

ここで注意すべき点が、2つあります。

 

※ メートル単位と平米単位の違いについて:

 

壁紙(クロス)は、幅が0.9mのロール状に巻かれたものです。

 

メートル単位は、その1mになりますので、正確には、1m×0.9m(幅)=0.9uにあなりますので、平米単位の1uより面積が少し狭くなります。

 

※ スタンダードな壁紙(クロス)とハイグレードなものとの違いについて:

 

簡単に言いますと、スタンダードな壁紙(クロス)は、量産品のもので、ハイグレードな壁紙(クロス)は、デザインも豊富で機能も多彩なものです。

 

ハイグレードな壁紙(クロス)は、1000番台クロス、1000番クロスとも言われていますが、これは「定価が1,000円を超える」ことからそう呼ばれています。(あまり深い意味はないです)

 

ただ・・勘違いしていただきたくないのですが、スタンダードな壁紙(クロス)でも、素晴らしい商品であり、充分だとういことです。

 

防カビ等の基本的機能は備わっていますし、デザイン性はないですが、シンプルなもので、落ち着いた雰囲気の柄が多く、素敵なお部屋にリフォームすることには、全く問題ありません。

 

むしろ、こちらの壁紙(クロス)を使いリフォームをされる方の方が多いくらいです。

 

特別凝ったデザインの壁紙(クロス)の部屋にしたいとか、ペットがいるので、消臭機能や、ひっかき傷のつかない機能の壁紙(クロス)にしたいとか、そういった特別なケースは、費用は高くなりますが、ハイグレードを選ばれるといいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁紙(クロス)の費用ですが、メートル単位や平米単位ではよくわからないと思います。

 

もう少し具体例で説明しておきます。

 

例えば6畳の場合ですが、30uとなりますので、計算すればわかると思いますが。

 

スタンダードな壁紙(クロス)であれば、費用は3万円いきません。

 

ましてや、アクセントクロスのように、6畳の部屋の一面だけを、壁紙(クロス)を張り替えるとなると、さらに安くなります。

 

さらに、リフォーム費用を安くするには、一番効果ある方法は、自分でやってみることです。

 

DIYにトライされる方も、結構多いのですが、やはり仕上がりを重視するのであれば、プロに依頼するのがベストです。

 

日曜大工に自信のない方は、材料が無駄にならないよう、頼むのがいいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、壁紙(クロス)のリフォーム費用の内訳を、材料費を除く工事費用について、詳細にお話しておきます。

 

 

工事費用には、通常以下の費用が含まれています:

 

■養生費
天井、床、壁などを保護するために、ビニールなどでカバーし保護するための費用

 

■下地処理費
壁紙(クロス)を張り替える前に、表面の汚れを落とし、小さなキズを治すための費用

 

■廃材処理費
はがした古い壁紙を処分するための費用

 

■荷物移動費
壁紙を張り替える際に、邪魔な家具を動かすのにかかる費用
ピアノ等、大きなもになると、1個当たり2,000円も費用がかかるケースがありますので、リフォーム工事の着工前に、できる限り自分で家具を移動させておくのがいいです。
その分、コスト削減にもなります。

 

壁紙(クロス)のリフォームにおける注意点とは?

 

壁紙(クロス)の張り替えのリフォームで、一番の注意点は、既にお話した通り、壁紙(クロス)の選び方です。

 

選び方については、後ほど、じっくり解説したいと思いますが、その他の注意点を、ここでお話します。

 

 

業者の提示金額にご注意ください

 

リフォームの広告を見ていると、業者の中には、「8帖で〇〇円」と提示しているケースがあります。

 

これだと、〇〇円の定額で、8畳の部屋の壁紙(クロス)のリフォームを、全て行えるように思えます。

 

しかし、実際の施工費用が、その金額をオーバーすることがあるので、ご注意ください。

 

当然ですが、同じ8畳でも、天井の高さにより、壁の面積は異なります。

 

天井が高い部屋の場合、〇〇円の定額をオーバーするかもしれません。

 

その点は、見積もりをとり、金額、内訳・・よ〜く、事前に確認するようにしてください。

 

 

 

壁紙(クロス)の平米単価とメートル単価は違うので、ご注意ください。

 

平米単価は、1uの面積が基準になりますが、メートル単価は、0.9uの面積が基準になりますので、ご注意ください。

 

あくまでも、幅0.9メートルの壁紙(クロス)の1mなので、1m×0.9m(幅)で0.9uになります。

 

見積もりを確認される際には、特に、ご注意ください。

 

 

 

新しく張り替えた壁紙(クロス)の周囲とのバランスにご注意ください。

 

新しく張り替えた壁紙(クロス)と、交換しなかった別の壁の壁紙、天井のクロスと、見た感じ不自然で、バランス悪く、見栄えが悪くなるケースがあるので、ご注意ください。

 

それと同じで、新しい壁紙(クロス)とその壁にある、窓枠、照明、エアコン・・が妙に古く、汚く見えてしまうケースもあります。

 

この場合も、新しく張り替えた壁紙(クロス)とのバランスが、悪くなり、見栄えも悪いです。

 

こういった点も含めて、リフォーム業者によく相談することが重要です。

 

 

 

壁紙(クロス)のリフォーム業者の選定にご注意ください。

 

壁紙(クロス)の張り替えのリフォームは、当然、綺麗に上手に壁紙、クロスを張り替えることが重要です。

 

そのため、高度なスキル、技術力のあるリフォーム業者に依頼する必要があります。

 

しかし、壁紙(クロス)のリフォームを成功させるは、それだけでは不足します。

 

デザイン的なこともアドバイスできる、経験豊富、実績のある、リフォーム業者に依頼するようにしてください。

 

現場の状況を確認した上で、先ほどのバランスの問題も含め、的確なアドバイスをしてくれる業者を選定すべきです。

 

それには、見積もり比較サイトを活用し、ベストなリフォーム業者を選びましょう。

 

 

 

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

リフォーム会社の紹介サイトから紹介を受けるのが確実です!

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

 

 

 

アクセントクロスとは?

 

壁紙のリフォームの中でも、部屋の一部に、インパクトある壁紙(クロス)をはるアクセントクロスが人気です。

 

色合いも雰囲気も全く異なるカラーのクロスを部屋の一部の壁にはることで、部屋にアクセントを加え、その部屋の雰囲気が、ガラッと変えることができます。

 

このワンポイントクロスにより、部屋が広く見えたり、落ち着いた感じにしたり、モダンな感じにしたり、明るい感じにしたり・・魔法のように変えることができます。

 

リビング、キッチン、ダイニング、寝室、子供部屋、玄関、トイレ、洗面・・どこで、アクセントクロスにより、その部屋を、素敵な空間にすることが可能です。

 

このアクセントクロスが素晴らしいのは、部屋の壁紙を、全て張り替えるような大掛かりなリフォームと違って、手軽に、かつコストをかけないで行うことができます。

 

一般的にアクセントクロスは部屋の壁面の20〜30%程度が適当です。

 

一番の注意点は、クロスの色の選ぶ際に、無難な色を選ばないということです。

 

そもそも、アクセントクロスは、部屋のアクセントになるもの、ワンポイントになるものです。

 

他の壁と同じような無難な、淡い色や、床の色と同系色の色を、アクセントクロスに選ぶと、普通の壁紙と一緒のように見えてしまいます。

 

最悪なケースは、かえって部屋の印象が悪くなったりもしますので、色選びは、じっくり検討してください。

 

少し、派手かなって!!思うくらいのカラーの壁紙(クロス)を、アクセントクロスに選ぶといいです。

 

おしゃれな、センスのいいアクセントクロスの選び方は、別途、記事にまとめたいと思います。

 

それでは、いくつかアクセントクロスをはったお部屋をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いかがですか?

 

壁の一部にアクセントクロスをはっただけで、そのお部屋の空間が、変わったのが、おわかりいただけましたでしょうか?

 

アクセントクロスについては、ここのコーナーで、さらに解説していきます。

 

お部屋ごとに、どんなアクセントクロスをはれば、どう雰囲気が変わるのか・・おしゃれなアクセントクロスを選ぶポイントとか、徹底解説していきます。

 

ちなみにアクセントクロスも、業者に依頼する際には、相見積もりで進めるのがベストなのは、他のリフォームと全く同じです。

 

いくらリフォーム費用が安いからといって、1社だけで進めるのは、絶対にやめましょう。

 

 

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

リフォーム会社の紹介サイトから紹介を受けるのが確実です!

 

↑ クリックしてみてください ↑

壁紙(クロス)のリフォーム、特にアクセントクロスに注目!記事一覧

↑  ↑リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!クリックしてみてください。住んでいる家や中古住宅を購入して、自分でリフォームするのが、最近とても流行っています。若い世代の人たちに人気なのがカフェ風のリフォームです。可愛さと機能性をアップさせるカフェ風リフォームは、ホームセンターなどで材料を購入して手軽にすることが出来ます。まず、大きな面積を占める壁をリフォームすると、部屋の印象がかなり変...

あなたは、巾木とは何かご存知ですか?多くの方は、何なのか・・よくわからないと思います。この読み方すら知らないという方も、結構、いたりします。ここで巾木について、簡単に説明しておきます。巾木は、「はばき」と読み、「幅木」と言うこともあります。部屋の壁と床の間、壁と床の境目に設置される木製やゴム製の見切り材、家の内装に使う細長い帯状の部材のことです。こちらの画像にあるのが巾木です。ああ・・これが巾木な...

TOPへ