和室を洋室にリフォーム!畳をフローリングに変える価格、費用とは?

 

 

 

今回は、和室を洋室にリフォームする費用、価格について、特に畳をフローリングに変えるケースを中心に解説していきます。

 

後程、ご紹介する体験談にもありますが、畳に不満がある方は多く、フローリングへのリフォームを検討される方が、本当に多いです。

 

これからお話することが、和室から洋室へのリフォームを検討される際の、参考になれば幸いです。

 

それでは、始めます。

 

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

このページの目次

 

 

 

和室を洋室にリフォームする価格、費用とは?

 

 

和室から洋室へのリフォームを検討される方は、本当に多く、その理由は、様々です。

 

当初は、来客用の宿泊場所として考えていた和室が、ほとんど使われず、無駄なスペースになっているので、そこを有効活用したいとか。

 

カビやダニが発生しやすい畳を、清潔で掃除のしやすいフローリングに変えたいとか。

 

また、和室の畳、障子、ふすまの張り替え等、費用とメンテナンスが大変なので改善したいとか、理由はいろいろ。

 

そんな様々な問題をかかえる和室を洋室に変えるリフォームですが、施工内容には、以下の通りいくつかパターンがあります。

 

■和室の畳だけをフローリングに変える、比較的軽めのリフォーム。

 

■畳をフローリングに変えるだけでなく、さらに天井や壁のクロスも洋室仕様に変えるリフォーム。

 

■和室の押入れを洋室向けのクローゼットに変えるリフォーム。

 

■和室のふすまを、ドアである洋室建具に変えるリフォーム。

 

このように、和室を洋室に変えるリフォームの施工内容は様々で、当然、価格、費用も異なります。

 

和室を全面的にリフォームし、完全に洋室に変えるリフォームもあれば、

 

結構、多いのが、畳のみをフローリングに変える、比較的小規模なリフォームです。

 

どこまで施工するかにより、リフォームの価格、費用は大きく違ってきます。

 

それでは、それぞれの、リフォーム施工内容の、リフォームの価格、費用について解説していきます。

 

 

畳をフローロングに変えるリフォームの価格、費用とは?

 

 

和室の畳をフローリングに変えるリフォームの価格、費用について解説します。

 

よくある和室(6畳〜8畳程度)の畳をフローリングにリフォームするのに、価格、費用は、おおよそ、13万円〜30万円かかります。

 

住居のタイプが一戸建てなのか、マンションなのか、断熱材を設置するか否か、フローリング材を通常のものにするのか、無垢にするのか、大きくはこれらに応じてリフォームの価格、費用はかわってきます。
なお、マンションの場合、管理規約等により、防音仕様のフローリングを使う必要があり、その分費用が高くなります。

 

住居タイプ フローリング材(断熱材の有無) 6畳の場合 8畳の場合
一戸建て 通常のフローリング(断熱材あり) 14万円〜17万円 18万円〜21万円
一戸建て 通常のフローリング(断熱材なし) 13万円〜16万円 17万円〜20万円
一戸建て 無垢のフローリング(断熱材あり) 15万円〜19万円 19万円〜24万円
一戸建て 無垢のフローリング(断熱材なし) 14万円〜18万円 18万円〜23万円
マンション 通常のフローリング(断熱材あり) 19万円〜22万円 24万円〜28万円
マンション 通常のフローリング(断熱材なし) 18万円〜21万円 23万円〜27万円
マンション 無垢のフローリング(断熱材あり) 20万円〜24万円 25万円〜30万円
マンション 無垢のフローリング(断熱材なし) 18万円〜22万円 24万円〜29万円

 

 

 

畳を撤去し、フローロングに変えるだけなのに、なぜ、こんなに高いのか?

 

この金額を高いと思われた方も多いと思います。

 

なぜ、価格、費用が高いのか、簡単にご説明しておきます。

 

実は、畳をフローリングに変更する工事は、畳を撤去し、そのままの状態でフローリングを張る、単純な工事ではないからです。

 

まず、畳を撤去したら、そこに下地材の設置工事を行い、その後にフローリング材を張る必要があります。

 

通常、畳の厚さは4p〜5pありますが、それに比べフローリング材は、1.2p程度しか厚みがありません。

 

下地材を設置しないと、隣の部屋の床との間に、畳とフローリングの厚みの差、2.8p〜3.8pもの段差が生じてしまいます。

 

この段差を生じさせないために、高さ調整のために下地材を設置する工事が、どうしても必要になり、その分、施工費用が高くなります。

 

そして、少し専門的な話になりますが、通常、床の下地には、根太(ネダと言います)という横木を、一定間隔で設置します。

 

畳の場合は強度が高いので、根太と根太の間隔は広めに組めます。

 

一方フローリングは、畳に比べ、強度が弱いので、根太の間隔を狭くする必要があります。

 

この根太の組み直し、設置作業分、当然、価格、費用は高くなります。

 

また、築年数の経った住宅の和室の場合、畳の下に断熱材がはいっていない場合があります。

 

フローリングは畳に比べ、厚みがなく薄いですし、畳より冷えやすいので、断熱材を設置する工事も必要になり、その分の施工費用が高くなります。

 

さらに、マンションの場合、管理規約等により、防音・遮音仕様のフローリングを使う必要があり、その分費用が高くなります。

 

フローリングは畳よりも防音・遮音性が劣りますので、マンションのような集合住宅では、フローリングに、防音・遮音について、結構、厳しく制限をかけてます。

 

マンションにお住いの方は、事前に、管理規約を必ずチェックする必要があります。

 

 

和室を洋室にする際に行う天井とクロスのリフォームの価格、費用とは?

 

 

和室から洋室へのリフォームの際に、畳のフローリングへの張替えだけでなく、あわせて、天井や壁のクロスも一緒にリフォームするケースです。

 

せっかく、畳をフローリングに変えても、壁や天井が和室仕様だと、アンバランスというか、実に中途半端です。

 

ぜひ、壁と天井のクロスを、洋室向けのクロスに張替えることを検討されてはいかがでしょうか。

 

和室の壁と天井のクロスを、洋室仕様の壁紙クロスにリフォームする場合の価格、費用は、おおよそ、6〜8畳間の和室で10万〜20万円程度になります。

 

当然、状況に応じて、リフォームの価格、費用は変わってきますので、あくまでも、参考の金額です。

 

 

和室を洋室にする際に行う押入れをクローゼットにするリフォームの価格、費用とは?

 

 

和室の押入れをクローゼットにリフォームする価格、費用は、おおよそ8〜25万円です。

 

リフォームの価格、費用は、状況に応じて施工内容が変わってきますので、金額にかなりひらきがあります。

 

例えば、クロゼット内部が結露してしまうリスクがあれば、断熱材を導入する必要がありますし、さらに床材の補強工事が必要になることもあります。

 

このように同じクローゼットのリフォームでも、施工内容が異なり、価格、費用の金額も違ってきます。

ます。

 

リフォームの施工内容としては、まず、ふすまを撤去します。

 

そして、扉材を取り付け、押入れ内部に、内側の仕切り材やハンガーパイプなどを設置する施工になります。

 

扉は、ぜひ、その洋室に合ったものにするといいです。

 

床、天井、壁とのバランスのいい扉を選択することで、その部屋の雰囲気がグッとよくなるので、扉にはこだわるといいです。

 

ちなみに、クローゼットは、そこに住む者にとって、快適な暮らしが実現できるか否か、意外と重要なポイントです。

 

どのようなリフォームにしたいのか、クローゼットの使い方を、よくリフォーム会社の担当者に伝え、納得いくまでご相談されるといいです。

 

 

和室を洋室にする際に行うふすまをドア(洋室建具)に変えるリフォームの価格、費用とは?

 

 

通常サイズのふすま(間口750mm前後)を、洋室向けのドアに変更する場合、リフォームの価格、費用は1ヶ所あたり8万円〜15万円です。

 

このドアのリフォームで、最も簡単な施工で、かつ費用を安く抑えるのであれあば、引き戸タイプのドアにするのがおすすめです。

 

この場合、ふすまの建具本体と敷居の交換だけの簡単な工事になります。

 

開き戸に変更する場合は、隣室や廊下との段差をなくす施工工事が必要になるなど、その分、リフォーム価格、費用は高くなります。

 

 

和室を洋室に全面リフォームする場合の価格、費用とは?

 

 

和室(6〜8畳間)を全面的に洋室にリフォームする価格、費用は、おおよそ55万円〜100万円です。

 

これまでお話した、畳のフローリングへの変更、壁や天井のクロスの張替え、押入れをクローゼットにしたり、ふすまを洋室建具に変えたりすることを、全て行うリフォームになります。

 

個別にリフォームを依頼するのではなく、部屋全体のリフォームの依頼になりますので、個々のリフォーム金額は、多少安くなる傾向があります。

 

どうせリフォームするのであれば、まとめて行う方が、コスト的にもお得なように思います。

 

 

 

できる限り安く、リフォームを確実に成功させるには?

 

 

和室から洋室へのリフォームをできるだけ安い費用で、そして、信頼できる業者に依頼をし、リフォームを成功させるには、どうしたらいいのでしょうか?

 

そのためには、まず、見積もりをとる必要があります。

 

玄関網戸の取り付けにかかる費用、価格、値段、相場・・を知るには・・
まず、リフォーム会社に見積もりを依頼する必要があります。

 

しかし・・このリフォームの見積もりについて、どう取るのか、どう比べるのか・・全くわからないという方がほとんです。

 

 

リフォームの見積もりの取り方がわからない

 

和室から洋室へのリフォームで、まず気になるのは、リフォームの費用、価格、相場・・お金がいくらかかるのか、どれくらい予算をみておけばいいのか。

その金額を知る方法は、たった1つ、リフォーム会社に見積もりを依頼するしかありません。

 

 

その見積もりの取り方、その見積もりをいくつ取ればいいのか、よくわかないという不安と悩みです。

 

なぜ、1社の見積もりではダメなのか?

適正な費用、価格がわからない
(中には高額な請求をしてくる業者もいるので要注意です)
→ 私は、あと少しで大損するところでした。(体験談)
業者が提案する施工内容が適正なのかわからない
リフォームプラン、アイディアが充分でない
(他のプラン、アイディアと比較することで、さらに満足度の高いものにすることができます)

 

そして・・複数の見積もりを比較検討することが重要です。

 

 

 

リフォーム業者を信頼できない

 

リフォームに関係した事件、トラブルが本当に多いです。

高齢者をだまし、必要のない屋根のリフォームを行おうとした詐欺事件もありました。
→ 参考)リフォームの詐欺事件
また、こちらが何も専門知識、リフォーム経験がないことにつけこみ、手抜き工事を行ったり、相場より高い費用を請求してくることはないのかという、不安と悩みです。

 

 

 

見積もりの手続が面倒だし時間がない

 

複数の見積もりを取るのは、手続が面倒で、時間もかかるのではないかという不安や悩みです。

リフォームを行いたいが、しかし、毎日忙しいので、そこには、あまり時間をかけることができないという方が多いです。

 

これら全ての悩みや不安を解決するには、リフォーム比較サイトを活用し複数のリフォーム会社に見積もりを依頼するのがいいです。 

 

 

実際に使ってみましたが、よかったです。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

 

 

 

タウンライフリフォーム

■特徴:
リフォーム業者の紹介数は3社ですが、さらに見積もりをとりたい場合は、他のリフォーム比較サイトも使えば何ら問題ないです。サポート体制は、メールでの手厚いフォローもあり問題ないです。紹介されたリフォーム会社も、3社とかなり絞っての紹介なので、迷うことなく進めることができ、リフォーム一括見積もりの申込手続も、簡単かつわかりやすく問題ないです。リフォームの提案内容が充実していると好評です。特に、リフォームプランにアイディアが必要なリフォームは、ここは、絶対にはずせません。 → 詳細ページ

 

■総評:
全国300社以上に対し一括見積もり申請でき、リフォームのアドバイスも無料で受けられます。ネットで簡単に、「リフォームプラン」を依頼することができると評判。さらにプランのアイディアがリフォームの参考になると評判もいいです。

紹介数 公式ページ 評価
最大3社 タウンライフリフォーム
和室,洋室,リフォーム,畳をフローリングに変える

 

ホームプロ

■特徴:
リフォーム業者の紹介数は8社と一番多く使い勝手がいいです。サポート体制も、必要に応じて、アドバイスがもらえ、素人でも安心できます。紹介された業者間の比較も、実績、得意分野も公開されており、比較しやすいです。申込み手続きもわかりやすく、スムーズに進めることができます。評価、口コミ情報も多く、そのリフォーム業者の実情がよくわかります。 → 詳細ページ

 

■総評:
利用者数ナンバー1。匿名で複数のリフォーム会社に一括見積もり申請ができます。NHK等マスコミで300回以上紹介され話題に。運営は、リクルート、大阪ガス子会社、NTT西日本、NTT東日本の4社が出資する会社が行っており信頼できます。

紹介数 公式ページ 評価
最大8社 ホームプロ 和室,洋室,リフォーム,畳をフローリングに変える

 

リショップナビ

■特徴:
リフォーム会社の紹介数は、最大5社であり、サポート体制も、専門スタッフ、コンシェルジュが対応し問題なく、使い勝手がいいです。リフォーム会社の比較も、ほぼ問題ないです。不明な点は、その都度、質問することもできますので安心です。一括申請の手続きは最も簡単で、ネットに弱い方でも専門スタッフとのTELにより、細かい点をつめていくので、進めやすいです。リフォーム会社に対する評価、口コミは悪いものも含め、全て公開されています。 → 詳細ページ

 

■総評:
自社の厳格な審査基準をクリアした会社、優良リフォーム会社のみ紹介され、一括見積もり依頼ができるので安心です。各リフォーム会社のお店情報やリフォーム事例、費用や工事期間、リフォームプラン等詳細にWebで公開しており、利用する価値大きいです。

紹介数 公式ページ 評価
最大5社 リショップナビ 和室,洋室,リフォーム,畳をフローリングに変える

 

 

 

 

8畳の和室の畳をフローリングに変え、洋室にリフォームしてよかった!【体験談】

 

 

お寄せいただいた体験談をご紹介します。

 

和室の畳をフローリングに張替え、部屋をリフォームにした体験談で、畳の張替えをお考えの方には、参考になると思います。

 

では、どうぞ。

 

 

 

まずは、こちらをご覧ください。

 

 

 

私の家は、ほとんどの部屋がフローリングで、ひと部屋だけ8畳の畳の和室です。

 

和室はお客さん用として使う予定でした。

 

畳の部屋で8畳もあれば、そこに布団を敷き、4〜5名は寝られるので、ゲスト用です。

 

しかし、実際は、和室を使うことが、ほとんどなく、だんだん部屋としてもったいないと思うようになりました。

 

一年に一度、訪問があるかないかのお客さんのためよりも、もっと自分たちの生活のために使いたいと思うようになりました。

 

そこで8畳の和室の畳をフローリングに張替えることにしたのです。

 

和室の全てをリフォームするとなると、予算の関係で苦しいので、とりあえず今回、畳をフローリングに張り替えることに限定しました。

 

それでは、私の体験談をご紹介します。

 

 

 

 

畳をフローリングの張替えた理由とは?

 

8畳の和室は、ほとんど使うことがありませんでした。

 

これまで、お客さんが使う部屋として、そのまま残していたのですが・・

 

このままずっと、8畳もある和室を使うことなく放置しておくのは、もったいないと思いが強くなりました。

 

さらに・・その和室は、畳ということで、掃除の面で使いにくいのです。

 

我が家では、掃除機を使わず、そのまま雑巾でふくことにしています。

 

フローリングだとさっとふくことができるのですが、畳だとそんな風にできないんですね。

 

和室の畳だけ、箒などの別の掃除道具で掃除をする必要があり、それが面倒と思うようになりました。

 

だんだん、和室の畳のところだけ掃除をする回数が減り、なんとなく汚い部屋というそんな感じになっていました。

 

畳は、暗いイメージもあるので、その点も不満でした。

 

 

 

そこで、私がまず考えたのは・・

 

和室がリビングの隣にあるので、畳をフローリングに張替えることで、和室をリビングと一体化させ、広くしたいと。

 

そのことについては、家族全員が大賛成でしたね。

 

フローリングは、掃除だけでなく様々な面で使いやすいということで、反対する家族はいませんでした。

 

リビングを広くすることで、今まで狭く使いにくかったリビングが、快適で過ごしやすく、そこにいて楽しくなるはずです。

 

そんな夢と希望をもって、今回、思い切って、和室の畳をフローリングに張替え、リフォームすることにしました。

 

 

 

8畳の和室の畳をフローリングに張替えるための費用は?

 

和室の畳をフローリングに張替えるリフォームにかかる費用は、当初、思っていたほど高くありませんでした。

 

その和室の部屋は8畳ありますが、その部屋で50万円という予算内で済ますことができたのです。

 

通常はリフォームと言うと、とても高い費用、価格になると思っていたので、意外でした。

 

100万円単位の金額になると思っていただけに、そのことを知りもっと早くリフォームをすればよかったと思います。

 

毎日暮らす家なので、その便利さ快適さ、心地よさを考えたら和室をフローリングに張替え、リフォームする方がずっといいです。

 

リフォームをどうしてもっと早く進めなかったのかと、少し後悔しています。

 

 

 

張替えるフローリングの種類は?

 

 

 

 

 

張替えるフローリングは、どんなものがいいだろうと、いろいろと検討していました。

 

その時、やはり隣のリビングのフローリングのものと合わせることが一番と思ったのです。

 

床が違う色だとなんとなくちぐはぐな感じになってしまうからです。

 

そこでリビングのフローリングの色と合わせることにして、その色を営業の人に見つけてもらうことにしました。

 

その結果、幸運にもほぼ似た色を見つけてもらうことができました。

 

それは、複合フローリングという種類のものです。

 

リビングのものよりも、ピカピカして少し光る感じのモノです。

 

見た目は綺麗だし、違和感なく使えるのでいいと思ってそのフローリングに決めました。

 

そして、出来上がった時にこんなに綺麗になるのかと感動しました。

 

 

複合フローリングとは?

 

合板、集成材等の表面に、0.3o〜1o程度に薄く削った天然木(ナラ、サクラ、カバ、ブナなど)を張り合わせた床材を複合フローリングといいます。

 

 

 

和室の畳をフローリングに張替えたことによる気になる2点とは?

 

 

1点目の気になる点。

 

当初、いいと思った複合フローリングですが、ちょっとだけ気になる点があります。

 

フローリングは、ピカピカして綺麗で、床が冷たく、夏はとても過ごしやすいと感じますし、冷房もききやすくその点、とてもいいです。

 

しかし、その半面、冬はとても寒いのです。

 

そのことは、出来上がってから知ることになったのですが、その点を考慮し、床暖房のフローリングすれば良かったのかなと、今、思います。

 

ただ、極端に寒いということではないので、スリッパをはけば全く問題ありませんが、期待が大きかっただけに、少し、残念です。

 

 

 

2つ目の気になる点。

 

畳をフローリングに張替え、和室の隣のリビングと一体化させるには、仕切りのところを平坦にする必要があります。

 

ほぼ平坦なのですが、ちょっとだけ畳のところが高くなっていていたんですね。

 

そこで、その間に隙間というか、段差を埋めるために小さい板をはめ込むことになったのです。

 

その板により、ちょっとだけ引っ掛りがあります。

 

ほぼ平坦、バリアフリーですが、たまに、そこを通る時に足を引っ掛けることがあり、要注意となりました。

 

そんなことは、些細なことですが、そこがなんとかならなかったのかなと思うことがあります。

 

これが2つ目の気になる点です。

 

 

 

和室の畳をフローリングに張替え、リフォームしてよかった事とは?

 

 

まず部屋が広くなったので、とても気持ちがいいです。

 

もう最高です。

 

もっと早くリフォームすれば良かったと思います。

 

リビングが広くなり、そこで過ごすことも多くなり、家族全員が楽しくリラックスできる部屋になったと感じます。

 

また、その場所は安心安全な場所になりました。

 

まず広いので、転倒をしたとしても家具に当たることがありません。

 

しかも家具をおいても、歩行の邪魔にならず助かっています。

 

掃除がしやすいということも、体力的に楽です。

 

年をとるたびに、そんな些細なことが辛くなってきます。

 

ちょっとした事ですが、毎日のことなのでその積み重ねで辛くなるのです。

 

それを、畳をフローリングに張替えることで、解消できたのは、とても嬉しい事ですね。

 

そして、リビングの空気の流れも良くなりました。

 

広くなったので、とても快適です。

 

さらに、匂いがこもりにくくなりその点もとてもいいです。

 

畳の部屋はその匂いがこもりやすかったと思っています。

 

ちょっとカビ臭い感じもありましたが、それも解消されたので、健康面でも良い部屋にできたと感じます。

 

8畳の和室の畳をフローリングに張替え、リビングと一体化させた、今回のリフォームは、大満足です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、和室のリフォームの体験記をご紹介しました。

 

ここからは、和室のリフォーム、特に畳をフローリングに張替えに関する疑問に回答したいと思います。

 

 

畳をフローロングに変えるリフォームに関するQAコーナー

 

 

ここからは、和室のリフォーム、特に畳をフローリングに張替えに関する疑問に回答したいと思います。

 

 

Q1:畳をフローリングに変えるリフォーム期間(日数)とは?

 

畳をフローリングに変えるリフォームに要する期間(日数)は、選ぶフローリングの床材、リフォームを行う部屋の広さによって変わります。

 

和室の畳をフローリングに変える場合であれば、6畳の和室で、期間(日数)は2、3日です。

 

ちなみに、既にあるフローリングの上に新しいフローリングを重ねて張る場合は、期間(日数)は、畳をフローリングに変えるリフォーム期間(日数)より約1日短くなります。

 

なお、畳をフローリングにするだけでなく、壁や天井を張替えたり、押入れをクローゼットに変えたり、ふすまをドアに変えたり・・

 

和室を洋室に全面的にリフォームするとなると、当然、リフォーム期間は、さらに長くなります。

 

 

Q2:フローリングの張替えを一部だけ行うことはできますか?

 

フローリングの張替えを一部だけ行うことは可能です。

 

この一部の張替えを希望される方は、結構多く、「重い物を落とし、フローロングがへこんだ」とか、「猫がひっかいた」とか、傷んだフローリングの一部のみを、張替えたいということです。

 

この一部張替えには、いくつか欠点がありますので、その辺を考慮し、一部だけか、それとも全面を張替えるのか、検討する必要があります。

 

■フローリングの完全再現が難しいという欠点

 

既存のフローリングと全く同じ製品がないケースが多く、その場合、微妙に色が違ったり、風合いが違ったりすることがあります。

 

仮に全く同じ製品のフローリングがあったとしても、既存のフローリングが経年変化や太陽光などの影響で、色あせていたり、多少変色していたりするので、そこに新しいのを張替えると、かなり、違和感が生じてしまいます。

 

むしろ、そのままの方が、見栄えがいいなんてこともありますので、一部、張替は、慎重に検討した方がいいです。

 

■一部張替えた部分が、後で浮いてくる可能性があるという欠点

 

通常、フローリングは、横面にある実(さね)と呼ばれる凹凸の溝とでっぱりを交互に組み合わせることで、固定しており、合板の接着に使われている接着剤が弱くならない限り、浮くことはまずあり得ません。

 

しかし、フローリングの一部張替えの方法の一つに、この実(さね)を切り落とす方法があり、その場合、強度が弱くなり、後で、張替えた一部のフローリングが浮いてくる可能性があります。

 

部屋のフローリングの端を、一部張替えるのであれば、実(さね)を残すこともでき、仕上げも綺麗ですし、強度も全く問題ありませんが、部屋の中央部の一部を張替えるとなると、全てのフローリングを剥がすわけにもいかず、実(さね)を残さないで、一部を張替えることもあります。

 

以上が、欠点ですが、■工事の期間(日数)が短いとか、■部屋の家具を移動する必要がない等、一部の張替えにはメリットもあります。

 

以上、メリット、デメリットを考慮し、どうするのかを検討してみてください。

 

 

Q3:畳をフローリングに変えるのはマンションや賃貸でも行えますか?

 

■マンションを自分で所有する場合でも注意が必要です。

 

マンションの管理規約や使用細則に注意ずる必要があります。

 

場合によっては、畳をフローリングに変えることを禁止していることがあります。

 

そういった場合には、全面ではなく、部分的でも、フローリングに変えることは一切できません。

 

まずは、管理規約を確認することからスタートしてください。

 

 

■賃貸物件の場合は、さらに注意が必要です。

 

畳をフローリングに変えるのは、一部でも、大家さんや管理会社に相談する必要があります。

 

入居者の判断のみで行うことは、一切できません。

 

あくまでも畳をフローリングに変えるのは、大家さんの責任のもと、行うものだからです。

 

許可をとらず行った場合、フローリングの一部の張替えでも、後で、大きなトラブルになるので、くれぐれもご注意ください。

 

 

TOPへ