消費税率10%にアップ!いつのリフォームから適用なのか?

 

↑  ↑

リフォーム費用をできる限り安くするにはこれが一番!

クリックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

今回は、リフォームにかかる消費税について解説します。

 

いよいよ、消費税率が10%にアップします。

 

予定通りであれば、平成31年10月1日から、消費税率が、現在の8%から10%に引き上げられます。

 

当然、リフォームにも消費税は課税されます。

 

リフォームの価格は大きいので、これまでの8%から2%アップ、この差額は、大きいです。

 

例えば、300万円のリフォーム工事であれば・・その差額は、6万円にもなります。

 

できれば、6万円を負担せず、リフォームを行いたいところです。

 

近々にリフォームを行う方は、いつから消費税10%が適用になるのか、そのタイミングが気になると思います。

 

 

 

 

 

 

 

リフォームへの消費税の課税はいつか?

 

リフォームへの消費税の課税のタイミングについて説明します。

 

消費税の課税のタイミングは、ズバリ!リフォーム工事完了引き渡しの時です。

 

これでいくと、リフォームの請負契約を締結しているだけではダメで、工事が行われ、工事が完了し、引き渡しも行われる必要があります。

 

仮に、何とか消費税を8%で済ませたいという、駆け込み需要が発生したとします。

 

その結果、リフォーム工事が遅れ、引渡しが10月1日より後になった場合、消費税は10%になります。

 

消費税10%の施行前に、リフォームの契約も締結し、工事にも着手しているにもかかわらず、間に合いません。

 

でも、ご安心ください。

 

経過措置がありますので、仮に10月1日を過ぎて、工事完了引き渡しでも大丈夫です。

 

 

 

 

経過措置とは?

 

経過措置について解説します。

 

本来、リフォーム工事完了引き渡し時ですが・・

 

経過措置として・・

 

平成31年3月31日までにリフォームの請負契約を締結していれば、消費税8%が適用になります。

 

なので、近々にリフォーム工事を行う予定の方は、何が何でも、3月31日までに、リフォーム工事の請負契約を締結するようにしてください。

 

■平成31年3月31日までに、リフォーム工事の請負契約を締結します。

 

■平成31年10月1日以降に、リフォーム工事の完了引き渡しになっても、消費税は8%が適用になります。

 

仮に、リフォーム工事の請負契約の締結が、4月1日以降になった場合、工事完了引き渡しが10月1日に間に合わなければ、消費税10%が適用されます。

 

 

近々にリフォーム予定の方は、ご注意ください!

 

リフォーム工事の請負契約の締結を、3月31日に間に合わせれば、消費税は8%ですみます。

 

複数から見積もりをとり、比較検討し、依頼するリフォーム業者を決め、一気に契約まで持ち込むとなると、もう、時間がありません。

 

当然、現場を確認した上での、打ち合わせも必要ですし・・もう、あまり時間に余裕がありません。

 

リフォーム費用は高額です、この2%の差額負担は大きいですよ。

 

お急ぎください。

 

まずは、リフォーム比較サイトに問い合わせてみたください。

 

 

 

 

 

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

リフォーム会社の紹介サイトを活用するのがリフォーム成功のポイント!

 

↑ クリックしてみてください ↑

TOPへ