ベランダのリフォームは素晴らしい!【体験談】

 

お寄せいただいたリフォームの体験談をご紹介します。

 

今回は、 30代後半 の 栃木県 にお住いの女性の、ベランダのリフォーム体験談です。

 

 

 

 

 

 

リフォームはいつ、どれくらいの期間行ったのか?

私はベランダのリフォームを行ったのは2010年4月から9月までの5か月の間です。家全体をリフォームしたため、トータルの工事期間は長くなっています。ベランダ部分のみ限ってだが約2週間程度の工事期間です。

 

 

今回のリフォームの施工内容は?

ベランダのフォーム内容は、既存のベランダの面積を拡張し、さらにウッドデッキを敷き詰めてインナーバルコニー形状にするというものです。

 

既存のベランダはよくある木造2階建て住宅の2階部分にある、布団を干すだけが目的のベランダだったと思います。

 

リフォームの全体計画で「2階リビング」とする計画だったため、思い切って2階のベランダまわりの外壁を撤去し、ベランダを拡張したうえで新たに外壁を設け直しました。

 

さらに床仕上げをウッドデッキとすることで、内部のリビング空間と連続する、奥行き2.5mのインナーバルコニーのような形状に改修しました。

 

 

 

 

 

 

リフォームの費用はいくらか?

家全体のリフォーム費用は、約1600万円くらいで、そのうちベランダにかけた費用は約160万円くらいです。

 

外壁を撤去・新設しなければ、おそらく5〜60万くらいで収まっていたと思います。

 

また、床の仕上げもウッドデッキにこだわらなければ、さらに費用は安くできたと思います。

 

 

なぜ、今回リフォームを行ったのか?

今回リフォームに踏み切った理由は、実家の木造2階建て住宅が老朽化していたのと、私自身が出戻りで実家に戻る状況になったためです。

 

もともと実感に両親が住んでいることに加え、私の家族世帯が一緒に住むいわゆる「二世帯住宅」とする必要があり、その中で2階リビング案が自然とでてきました。

 

その2階リビング案の延長に、「リビング空間と一体的に利用することができるインナーバルコニー」というイメージがあり、既存のベランダをリフォームするに到ったのです。

 

 

今回のリフォームで一番苦労したことは?

今回のリフォームで最も苦労したのは、家全体の内外装だけでなく外壁の一部を撤去したり、新設したことです。

 

ご存知の方は多いと思いますが、一般木造住宅(いわゆる柱・梁で構成される在来木軸工法)では、外壁まわりに「筋交い」と言われる構造部材があることが多く、この筋交いが入っている壁を「耐震壁」と呼んでいます。

 

今回ベランダの拡張にあたり、この筋交いのある耐震壁を撤去・新設する必要が生じたのです。

 

実現するの当たっては、まず既存の住宅の「竣工図面」を探すことです。

 

建築の図面には「設計図面」や「竣工図面」など用途に合わせ様々な図面が存在します。

 

この竣工図面は、建物完成後の完成図面となっており、その中に最終的な筋交いの位置が明記されています。

 

筋交いは内外装の中に設置されており、外観からの目視では実際に入っているか分からないため、竣工図でその位置を確認するのです。

 

設計図面においても筋交いが明記されていますが、昔の木造住宅は大工さんの現場仕事のニュアンスが強く、設計図と現場で内容が変わるということも珍しくないそうです。

 

そのため、あくまで完成形の竣工図で確認する必要があったのです。

 

次に苦労したのは、「水勾配」の確保です。

 

水勾配とは、ベランダに雨水が入った時に、それを流して排水するために計画的に設ける床面の勾配です。

 

今回のリフォームでは、バルコニーの奥行きを深くしているため、単純に考えるとその分「勾配」が大きくなり、結果的にバルコニーとリビングとの間に「段差」が生じてしまいます。

 

今回の目的が「リビングと一体的なインナーバルコニー」のため、「段差」が生じるのは空間的な一体性を妨げるため、どうしても解消したい問題です。

 

そこで考えたのが、「束」で下地を組んでウッドデッキを張るのではなく、置床的に張る方法です。

 

イメージ的には、OAフロアのような二重床のように段差を生じないよう置く形でレベルを処理したのです。

 

ここで注意したのは、既存のベランダ床とウッドデッキの「クリアランス(離れ)」です。

 

クリアランスが小さいと常に水気がある床面と近いためウッドデッキが腐りやすくなる懸念があります。

 

そのため、腐らないよう通気層を確保しつつも段差が生じない形にする必要があります。

 

また、ウッドデッキ自体の「塗装」についても、水気対策で腐食に強いものにする必要があります。

 

 

今回のリフォームでうまくいったこと、成功したことは?

今回のリフォームで一番うまくいったと感じるのは、新築ほど費用をかけずに自分の理想とする住宅を手に入れたことです。

 

また、既存の木造軸組みのイメージや、空間構成を体感的に理解しているため、リフォーム後の空間イメージが沸きやすいというメリットもあったように思います。

 

具体的には「自分の子供部屋と兄弟のあの部屋をつなげて一体的にしたらどのくらいのスペースになる」や「あの布団を干すために使っていたバルコニーをあとどのくらい広げたら「インナーバルコニー」として使えるかなど、自分の経験から具体的な使用するイメージが沸きやすいです。

 

これは新築でいきなり「何メートルの奥行きのインナーバルコニー」と言われてもピンとこなかったと思います。

 

 

このリフォーム体験で得た教訓は?

今回のリフォーム体験で得た教訓は、「既存」を活かすという考え方を学べたことです。

 

リフォーム最大の課題は「既存の構造躯体」です。新築では、自分の望む空間に合わせて自由に構造躯体を配置できますが、リフォームは真逆で、原則動かすことのできない構造躯体と向き合い、「それをいじるのかいじらないのか」という所でリフォームの方針が大きく異なってきます。

 

そこで重要になるのが、「自分が何を優先するのか、自分自身で優先順位を知っている」ことです。

 

自分の優先順位をしっていることで、課題に直面した際、これは譲れる・譲れないという判断のキレが変わります。

 

何かを犠牲にしても、得る価値があるのか問い続けながら計画を練ることになります。

 

私がリフォームして得た最大の教訓はこれで、リフォームを通して自分の目指すべき姿の一端が理解できたと思います。

 

 

こんなやり方では、おそらく損をしているはずです。

 

↑ クリックしてみてください ↑

 

実際に使ってみましたが、よかったです。ベランダやバルコニーのリフォームを得意とするところに依頼したいですよね。しかし・・どこにしていいのか迷うと思います。あなたもリフォームに不安や悩みがあるなら、きっと満足するはずです。

 

リフォーム比較サイトを活用するのがベスト!

 

↑ クリックしてみてください ↑

TOPへ